公的援助も考える

October 11 [Sun], 2009, 2:13

離婚したい夫婦は、公的援助をうける事も思考しておきましょう。


離婚後の生活に不安が有るのなら、予め公的援助について調べておくと良く、トクにこどもがいる夫婦であれば尚更必要です。


公的援助には、児童福祉手当てや児童扶養手当等が有ります。


プラスして、離婚したい夫婦でこどもを母親が引き取る場合には、より手厚く援助がうけれられる事になっておりまして、母子福祉資金の貸付制度、母子生活支援施設の利用、義務教育就学援助制度等も有ります。


援助をうけるには、一つ一つの制度で利用の為の条件が有ります。


その一例を紹介すると、児童扶養手当には、父母が離婚した後に生計が父親といっしょでは無い児童という事が条件となりました。


多くの制度で日本国内に住所が無い場合は対象外となる事が多く、支給されるには所得の規制を設けている場合が有ります。


離婚したい際には、公的援助でこどもの生活や教育がどれくらい補填出来るのかも思考しておきます。


離婚後の援助には、更に母子父子家庭医療費助成、水道・下水道コストの減免、所得税・住民税・自動車税の減免、公立高校の授業料減免、私立高校の授業料低減貸付等も有ります。


これらの援助を考慮しても自立した生活が送れるのか心配で、離婚したいが踏み切れ無い場合には、生活保護という手段も有ります。


公的援助も考えるとは別に、ホワイトアクアゲルの体験談を公開というサイトもここでご紹介しておきます。

収入も、親族の協調も無く、必要最小限の生活が維持でき無いとおもわれる場合にのみうけられる制度で、受給するには色々な規制が有りますが、離婚したい意思が固い方は生活保護を用いる事を思考しても良いだろう。