ご報告❤ 

2016年02月27日(土) 16時58分
ご無沙汰してしまってましたぁー。

ずいぶんと長いことパソコンから遠ざかっておりました。

最後の記事は、さっぽろARTクリニックの初診に行ったってとこで止まってたのね。。。

記録のためにこれまでのことを書いておこうと思います。

あれから、2回の採卵(アンタゴニスト法とロング法)をして、受精卵が7個(初期胚4個、胚盤胞3個)できました。
胚盤胞ができたのは、ロング法でフォリルモンを使った2回目。
初のロング法だったけど、これが私には合っていたのか?
これまでの妊活で1個しかお目にかかったのことがなかった胚盤胞が3個もできてくれて夢のようでした。

そして、1回目の採卵後、1個の初期胚をお迎えしたけど、HCG 1.0とちょっとかすった感じで終了。

去年の10月に2回目の採卵をして凍結胚は胚盤胞3個、初期胚3個できたので12月に迷わず2段階移植をしました!


そして、迎えた判定日!(D14)

HCG 500以上(正確な数字は忘れちゃった^^;)

判定日を待つ間、これといった症状もなく半ばあきらめ状態で、フライングすらせずにいた。
診察室には死刑宣告を受けるような気持ちで入りました。

まさか、ちゃんと着床してくれてるとは!
しかも今までに見たことない3桁台。

「HCGも十分すぎるくらいちゃんと出てるね。」って言ってくれた先生の言葉に
「そうですかー、良かったです。」となんか他人事のような間の抜けた返答してました。


そして、クリスマス・イブの24日に胎嚢を確認。

しかも、2個 

双子ちゃんでした

年が明けて1月5日に心拍を無事確認することができ、今に至ります。

今日で14W5D(4か月)になります。

やっぱり、転院して良かった!
藤本先生は、患者と一緒に治療法を考えてくれるので、自分の疑問や意見も言いやすかったし、何より、自分で納得して決めて治療をしている感じがありました。

そして、移植の仕方がとても丁寧!
ちゃんと子宮の角度や移植場所の位置などを考えて、とても慎重にやってくれます。

あとは、そこまで混んでないので、バスで通うことができた事。
一人で札幌までの往復(約9時間)するのはやっぱ体にはストレスだったのかなーっと。


もうそろそろ妊娠初期の時期が終わろうとしているけど、これから、ちょっとずつ妊娠初期のことも書いていけたらと考えてます!

ひとまず、ご報告でしたぁ〜♪

さっぽろARTクリニック 初診 

2015年03月14日(土) 16時33分
3月6日、さっぽろARTクリニックの初診に行ってきました!

予約は3時半。
ここのクリニックは待合室が神谷より狭く、比較的空いている印象。
神谷では、PHSを渡されて呼ばれるしくみだったけど、こちらは自分の携帯メールでの呼び出し。
携帯は肌身離さずって感じ。www


ドクターは2名いて、指名することができます。
あたしは院長の藤本先生にしました。
誰かのブログか何かで、藤本先生は治療方法を考えることを「作戦会議」と言うそう。
なんか、そんな先生なら、納得して治療ができそうとか思ったので選びました


これまでの神谷でやってきた治療経歴をあたしなりにまとめたものと、これまでにもらった検査結果を受付に提出。
(神谷には転院するとは言っていないので、紹介状はなし。)

自分の携帯メールを登録し、ダンナくんの携帯メールも登録し、待合室でしばし待つ。。。

さっそくメールがやってきて、待合室を出てすぐ向かいの曇りガラスの自動ドアの中へ〜


藤本先生の部屋は番で、入ってすぐでした。

そして、あたしの治療経歴を見ながら、お話スタート!



まず、このクリニックでは、担当の先生が決まったら、検査・採卵・移植まですべて同じ先生が担当してくれます。
藤本先生自体、自分が関わった患者さんは、最初から最後まで責任を持って診ていきたいっていう思いがあるみたいです!


ココからは治療のお話

これまでフレンドリー法2回、ショート法3回の合計5回採卵をしてるけど、育ちが悪いということ。
あと、これは初めて説明されて知ったけど、卵がたくさん取れてても未熟な卵も多かったということ。
でも、受精する確率は結構いいので、精子の力的には大丈夫なのでは?との見解でした。

ほらー。あたしもやっぱ卵子じゃないかなーって思ってたんだよー。


で、神谷では採卵前のトリガーをいつもHCGでやってたんだけど、鼻スプレー(ブレセキュア?)でのトリガーだともっと自然な形で排卵させることができるから、その後のOHSSも軽くて済むことが多いらしい。。。
でも、鼻スプレーが使えるかはD2~3で採血して検査する必要があるということ。

なんで、今日リセットしたので来週月曜日にまた検査受診してきます!^^;(採血のみだけど。。。)


で、フレンドリー法はあまりあたしの中で良いイメージがなかったんだけど、採卵する時期をもう少し遅らせれば、いい卵が取れる可能性があると言われました。
あと、今までやったことないロング法も試してみる価値ありとか

ひとまず、検査をして鼻スプレーが使えるようだったら、もう一回フレンドリー法を試してみようということになったよ



「もっといろいろ試してみたいのじゃー!」って顔に書いてあったのかな(笑
藤本先生もいろいろな方法考えてくれて、嬉しかったです!☆



初回なので、ダンナくんの検査と二人の血液検査、あと、神谷の初診の時以来子宮鏡をやってなかったので、それもとりあえずもう一回やることになりました。
子宮鏡は、D7~10にできる検査なので、来週の金曜日頃に行う予定ですよ!
で、超音波検査でわかったことだけど、あたし子宮筋腫もあるみたいー。
でも、ぜんぜん小さくって、妊娠を邪魔するような場所ではないから取る必要はないと言われた。
神谷でも内診担当の先生が「筋腫あるなー。」ってボソって言ったの聞こえたけど、院長からは何も言われなかったから、気のせいか?なんて思ってたけど・・・やっぱりー!!


一通りの検査を終えて、ダンナくんの結果が出たのでまた診察室に呼ばれました。
ダンナくんの結果しだいでは、今日精子凍結もしちゃおう!って目論んでたんだけど・・・

調整かけて運動精子1個 不動精子30個くらいの結果でした。

スポイトで採った1滴くらいの中の数だから、凍結したかったらできるよ!って先生は言ってくれたけど、今回の凍結は見合わせることにしたよー。

でも、採卵して精子がないっ!ってことにならないように次かその次の受診で凍結してもらおうと思ってます。



診察の最後に、聞かれました!
「最後に何か聞きたいことある?」

「せっかく遠くから来たんだから、疑問は残さないで帰ってもらいたいから、どんな小さなことでも言ってください」と。


あー、なんだろ?このあ・ん・し・ん・かーん



心機一転 また、頑張ってみようと思いました

ご無沙汰日記 

2015年02月15日(日) 21時21分
しばらくブログから遠ざかってました。
なかなか書く気になれず放置。。。(汗;


2段階移植後の微妙な判定を受けて、1週間様子見で薬を継続。
2度目の判定で完全にHCGの反応がなくなり、化学流産確定



それから1周期あけて、凍結していた余剰胚2個を同時に移植したけど、
こちらはかすりもせず。。。


まったく期待せずに臨んだ判定日だったけど、「陰性」という現実を突きつけられるとやっぱり涙がこぼれちゃう。

院長には、雪が解ける4月くらいにまたおいで。と言われたけど、
セカンドオピニオン目的で転院を考えています。
これまで、5回の採卵と移植を繰り返してきて、なかなか結果が出ない。
まぁ、二段階移植で着床まで行けたので、胚盤胞での移植なら!という期待はある。
だけど、3年近く治療をしてきて胚盤胞になった卵ちゃんはたった1個。
これって、やっぱ卵子の質だよな〜と感じてる。
高齢っていう問題も邪魔してるのかもしれないけど、もっと自分に合った誘発方法があるような気がして。。。

転院するのは、以前神谷で副院長をされていた2人の先生が立ち上げたクリニック
口コミでは、患者の話を良く聞いてくれ、小さな疑問にも丁寧に答えてくれる穏やかな先生みたい。
あと、遠方からの通院負担を軽くするため、北海道各地の医療機関と提携しているってところもメリットかな?
神谷だとそれがないから、血液検査のみの受診であっても札幌まで通院しなきゃなんない。
あたしの住んでる町からだと片道5時間の道のり。(これがかなり負担でストレスになってきてる。)

神谷の院長先生は、個人的にはすごく好きだし、できれば院長先生から陽性判定をもらいたいと思うけど。。。

とりあえず、3月頭に新☆クリニックの初診に行ってきます




今日、「世界の果てまでイってQ」で大島美幸さんが「おめでた」って報告がありました!
個人的に大好きにタレントさんのおめでたは、心から嬉しく思いました♪
あたしも、今年の春こそ後に続きたいなぁ〜☆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rin
読者になる
◼名前:Rin

◼家族:ダンナくんと二人暮らし

◼妊活歴:3年(治療歴2年1カ月)

◼原因:乏精子無力症、子宮内膜ポリープ

◼治療歴:

<帯広レディースクリニック>
2012年7月 : あたし、初診・検査・タイミング2回→陰性

2012年10月 : ダンナくん、無精子症の疑い。某病院泌尿器科を受診・検査。紹介状もらう



<神谷レディースクリニック>

2012年12月 : 初診 (ダンナくん、乏精子無力症と診断される)

2013年2月 : あたし、子宮鏡・卵管造影検査実施
子宮内膜ポリープ見つかり、子宮内膜掻爬術を受ける

2013年5月 : 採卵 (7個採卵し2個受精・分割3日目2個とも凍結)

2013年7月 : ICSI-1回目ET(12分割の凍結初期胚1個) → 陰性

2013年9月 : 2回目ET(8分割の凍結初期胚1個) → 陰性

2013年11月 : 採卵2回目(19個採卵、11個受精し培養するも全て分割停止)

2014年1月 : 遺残卵胞で採卵周期に入れず。マーベロンを再度服用する。

2014年2月 : 採卵3回目(8個採卵し、5個受精。2個初期胚にて凍結、3個は5日目で分割停止)

2014年4月 : ET3回目(6分割と7分割の凍結初期胚2個) → 陰性

2014年8月 : 採卵4回目(16個採卵し、1個受精。1個8分割の初期胚で凍結)

2014年10月: 採卵5回目(20個採卵し、10個受精。2個10分割の初期胚、1個拡張胚盤胞で凍結

2014年11月: 2段階移植(3日目8分割と5日目胚盤胞)→化学流産

2015年1月:ET6回目(10分割と12分割の凍結初期胚2個)→陰性

<さっぽろARTクリニック>

2015年3月:転院(初診)
         血液検査・子宮鏡検査を実施→どれも問題なし☆
        しかし、ダンナくんの検査所見が悪く、まだ精子凍結できてません。早く、治療を始めたいけど・・・