今日の希望 

2005年07月28日(木) 23時07分
期待したくない。
いつも裏切られる、って思うのはきっと被害妄想だから、だからじゃないけど何かについて大きく期待はしないようにしたいな。
だけどさみしい、いつも何だか一人でいるけど。みんな誰かを頼ってる。私は今日も誰もいない家で一人でいる。
いつも平気なのに今日は何だかさみしかった。

何という孤独…。

ちょっと疲れているのかもね。時々、不安を感じる。誰も自分を愛してくれないんじゃないかって。愛されていないわけじゃないけど、、、。
今は何にもないのがとっても冷たくて、起き上がれないほどのダメージ。
呆れるほどの理屈を並べて自分の理論を正当化させてる。
遠くの大きな希望ならここに確かにあるけれど、例えば岩の中で閉じ込められて遠くの光は見えていてそれでもってがんばって突き進めばきっと新しい未来がある、だけど今日生きる分の希望っていうのが見つからない。そんな感じ。
夏バテじゃなこれは・・・。

夢を現実化させていく過程で、感じる孤独。見つめなきゃいけない自分自身。
やさしい道じゃないって思わされるけど、決して暗くなりたくはない。
負けたくない自分にだけは。だから、今辛くとも必ず成果があるっていつかは信じてる。
今に見てろ!って闘士燃やして、前を向いて。立ち上がっていかなきゃいけない。


目標。 

2005年07月24日(日) 18時27分
こんばんわんこ。
今週はなかなか忙しくって、ブログを書く暇がなかったぁ〜
また明日からがんばるぞ。


どこか遠くへ行ってみようと思う。その中で見出せる何かをつかみたい。
未来の目標は果てしなくあるけれど、実現化させるには相当な勇気が必要。
わかってるのは、自分の心の弱さだね。そこをキュッキュッと磨き上げてもっと強くなりたい。
たとえば今の状況。打破したい。

恋愛のお話し。。。 

2005年07月18日(月) 23時54分
最近、恋愛がしたいなぁ〜と思っていたら。
現れたのよ、イケオ君!=イケテル 男 でイケオ君ね。
父の日のプレゼント(矢沢栄吉のDVD)を買いにでかけたら、お金がないことに気が付いてセブンのATMへ。そしたら、ドストライクのキミが入って来たんです。
気になると、いろいろ調べちゃう私としては、車のナンバーなどなど盗み見てまた会えることを密かに願っていたんです。。。ここで出逢えればかなりの運命なんだけど、今のところ出逢えていません。。ぐすん。 ただ姉が会ったみたい!車のナンバーなどなど教えておいたから、ドラックストアーで見かけたみたい。
素敵な彼がどこの誰なのか、とっても知りた〜い今日この頃。

そんな夢見る少女なコトもあれば、現実的にこの間同級生の男の子と飲みに行ったりもしたんだ。いい感じではあったのだが…、似た者同士なのかちっとも進歩しないのだ。
人の恋愛相談だけ一人前で、自分のは??ん〜ダメダメ。まったくダメ。

そんなことよりも、今は自分の世界に没頭してみたい。 でも少しそれが怖い。全てを無視してしまう気がするから。

また明日がんばろう。
それでも朝目覚めれば、生きる希望を見出せずにいたりもする。使命感に燃えることもない、誰からも(異性から)求められることもない、自分の存在を正当化させる唯一の存在を求めてしまう。それがアレば私にも大きな力が漲りそうな気がするのに。
私のいけないところはきっと、恋愛にすべてをかけてしまうんだろう。そんなに期待もせずに、かまえもせず、ありのままで生きていれば…きっともっと違う結果があるのかもしれない。

心の中はいつも・・・2 

2005年07月18日(月) 1時00分
彼は恐れてた、自分の大切な者を奪われることを、全てが自分をいつか裏切るのではないのか・・・と。
その恐れはどんどんひろがり、やがて彼は失うことを恐れ、怒りや憎しみの世界(ダークサイド)へ・・・一瞬でもその力の偉大さにアナキンは「心の弱さから抜け出す希望」を見つけてしまったのです。
しかし、怒りや憎しみは人に苦しみを与えます。 
人を憎しむ=人を悪く捕らえる ことは自分の心に大きな負担をかけるのです。心の中では「あの人は自分をわかってくれない、だからあいつを心の中では見下していよう」そんな風に自分の心に折り合いをつけて、繊細な心を屈折した考えでねじ込もうとする。相手をただバカにし、もっと憎くなり憎悪が増え、そんな風に思う自分を善人の心で嫌だと感じるようになります。
前回でのテーマ『自分の魂を愛することが一番いい』に反した考えで、アナキンの心理(悪心を増やす)では自分の魂を汚してしまうことに繋がっていくのです。
アナキンは葛藤を繰り返し、善心と悪心の2つの心の中で揺れ動き、ダークサイドに落ちた時にはもう、誰も信頼できず、自分を一番愛してくれる人でさえも自分を苦しめようとしている・・・と憎しみを増やします。


結局アナキンは長い長いダークサイドでの人生を送ります。
自らアナキンのような一生を送りたい方は別として・・・、そうならないように生きていくためにはどうするか??
それは、『いいとこどり』で生きていくことです。 それは傲慢ではなく、自分がより良く、心地良く、おおらかに生きていくコツなのです。だから、何か辛いことを言われても良い風に気持ちを切り替える。
そんな心持ちを身に付けることができれば、この世の地獄を天国として暮らすことができるのではないでしょうか・・・?!


ちょっと書きすぎた・・・だからもう寝よっと

心の中はいつも・・・ 

2005年07月17日(日) 21時36分
昨日の夜ゆかた講習はとっても楽しかったなぁ。
ゆかたとかきものを着たりするのはとっても大好き日本の文化を受け継ぐものとしては覚えておきたいなぁ・・・

スターウォーズ エピソード3が公開されたぁ。公開初日に見に行っちゃった私とってもとっても涙。。涙。。でした
あの作品は人間の心の中にある2つの心を描き、そのうちの1つに陥った一人の人間の人生を描写したものね。感動というよりも何でどうして・・・かわいそう・・・そんな感じ。

アナキンは、小さなころから母からの愛情を受けて前向きに奴隷の身でありながら生きてきた。「いつか・・・ジェダイになって・・・ママを救う!」直向なやさしい心を持っていた。
デモ、ジェダイの訓練を受けてからというもの、上手に褒められることも少なく「自分はもっとできるはずだ・・・!なのに誰もワカッテクレナイ!」と強く反発する心が生まれて…。実際アナキンは自分でも信じられないくらいの力を秘めていたの、素晴らしく勇敢で美しいほどの繊細な心。ただ、一つ必要だったのは『心の強さ』だった。

つづく・・・

はじめましてのお言葉 

2005年07月16日(土) 14時50分
 なんとな〜くパソコンでお調べものをしていたら、たどり着いちゃったそして作っちゃたブログ

毎日いろいろ書けたらいいなぁ今日の@日のご予定はとりあえず、夜から「ゆかた講習」へお出かけ 今夏はゆかたを自分で着られたらと、参加することに決めたのです おほほ



女は常に自分の美を磨くために努力しなければならないよね。外面を着飾るばっかりじゃ・・・って言うかもしれないけど、外面を磨くのも内面を磨くと同じ位大事だと思うの。それがまた自分への自信になるしね。

デモ、最近思うのは、肉体っていうのはこの世で生きていくのにとっても大切なものでだし、それがなければ人として存在できないわけだから肉体を磨くこと=外面を磨くってことは大切なことだって思ってたんだけど、それを根底から覆すような考えが私の中で生まれつつあるのだ・・・

もちろんその説は大切だけど 肉体よりも自らの魂を愛すること の方が大切ではないのかな?ってこと。
魂は肉体がなくなっても存在しつづけるものなのだから、最終的にはそれが自分自身ってことになる、だから魂を常に綺麗に磨いていれば、自分を愛することができるし自信もつくでしょう?だって自分を愛する=自信でしょう? そしてもっと胸を張って生きていけると思う。ただ魂を磨くってことは、どういうことだろう・・・
今度はそんなことを考える。。。まぁぼちぼちそんなことを一人で語りながらやっていきたいと思います

どうぞよろしくお願いしま〜す
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rillyspecial
読者になる
Yapme!一覧
読者になる