おやつ問題 

2017年02月27日(月) 6時16分
うちの会社はとてもアットホーム。
女性が10人いるけど、その女性だけっていうおやつが配られるのがしばしば。
いや、ダイエットを始めて気がついたのだけど、このおやつ攻撃はだいぶ回数が多い。前はそのおやつ配給が大好きでおやつをもらっては机の中に貯めて、ちょくちょく食べていたものだった。
ところが、ダイエットを始めてからはこのおやつ配給が私を苦しめることになる。


初めのうちはもらうだけもらっていた。
でも、食べるわけにもいかないし、どうしようもなくて、困りはてたりもした。
時は年末年始。1番贈答品が動く時期。これはマズイぞと考えて、ついに周りにダイエットしてます宣言をした。それによって配給は激減。穏やかに年末は過ぎていった。


年が明け、毎年のようにお年始にお菓子をいただくことがあって、それは各部でわけることになっている。もちろん、私は自分の分はもらわない。
だがしかしである、私にはどうしても我慢ができない大好物がある。
それが鎌倉名物、鳩サブレー。
このキングオブサブレーは私の意志を激しく揺さぶる逸品なのである。
もちろん、小麦粉、砂糖、バターをたっぷり使っているであろうこの鳩サブは食べちゃダメなことは重々、もう重々わかっていた。だから、トレーナーさんに聞くまでもなく、もらわないという選択肢を選ばないといけないこともわかっていた。
たかが鳩サブ、されど鳩サブ。
私には大問題。トレーナーさんに黙って食べちゃう選択肢もあったけど、そんなのやり始めたら止まらなくなるので、まあね、答えは見えてるけど、聞いてみた。
その分運動したらとかその辺が返ってくれば甘んじて受けようと思っていた。


ところが、トレーナーさんから返ってきたのは予想外の答え。
『頭だけなら…』
部位?部位なの?頭だけってどうやって割るよ。これは実質諦めろと言われているのか。そうだろうな、普通の人は諦めるよな。
私はこれから先鳩サブを諦めて生きてゆくのか、いや、目の前の鳩サブ諦めきれるわけないだろ。
トレーナーさんは頭部だけならと言った。
ならばきっちりいただいてやろうじゃないの頭部。見よこの食い意地(笑)
しかし、頭部を食べた残りはどうしよう…ああ、いた。なんでも食べてくれそうな人が。仲の良い営業、あの人なら食べてくれるだろう。


まずはちゃんとズルしないように頭部ギリギリのとこに狙いを定めて一気に割る!
ボロボロになるかと思いきやちゃんと割れた。さすがキングオブサブレー。
そして、頭部を食す。んまい!
でもあっという間になくなった…。
仕方ない、食べられただけでも幸せだ。
さて、頭部のない鳩サブ。なんだか金田一でも出て来そうな割りと無惨な感じである。それを持って営業のとこにいく。
『はい、あげる』
『いらねーよ鳩サブ俺持ってるもん』
それは困る。この無惨な鳩サブを成仏させてやってもらわねば困るのだ。
『食べてよ、お腹空いてるでしょ?』
『いいよ〜てかなんで頭だけ食って食いかけ渡すんだよ気持ちわりーなー』
『頭だけ食べたかったの!!別にいいじゃんガブッて食べてないし。ちゃんと割ったよ』
『いいよ、いらないよ〜自分で食べればいいじゃん』
食べられないから渡してんだよ!
『これは私の呪いだ!食っとけ!』
最後は急に黒魔術でも使う怪しげな女を演出し、ほぼ強引に鳩サブを渡してきた。
てか、呪いって何だよ(笑)
とっさにしても酷すぎる(笑)

トレーナーさんに割った鳩サブの写真送ったら、頭部だけ食べるとは思ってなかったらしい。でしょうね!!
一応、ちゃんとフリに答えただけですけどね(笑)

トレーナーさんと私。 

2017年02月26日(日) 18時23分
トレーニングを始めるにあたり、トレーナーさんとはどういう距離感で接したらいいんだろうとドキドキしたもんです。
トレーナーさんなんて付けたことないし、
なんかどう仲良くなっていいのか、そもそも人見知りの私は色々考えたのです。


私は女子力のかけらもないし、最近ではとあるアニメにハマってアニメ、ドラマ三昧の日々、キラキラした女子トークの雑談は出来ないけど仲良くなれるだろうかと。
西野カナとかEXILEとか知らないけど、仲良くなれるだろうかと。
ていうか、そもそも仲良くならなくてもいいものなんだろうか?トレーニング黙々と?ドライな感じで1時間過ごせばいいのか?でも、せっかくなら仲良くなりたい。
う〜ん。わからん。
とりあえずトレーニング初日行ってみた。


体育会系は話しやすい!そうだった、体育会系話しやすいんだ。
さっぱりしてて話しやすいぞ。これはいけるか。初日はトレーニングあんまりしなかったけど、大丈夫な気がしてきた。
それから回を重ねるごとに色んな話をした。なぜなら、トレーニングが毎回楽しかったから。
もっと仲良くなりたくて、よく自分の話をした。何を話したか他愛もない話だったと思うけど、トレーナーさんがまたよく笑ってくれたから私の中の芸人魂がもっと笑わせたいと思って、テンションも上がった。
途中アニメの話でも盛り上がって、トレーナーさんオススメのアニメも見まくってみた。


仲良くなっていく途中、ホントに始めの頃にすごくチラついたことがあった。
私が最初に就職した会社の先輩のこと。
私をすごく可愛いがってくれた先輩がいた。歳が離れていて私は自分を可愛いがってくれるその人が不思議で仕方なかった。
よく一緒に食事に行ったりその先輩の家に泊まりにいったり、私が大の苦手の掃除を手伝ってくれたりした。
で、なんで私なんだと。歳も離れてるし、生意気盛りの私をなぜそんなにかってくれるんだろうと。
その人はりくがめが性格がいいから〜とか前世とかでなんか関わってた気がするの!とか不思議なことを言っていたが、よく考えてみれば、人見知りの私がすんなり仲良くなれるとか実はなかなかないわけで不思議といえば不思議。
話を戻すと、トレーナーさんと仲良くなる途中、私は先輩はこんな気持ちだったのだろうかと思って、なんか不思議だと思ったのが、いやもうトレーナーさんが可愛くてしょうがないなぁと思ったりしたんですよ。もうなんか親心的な(笑)
不思議ですよ。もちろんトレーナーさんだから仕事として私に接してるのもあるから
それはトレーナーさんの上手なとこかもしれないけど、なんか前世とかであったのかな?と先輩のように思ってしまう感じで。
すんなり仲良くなれたのはやっぱ不思議です。よく考えたら、先輩もトレーナーさんも超社交的だから懐が深いのかもしれない。


そんなこんなでトレーナーさんとの仲は良好。そこが上手くいけば結果は見えたも同然。そもそもおだてられると調子に乗りやすい私はどこまででも調子に乗っており、
結果、当初の私の目標は70kgだったんだけど、72kg着地でなんとか次のターンに進めます。

第1期終了。 

2017年02月26日(日) 17時04分
いきなり第1期終了とはどういうことだ。
…そう、私の怠慢だ(笑)


ダイエットブログを付けるつもりで、つい忘れてしまって、だいぶ色んなことはありましたが、今日第1期を終了してしまいました。
でも、トレーニングは頑張った。
当初82kgでスタートしたトレーニングは72kgで最終回を迎え、またまた3か月で−10kgを達成しました。まあもう自力じゃ迷宮入りするのでトレーナーさんの力はだいぶ借りましたが。
そして、なぜ1期終了なのか。
フッフッフッ、今回は私の悲願53kgまで頑張ると決め、ダイエット第2期スタート決定だからです。トレーニング延長してみたのだ。


まあ、そんなわけでリスタートするわけなんですが、出来うる限り1期も思い出してみよう。携帯を機種変したおかげで私のトレーナーさんのやりとりをしていたLINEのトーク履歴は消えてしまったので思い出す限りだけど。

壁だらけ。 

2016年12月26日(月) 15時48分
私がトレーニングを始めたのは、11月半ば。
この時期といえば、少し早めの忘年会からクリスマスパーティやらと
イベントは目白押し。
トレーニングを決める前から決まっている予定なんかもありますから
私、トレーニング始めたんで!と断るわけにはいかないわけで。

まずはダイエット中に食べるのを控える食材なんかの説明を受けるわけです。
炭水化物なんかを控えるのは想像通りで、糖質の多いものとか脂肪の多いものは
避けたりとかなんやかんや色々あるわけです。
そのなんやかんや色々の制限に慣れていく途中に、飲み会なんかあったりすると
これがまた壁なんですわ。
プライベートの飲み会なんかは自分で決めてるわけですから行きたい気持ちは
あるんですよ。
でも、ダイエットをすると決めたからにはやることはやらないといけないので、
今までの飲みっぷり食いっぷりではダメなわけです。
しかし、私がそういう状況なだけで、相手は今まで通りでいいわけですから
ここが難しいところ。
気を確かにもたないとあっという間に今までの流れに流されていくわけです。
そもそもダイエットしてます宣言をすべきかすべきでないか悩んだり。
なぜなら、相手も気を使ってしまうので、私的にはあまり本意ではなく、
その場で私が食べれるものを食べれる量食べたらいいわけなので。
でもね、それこそがすごく大変!!
ほぼ自分との闘いです。
普通の流れでいくとね、揚げ物も来れば炭水化物も頼むわけですよ。
魚やら肉やらだけで一杯やってることなんてないんですから。
目の前に揚げ物やら炭水化物があるわけです。
この手が勝手に…と目の前の揚げ物をつまんでしまうこともあるわけです。
お酒飲んでごまかそうにも、3杯くらいに抑えてねと言われている。
自分の食べれるメニューを頼んだとしてもやはりついつい量は増えてしまいます。

トレーナーさんには毎日食べたものを送信しています。
飲み会のときにはつい、勝った!だの負けた!だのとうざいメール送ってしまいますが、
飲み会のときは闘ってるからつい勝敗送りたくなるのね。
これから先もイベントだらけ、壁だらけだけどうまくいくのやら…。

筋肉は覚えてるんだって。 

2016年12月22日(木) 17時33分
さて、どこに通おうかなと思った時に、一番目についたのはコミットするところなんですが、
当時、あまりにCMが目につきすぎて、逆に鼻についてしまったという感じで、
結構長いことどこのどんなとこに通ってどうしようかと迷ったんですよ。
だって私はリバウンド女王。
トレーナーがつくところは大金がかかるのは知ってますから
大金をはたいて結果を出してもまたリバウンドするんじゃないかと思うと
その一歩は踏み出せないわけです。
お金の大切さもわかってますからね(笑)
片っ端から話を聞きに行く勇気もないので、厳選して行ってみました。
同じようなこと言われてそんなに違いなんて私にはわかるはずもないので。
結果、2軒目で決めましたけど。
何で今のところに決めたのか、正直タイミングもあったんだろうと思います。
自分のやる気度というか。
あと、2軒目は悩ませてくれてちゃんとメールをくれたとこかなぁ。1軒目は明日までに返事くださいみたいな感じで楽だったけど、決め手もなくて。担当制でなかったのも引っかかるとこではありました。
1軒目は筋トレ大好きそうな男の人、2軒目は若い女の人が説明してくれました。
決して女性だから安心したとかではないんですけどね。むしろ、若い女の子と私仲良くやっていけるんだろうか、ジェネレーションギャップとか大丈夫か私などと思ったりしたんです。人見知りなんで。
実績ありそうだったのは1軒目の男の人の方がすごい自信ありげだったし。
ずっとバスケやってたっていう2軒目の女の子、すごく運動好きそうだし、運動が好きな人に運動の楽しさを教えてもらおうじゃないのってのもあったかな。

結果、今のところ後悔なく、むしろトレーナーさんと仲良くトレーニングに励んでいるので2軒目に決めてよかったなーと思ってます。


そうそうタイトルはその2軒目っつうかトレーナーさんに聞いて、へぇーって思ったから。筋肉は昔運動とかで使ってたの覚えてるんだって。今は寝てるだけ。起こせば思い出すみたいですよ。

性懲りもなく。 

2016年12月21日(水) 10時15分
また、ダイエット始めました。

なにせ私はリバウンド女王。

生活に変動はなくても、体重の変動は激しいのです。

20〜30代前半は転職を繰り返していたので、
さすがに生活の変動も激しかったですが、
今はやっと落ち着いている気がします。
それに比例して落ち着いてくれたらいいんだけど、
体重は意に反して増加。

今の職場に入った当初、72kgくらいだった体重を65kgまで落としました。
それはスマホのアプリとかでがんばってみました。食生活中心で。
ところが、65kgまでいったものがどうやっても落ちない時期が3か月くらい
続いて、アプリにも飽き挫折。
体重は緩やかにリバウンド。
気が付くと70kg台はおろか80kgまで突入する始末。
そこまで行くとさすがに動きづらい。
どうにかしないとともがけばもがくほど深みにはまり、
85kgまで。
それはいくらなんでも…20代で経験した85kg最重記録タイ。
20代では健康に異常なかったけど、30代は体に来るのです。
そんなこんなで、ヤバいともがいて82kgくらいまで落とし、
トレーナーをつけてトレーニングするようなところの門を叩いたのです。
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
http://yaplog.jp/rikugame/index1_0.rdf
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rikugame
読者になる
Yapme!一覧
読者になる