砕けた硝子心 

April 19 [Wed], 2006, 23:42
 心の裏側と表側。人の表面と心の部分。硝子ハートと言う言葉があるけれど、私は全てが曇り硝子で出来ているのではないかと思う。

 自己中な人は自己中なことに気がつかない。他人から見れば一目瞭然なのだけれど、それは私にも言えることだけれど。最近私は自己中であるかもしれないと思ってもみたけれど、私がそうであるか否かは実際には分からない。灯台下暗し、とはよく言うではないかと思ってみたものの、やはり灯りは下まで照らしてほしい物だと思う。
 
しかし、私自身は灯りなのだろうか、光を通さない無機質な曇りがらすのような物ではないのだろう。一瞬にしてパリンと砕けて、そのまま戻らないようなほど私は実際強くないと思う。比喩が美しいから、薄幸の少女と言う風に取れるかもしれないが、砕けたら終り、ジ・エンドである。復活できる者もいるのだが私はそうであるか何てこと分からない。

 いろいろなものを抱えているけれど、それを表に出さなければなんでもいいの。

 心配なんて絶対に受けたくない。これ以上人が近くにいてほしくない。優しい人たちの中このようなことを考える。私は悪い子です、はいその通り。
 それでも、他人に合わせて生きて、誰かといっしょにいられることを望んでいるのかもしれない。話をあわせて行動をあわせて上辺だけの私。心の中でいやいやいやと叫びつづける私。
 いいのかしらこんな私がここにいて。
 ゆっくり心と体は摩擦を起しだす、それにあわせてゆっくり砕けていく何か。

 早く砕けてしまえ。もう跡形も残らないように砕いてから、燃えないごみの夢の島へ。

狭い土地(セカイ)の話 

April 02 [Sun], 2006, 15:56
 私のすんでいる所は、とても広い土地の上にある。とても広いというのは私の推測であるからしてあっているか間違っているかどうかは定かでは無い。
 とりあえず、私のすんでいる所に、土があって、草があって、家があるのは間違いない。
 その家は適当に広い。その家の中には幾つか部屋があって、一様私の部屋もある。結構広いと思う。寝る部屋ともう一部屋あるくらいなのだから、他の一般児童に与えられている割合としては広いといえるであろう。またこれも推測である。

 その広い土地の中の、ある程度広い土地の中の、適当に広い家の中からは毎日のように声が聞こえる。何時の頃からは覚えてはいない。その声の中にに私の声があったことは一度も無い。悲鳴と怒鳴り声だ。前者は弟で、後者は両親である。中規模な喧嘩といった所だろうか。
 まぁ、弟も悪い。両親、親戚一同が甘やかして育てるものだから兎に角、我侭で五月蝿い。友達にはへつらえるが、家族には王子様かなんかのつもりでいる。あまり性質がいいとはいえない。あれとってこい、それとってこい。あれがしたいこれがしたい。叶わぬのなら、殴ってしまえ、泣いてしまえ、邪魔をしてやれ、といった感じである。
 両親も悪い。甘やかして育てたのは自分でしょうが、と思う。途中まで我慢して、大げさになったら止める、というのはあまりよろしくないと思う。十発程度殴ったら、怒鳴る殴り返す。なら、最初から止めるといいと思う。弟の力では到底両親には叶わないというのを百も承知でやっているのだから、相当性質が悪い。ひょっとしたら弟並に。これでは弱い者いじめである。しつけとかにはまるで見えない。
 それに何の情も注ごうといない私はもっと性質が悪いのであろう。それは否定しない。
 こんな事誰かに言ったら、私の身までもたないので何も言わないでおこう。しかしこの件については私は傍にいるだけだというのに疲れてしまった。

続く

 

部活 

March 14 [Tue], 2006, 21:36
 最近部活について悩んでいます。ブラスバンドといっても、人数少ないのでそう呼べるかみたいな所あるんですがそんな部に入ってます。

 サキソフォン通称サックスと言う楽器をやっています。なじみが浅いかもしれませんが、ジャズとかに使われている、金色の管楽器で先が曲がった奴です。
 三年生が卒業した今二年ががんばる時のはずなのに、二年生だらけまくってます。
 ある子は頭痛い鼻水が出るなどの理由で部活前に帰ります。私はそんなの毎日です。
 また、ある子はメトロノームがたくさん壊れているので直す(いや、実際直りましたが)、一年生に教えるなどの理由で自分はやってません。
 宿題をやっていないなどの理由であまり来ない子もいます。
 寒いといって冬中ストーブの前から離れなかった子がいます。
 一番酷い子はは音楽準備室で遊んでいます。そこいるならこいやと言いたいです。やらない理由を聞いたら「つまらないから」部活やめてください。 そして、友達巻き込まないで下さい。 
 一人は生徒会の為だらけてる訳ではないのですが、部活にこれないのです。

 私はやりたくてやってます。先輩に憧れました、キラキラ綺麗な音が出てすごくかっこよかったです。しっかり私たちに指示してる先輩もかっこよかったです。色んな先輩がいました、でも、どの先輩も私にしてみれば眩しくて仕方有りません。
 テレビで見ました。練習風景ではひたすら練習していても大会などに出られない人もいました。それでも、練習しているときもかっこよかったです。演奏している時はテレビを通しても、迫力と頑張りが伝わってきます。
 CDを聞きました。本当に体の力が抜けました、同じ楽器なのかと疑うほど。自分はこんな風に出来たらなぁ、と憧れてます。

 私だって出来なくてつまらなかった。ただ多少上手くなってつまらなかった時もあった。早く終わらないかなってずっと待ってたときもあった。頭が痛いのも、鼻水が出るのももちろん在りました。
 それでもサックスはやりました。頑張ってたかどうか微妙な時も有ります。でも、サボったりなんてしたくはありませんでした。後半年しか有りません。このサックスに触れていられるのもどんなに頑張っても六ヵ月しかありません。だから私はがんばります。後悔なんてしたくはありません。
 たとえ後悔は人生につきものだったとしても。
 

他人的家族チックファンタジー=愚痴 

February 25 [Sat], 2006, 17:28
 あーうー・・・。この空間嫌だ、てか居たくないんですけれど。
 父親と言う存在は、あらか様に私の事を嫌っていて、父から話し掛けた記憶なんて私の中に存在しないほどな人なんです。いや、私も話すのが苦手なんでめったに話し掛けることなんてないんですけれどね?昔の殴られた記憶がめちゃくちゃにトラウマになっちゃって、怖い人であり嫌いな人であります。まず、行動がどうよって幾つか突っ込みたい点もありますし、ここに書くのがいやんなるくらいに。
 次に弟。「お姉ちゃんうっとおしい。」と堂々と言ってきた小学生です。子どもの言葉を真にうけるなって言うけれどね、真にうけるべき所もあると思います。真剣に何度も何度も言ってきたらあっそ。って思えてくるようになりました。私はハムラビ式に目には目を歯には歯を、という行動の持ち主なのでたとえ小さかろうが大きかろうが突っかかっていきます。融通はあまり利かせたくありません。自分主義。そういうところがん皆から嫌われているところなんでしょうね。直すきはありませんよ?
 母親。自分を犠牲に仕様とする人です。自分を犠牲にしようがこの開きすぎた環境が元に戻る訳なんてない事を知っているのに、火山の中に身を入れているような人です。どうにかならないのくらい知ってます。わざとやっているんです。出来ないのを無理承知でやってくんです。母様、貴方は少年漫画の主人公じゃありませんよ。
 祖母は性格の都合上、私とはそりが合いませんが、まぁ、好きな人なんですよね。私は多重人格者ですから。愚痴続く
 

ふぅ・・・ 

February 03 [Fri], 2006, 22:18
友達は愛が欲しいと私に言います。私には愛というものが要りません。どうしましょ?

まあそんな事はいいとしてうー・・・。最近やたら人が怖くて。
 友人に敬語使って話すのは私以外にクラスにはいませんよ。見る人全部が怖くって、私の事嫌ってるとしか思えなくて、だから近づかないほうがいいかなって思って。

 私が幸せになんかなるよりも誰かが幸せになってくれるほうが嬉しいです。誰かが悲しくなるのはすごく嫌です。なので、私なんかのせいで嫌な気分になってもらったりするのって嫌なんです。

 精神がかなり弱ってきているようです。本当は学校にも行きたくないんです。家にいなくてすいむし、何より勉強もできるし、他ではない道具とかも使えますし。
 でも、私は一人で居るのが大好きだからどうも合わなくって。母親の性格がこんな感じなので似ちゃったんですね。

 友達だった人も私の事を避けてるように見えて、怖くて近づけなくて。遊ぶ約束とかも断れるものは全部断って、なるべく自分からは話さないようにして。いっぱいいっぱい気を使って。謝って謝って。避けてるのは私なのですが。
 避けているんじゃなくて自分は、別に得意な事があるんでもなんでもないし、頭が良い訳でもないし、性格が言い訳でも世渡り上手なわけでもない。何で私に近づいてきてくれるの?そんな私がココにいていい理由って?居場所は自分で作るものなのに、ココにドンと居座ると、また・・・なんか言われそうで怖い。きもいきもいって何回もいわないでよお願いだから。分かってるからいいじゃん・・・。

誰かに甘えてみようかとふと思ってみてもやっぱりそんな心配をかけさせたくなくて。しかも私はどちらかと言うと甘えてもらうタイプですから。無理ですね。



振り返ればいかにも思春期の子が書いてそうな内容の定番ですね☆(普通の子になんかなりたくないのにね。

いんふるえんざー 

January 31 [Tue], 2006, 22:01
 パソコンなら誰にもうつらないでしょう。
しっかりはっきりびっくりインフルエンザになりました、璃孔です。(寝てろや病人

なんで、中学校はインフルエンザなんかで出席停止なんかにならなくてはいけないんですか!?高校はいいのに・・・。変なの。

なぜか知らないけれど、声がちょっとガラガラになった以外は健康的なんですよね。
 普通にご飯をおかわりしていて、貰った宿題のプリントをやって、このようにパソコンをやっている。
 うつるからって言ったら、風邪もどんな病気でも移るじゃないか、なぜインフルエンザだけが出席停止になんかならなきゃいけないのさ。授業が遅れるじゃないですか。ただでさえ馬鹿なのに。空元気?

 それでも、プリント届けてくれる友達や連絡かいてくれる友達が嬉しくて嬉しくて。涙でそうになりましたよ。いや、半泣きでしたが。
 あぁもう大好き。

 実は私は、休みの人に連絡書く係なんですが、周りに関心がないというか、どちらかと言うと小さいよを足して干渉したくないタイプなモノで、時々連絡書き忘れてたりしたんですよね。
 これからは忘れてしまわずにすみそうです。休む事をひたすら嫌って、一日も休まずにいた私が、小学校の頃に休んだ時の感情を思い出したんですから。
 失ったものの代わりに手に入れたものがあるって本当だと思うんです。今分かった気がした・・・


ぴー、えす。私は過剰反応するタイプだとよく言われます。

市丸ギンのCD 

January 29 [Sun], 2006, 21:05
友達にある日、「はい、璃孔が喜ぶもの」といって袋を渡されました。

袋をあけたらあらビックリ☆
CDショップで見たときに思わず一歩引いてしまった 市丸さんのキャラソンでした。

面白いよ、といわれて何が面白いのかさっぱりでしたが、聞けば一目瞭然☆(一目じゃない
爆笑の嵐でした。涙流して聞いていましたよ。
ひーっ・・・まともに聞けない。

え?え?どこにどう反応したらいいのかしら?
タイトルの世界は既に欺きの上って・・・日番谷さんの部分じゃ有りませんでした?16巻の巻頭の。・・・・・・ギンヒツカ?(違う

 それはどうでもいいとして何度聞いても笑えるんですが。リズムとか音楽的な感じは好きなんですが、歌詞どうですか?台詞は素敵なんですが、遊佐さんの美声であんなふうに歌われると合わない合うとか何とか・・・。
一番笑えたのはですね
自分の名前名乗っている所です!!いやーっきっと前代未聞ですよ。自己紹介するキャラソン。
 でもー・・・美声で全てごまかされている気がします。京弁じゃない市丸さんも素敵vかっこいいたらありゃしない。あのスローがなんともいえません。バイバイがうけましたよ。

冬の花火も素敵v二人とも美声で、聞いているだけで気が狂いそうでしたよ。似合いすぎです。
カッコいいですよ松谷姐さん!!(うぉいっ
ハーモニーが素敵です。しばらく酔ってましたよ、本当に。
松谷さんの歌い方がお色気お姐さんって感じしてすごいんですよ。少し低音がかった感じが特に。遊佐さんはホストっぽいんですけど・・・。(いや、カッコいいですし、好きですよ?

あぁ・・・Sちゃん有難うございます。

ヒト・・・ 

January 25 [Wed], 2006, 21:22
 最近私は対人恐怖症になりかけている気がします。といっても、まぁ、時期的に思春期なのでそうなるのは有るかもしれませんが。
(私は二重人格です。中の自分と外の自分を見られます。これを書いているのは中の自分でもなく外の自分でもなく中心の自分なんですけれどね。(変人))

とりあえず、人が怖いんですね。目を見て話すように言われていたので、むかしっから目を見て話すように心がけていたのですが、最近あわせるのですら怖いんです。蛇に見られた蛙のごとく硬直します。見れたとしても、すぐにそらします。特に毎日あっている人が。
後、人に囲まれると震え上がるんです。授業など他に集中している時以外は。
鬱か対人症かなんなのか。

プライドが高いので、自分が失敗するとすぐ吐き気がする所とか、他人に少しでも迷惑をかけるとすっごく落ち込むとか。外の自分は相当頑固です。一回決めたとこは貫き通します。なので、この考えを変える気はありません。中の自分は、心配しすぎだと思っているんです。

所で私は、普通な人と目上だと思っている人には敬語を、自分を助けてくれそうな人にはタメ口を使います。自分を好きそうな人には敬語です。なんとなく人の気を感じ取れるので、なんとなくですが自分を好いている人と嫌っている人は分かるんです。
嫌っている人は、その嫌っているぞオーラに押されて近づけもしないんです。
でも、はっきり言って、自分のことを好いている人も嫌いなんです。この天邪鬼め。疑って疑ってばかりいるのに、その人たちは私の事を心配してくれるでしょう?その心配されるのが物凄く嫌いなんです。上記のとおり私はプライドが高いです。なんでも自分でこなせるとか、いやこなしてみせると思っているんですよね。無理なのに。


あー!!自分だけ悲劇のヒロインぶってるの嫌いなのに!私だけなんてそんな事あるはずが無いって信じたい。


ごめんなさい、こんな事ばっかり書いてしまって。でも、また書きます。

三年生を追い出す会(笑 

January 17 [Tue], 2006, 21:22
タイトルどおり三年生を追い出す会もとい、三年生を送る会をするそうです。(前にも書いた)うちらは小学生かと、聞いた時思ったんですけれどね、迫力が違うと実感しました。あ!う!別に小学生が子どもっぽいとかじゃないですよ?断じて違いますからね!

 レポートでも書いてみましょうかね?(宿題終わってないのに?
はい、何度も言ったとおり、私は演劇。向いていないって分かっているのに演劇。
先生がすごく私好みなので大好きです。あくまで私は。先生には嫌われているみたいですけれどね!(うー

 役決め。舞台を使ってオーディション。台本を書いた子がある程度誰がやるか想像して書いたそうです。なのでイメージの子は、さっと決まってしまいました。
 姉御タイプのお姐さん役は場所取りが上手いと先生に誉められてましたね。雛(ひよこですよ?雛森じゃないですよ?)役は下克上ありで募集中で、結局決まったのは背の低い子。
男の子役はカッコいい女の子が一人います。漫画友達は、兔!お兄さんがチャッピーって名前です。(笑
舞台全体をつかえっ!
声は大きく!
正面向いて!
場所は重なっちゃ駄目!
を抑えるといいらしいです。好きなのに・・・。

私は候補が無いというか遠慮がちの性格というかそんな為一番最後に回されました。
でさくらちゃんという子になりました。名前は自由にしてもいいといいましたが璃孔にしてなんていえませんでした・・・。友達は、
「シロってどう?」
痛いよそれは・・・。私は
「じゃぁ、ももちゃんは?」
と言い返しました。私ら何がしたい。
だって、台本書いている子は役名全部漫画から取ってるしいいじゃないですか!で、結局さくらちゃん。
台詞頑張って暗記して!アドリブ頑張って入れるぞ!
やっぱりここって・・・ぶりっこっすよね?(キラーン
さぁ、かんかん!(鉋ちゃんごめん
共に手を取り弾けようではないか!!(マジか
カンナって名前に改造しちゃったよね?しかも。

ちなみに、兔役の子は「兄様を侮辱する奴は許さないピョン。」
               「う〜でがピョンと鳴る〜♪」
・・・等の台詞があります。(おもっきし、BLEACHですよ、ルキアin義魂玉ですよ☆

愚痴愚痴 

January 13 [Fri], 2006, 21:15
ふー・・・。思ったことを口にしろと先生に言われました。間違いなく「喧嘩売ってんのか?」っていわれてしまうようなことばかり思っている悪い子です。
 普通は私が何よりも嫌っている言葉です。なので、周りの普通の子とかと離れたいというのが私の本能。

お願いだから潰れちゃわないで!責任なら私たちも背負うから。貴方が潰れちゃ駄目なの、貴方がつぶれたら私はすごく悲しいから。潰れちゃった私を心配してくれたのは貴方だから、貴方に潰れて欲しくない私の気持ち分かるよね?お願いだから潰れないで。皆潰れたら私どうも出来ないから。

前何処かに書いたような気がしますが三年生を送る会なるもので野豚をプロデュースなる物のぱくりをする事になりました。
去年裏方作業中にヒステリーを起こしかけたので(どんな子だよ・・・
今年は演劇に回ってみましたv

お前さぁ、野豚とかできるよ。てかぴったりじゃん。
男子って何で、なんで・・・

璃孔演劇行ったんだ。璃孔って主人公にあいそうだよね。
悪気は無いのは分かった。キミと僕との絆はたぶん簡単には外れないからいいけどね?

虐められるのは分かったから、みんなでそろって言わないでまた潰れちゃうから・・・!!
でもそういうあんたが虐めてる事に気づきやがれ馬鹿野郎。(口悪っ

なんか皆で私を追い出そうとしているような気がするよ
意外に真中の真だけは結構強いんだよ!虐められたくらいでなんだ!私は私でそれ以外の何者でもないんだ。倒れて溜まるか。たとえ皆で追い出したって私はここに居てやるんだから。これは私が決めたんだから、誰にも変える事なんて出来ないんだからね!

無理をすると私は自称がウチから私になることが判明しました。びっくり。
思っていることを吐き出してみました。お眼汚し失礼。

届かない私信。いつも私を守ってくれて有難う。さりげない優しさで、回りの皆に分からないようにでも、私を守っててくれたのは私には通じたよ。でも、私はもう大丈夫だから。
 先生も家族も助けられない世界は、友達だけが守ってくれる世界。そんなみんなの優しさが嬉しすぎて、泣けてきちゃうから。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rikushout
読者になる
Yapme!一覧
読者になる