妻に離婚したいと言われた

March 18 [Fri], 2016, 13:28
こうした声にある通り、どちらかが我慢するような日々が続いていたら、遅かれ早かれ離婚問題が浮上する危険があるわけです。
何もあなたにだけ降りかかった災難なんかじゃなくて、他にもたくさんの過程で離婚の火種はくすぶっているものです。

では実際に離婚に至る夫婦・離婚せずに夫婦関係を維持できる夫婦にはどんな違いがあるのか?というと、答えは簡単です。きっかけがあったかどうか?です。
火種に火をつけるようなことがないだけで、夫婦関係を何とか維持しているのが事実です。

逆に言うと、あなたが今抱えている問題を乗り越えたあかつきには、夫婦のきずなはより強いものになっていきます。
ちょっとやそっとではビクともしない結束力が産まれるようになり、年金暮らしになってからも相手を尊重し合う理想的な関係を維持できるようになります。

桑島隆二さんの妻に許してもらい離婚を回避する方法を実践するうえでは、確かに、あなたの価値観や社会性にそぐわないこともあるかもしれませんが、そんな目先のくらいはぜひ我慢してください。
人生という長い道のりの中で落ちている小石でしかありません。

ずっと先にある人生のゴールをきちんと見据えて、しかるべき行動をしていけば、下のような結果におのずとたどり着くことができますよ。


ラブラブ会話を取り戻し、夫婦生活が一変する

新たな新婚生活は46日目からスタートする

相手への愛情がさらに増す

お互いに笑顔の絶えない家庭を築くことができる


いくら反省してもわかってもらえない悔しさを味わうのは今日で終わりにして、昔のアルバムを引っ張り出して2人で思い出を語り合えるようになるにはこちら



妻と離婚しないために

March 18 [Fri], 2016, 13:27
奥さんからの信頼を何とか回復しようとあれこれ取り組んでみたものの、やることすべて裏目に出てしまい、泣くに泣けない状況になっていたとしても、
離婚回避の武器をうまく使いこなせるようになり、幸せな気分で帰れる家を取り戻すことができます。

話をしたくても全く聞く耳を持ってもらえず、何をしたら離婚を考え直してくれるんだ!?という疑問と不安でいっぱいだったとしても、
離婚回避のための体系化されたノウハウのおかげで、これから何年もの時間を夫婦で仲良く過ごせるようになります。

離婚が差し迫った夫婦にありがちなのは、顔を合わせればケンカをするとか、あなたの顔を見るだけで相手が泣き出すとか、そんな危機的状況です。
何とか夫婦関係を維持しようと努力しているのに、奥さんにそんな態度を取られてしまったら、イライラして怒りをぶつけたくなるものです。

でも、そんなことをして何の解決にもなりません。その場の感情に任せて行動したところで、状況は1ミリだって改善することはありません。
そもそも、あなたがイライラするのは「自分はこれだけ頑張っているのに!」という独りよがりな考え方をしているからじゃないでしょうか?

桑島隆二さんの妻に許してもらい離婚を回避する方法にもある通り、本当の意味で離婚を遠ざけるためには、幸せな夫婦関係を取り戻すことが重要です。
奥さんが本心から求めているものを提供し、あなた自身が幸せな雰囲気を身にまとうようになれば、離婚なんて考える余地もなくなっていきます。

そのためにはノウハウが必要です。女性とはどんな生き物でどんな価値観で行動しているのか?を知る必要があります。
相手のことを知ったうえで、どんな風にあなたの愛情や幸福感を伝えるとよいのか?を知ってしまえば、おのずと以前の夫婦関係に戻ることができますよ。


子供の教育や収入を盾にして奥さんの気持ちを逆なでするのは今すぐ止めて、仕事から帰るあなたの帰宅を心から待っている奥さんの顔を見れるようになるにはこちら

妻に浮気を許してもらう方法

March 18 [Fri], 2016, 13:26
夫婦関係を修復するために絶対にやらなければいけないことを教えてくれる桑島隆二さんの妻に許してもらい離婚を回避する方法とは、

大恥をかいて社会的制裁を受ける方法(大恥の次はパートナーに感謝を伝える)

生活費についてあなたが気づかない致命的なミス

パートナーに離婚調停を終了させる落としどころ

離婚調停開始前に送付するDV・県下の行き過ぎの際の手紙サンプル


こうした内容となっていて、奥さんが「あなたといると吐き気がする」みたいに明らかに嫌悪感まる出しだったとしても、様子がどんどん変わり始めます。

離婚回避するためには何はともあれ謝罪が必要です。自分の非を認めて相手に許してもらう必要があるわけですが、ただ謝るだけだと効果はまるでありません。
奥さんは本心では謝ってほしいわけではないからです。それにあなたに非があることだって百も承知です。相手が求めているのは謝罪の向こう側にあります。

奥さんは口では「謝れ!」というかもしれませんが、本当は「裏切られ、傷つけられた。」と感じているはずです。
この世でもっとも信頼してほしいあなたに気持ちを引き裂かれたことが、夫婦間に深い溝をつくる原因となっています。

桑島隆二さんの妻に許してもらい離婚を回避する方法にもある通り、あなたがやらなければいけないことは、相手の自尊心を満たしてあげることです。
奥さんの気持ちはどうやったら修復できるのか?というのを女性の立場から考えて実行していく必要があります。

たとえ離婚調停にもつれ込んだとしても、まだ挽回のチャンスは残されています。相手がまるで話し合いに応じようとしなくたってできることはまだまだ残されています。
むしろ、残されているチャンスを活かすことができず、時間ばかり過ぎてしまうと、ますます離婚の色が濃くなるだけなので、早めの行動をおすすめしますよ。


「冷静に落ち着いて話し合う」なんていう妄想はさっさと捨てて、何気ないことに二人で笑ったり共感できるようになるにはこちら