離婚を相談できるところとは

May 20 [Wed], 2009, 9:57
離婚を相談できるところとは
離婚の問題を一人ですべて解決しようとすると、ストレスがさらに増えてきます。出来るだけ信頼できる人に相談して冷静な判断が出来るようになってください。

離婚について相談すると良い相手としては、まずは「親、兄弟、親戚」となってきます。次に「友人や知人」になるわけせすが、できれば離婚を経験している友人や知人が身近にいれば、ぜひ相談するようにしてください。離婚を経験したことのある友人や知人が遠方にいる場合には電話やメールなどで相談すると良いでしょうね。

つぎは弁護士、家庭裁判所家事相談室、いのちの電話、各自治体の面接や電話相談、心理カウンセラー、離婚カウンセラーなどがあります。

離婚には夫婦だけの問題でも慰謝料や財産分与から始まって、離婚後の仕事、収入、生活の場などなどがあり、子供を抱えている場合には養育費から始まって学校の問題まで非常に多くの解決しなければならない問題があります。

とても一人では全てを解決できるものではありません。離婚の問題がどんどん悪化していく前に出来るだけ信頼できる人に相談してください。

離婚を決意するにはそれなりの理由があっても、プライドがあって人に話すことが出来ないような場合もあるはずです。しかし、いつまでもプライドにこだわっていないで本音で話すことが大切になってきます。

離婚の核心の内容をいつまでも隠して相談しても良い結果が出てくることは非常に少ないです。プライドを捨てて、本音で相談することによって精神的にも非常に楽になってくるはずです。

⇒⇒しあわせ離婚マニュアル!!

熟年離婚を回避するたった一つの方法とは

May 20 [Wed], 2009, 9:56
熟年離婚を回避するたった一つの方法とは
離婚の中で最近増えているのが熟年離婚だそうですね。ある日突然にパートナーから離婚を宣告される人が多くなっているのですね。

多くは女性から男性への離婚宣言が多いようです。男性にとっては青天の霹靂かもしれませんが、女性にとっては我慢に我慢を重ねての結論である場合が非常に多いのが特徴です。

普段から夫婦喧嘩をしてそれなりにお互いが言いたいことを言っていた場合には熟年離婚は少なくて、まさかうちの妻がと思えるような夫婦喧嘩をほとんどしたことがないような夫婦に限って熟年離婚が多いようです。

熟年離婚を妻から言い出したときには、それなりに妻側は離婚の準備をしているはずですから、復縁を迫ることは難しい場合が多いですね。そこで熟年離婚にならないようにする方法と熟年離婚の原因を探ってみました。

熟年離婚を言い出す妻のタイプとしては、「普段はあまり自分の意見を言わない」「多くの人が良妻賢母と認めている」「夫に完全服従しているように見える」「夫の顔色をいつも気にしている」「夫婦喧嘩をするようなときには妻が直ぐに引く」「いつもニコニコしていて愛想が良い」「不平不満を言ったことがない」「自分を犠牲にして夫のために尽くしているように思える」「弱音を吐かずにいつも我慢している」「生真面目で努力家」などなどが考えられます。

熟年離婚をするような妻はストレスがたくさん溜まっているのでしょうね。熟年離婚を回避する方法としては、普段の夫婦の会話が非常に大切になってくることが浮き彫りになっているように思えます。

⇒⇒しあわせ離婚マニュアル!!

養育費を気持ちよく払ってもらう方法

May 20 [Wed], 2009, 9:55
離婚をするときの養育費を気持ちよく払ってもらう方法
離婚をするときに、離婚の条件として難航するものの一つに養育費があります。養育費は子供の権利ですから、あやふやな決め方をせずにしっかりと取り決めを行ってください。

離婚の話し合いをしているのですから、一方では出来るだけ払いたくない、また一方では出来るだけ多く払って欲しいと思ってなかなか妥協点を見出すことが出来ずに難航してしまうのが普通ですね。

結論から先に言いますと、相手が気持ちよく払ってもらるようにすることが離婚の話し合いでの最良の方法です。感情が先走ってしまっては元も子もなくなってしまう場合がありますで注意してください。

離婚をするときの養育費は、子供が高校を卒業するまで、成人になるまで、あるいは大学を卒業するまでというような期間の取り決めも行います。養育費の月額が1万円違うと1年では12万円、10年では120万円と長期間で考えると大きく違ってきますので、1万円でも多く支払ってもらえるようにすることがコツになってきます。

離婚をする時にパートナーを誉めることは難しいかもしれませんが、できるだけパートナーを誉めてください。「あなたは立派なパパだったですよ。子供にいつまでたっても素敵な尊敬できるパパだった思ってもらいたいのです。」などど誉めてください。夫婦にとってパートナーは離婚届を出せば他人に関係になりますが、親子は離婚届を出しても縁が切れるものではありません。

本気であなたが、「子供にとっては素敵なそして尊敬できるパパ」となって欲しいと思うことは子供にとってもパートナーにとっても大切なことではないでしょうか。

そしてパートナーの養育費で子供に素敵な人生を歩ませる事が出来るような養育費を冷静に判断して決めるのことです。

もしパートナーが「そんなに払えない」と言ってきた場合には、直ぐに返事をするようなことはしないで少し時間をおいてから話し合いを行うようにしてくださいね。

⇒⇒しあわせ離婚マニュアル!!

協議離婚とは

May 20 [Wed], 2009, 9:54
協議離婚とは
協議離婚とは夫婦当事者が話し合いで離婚や離婚に付随する権利を話し合って決めるものです。この場合、必要であれば慰謝料、財産分与、親権、養育費等も夫婦でお互いに話し合って決めます。

一切のことを夫婦当事者の話し合いで決めますので、費用、手間、時間の面で最も負担の少ない方法でうs。ただ、夫婦双方が協議内容の重要性を認識しないままで形だけの合意をしてしまって、後々トラブルになるケースが多いのも協議離婚の特徴といえます。

夫婦間で慰謝料、財産分与、親権、養育費等について話し合いが終わりましたら、未成年の子供がいる場合には親権者を決めて離婚の届出用紙に記入して提出します。慰謝料、財産分与と養育費については離婚届に記載する必要はありません。

市区町村の役場に離婚届を提出するときに、どこの役場でも提出は可能ですが、本籍地でない役場に提出する場合は、戸籍謄本が必要になってきます。

協議離婚では夫婦の間で離婚することは決まっていても、慰謝料、財産分与、親権、養育費等については双方の意見調整をすることができずに、離婚届を提出することが出来ない場合が非常に多いですね。

協議離婚が出来そうにない場合には、家庭裁判所で調停を行うようになります。このときに子供の親権者を決めるだけの申し立てもできます。

現実には慰謝料と財産分与を合算して200万円から500万円程度が一番多いそうです。1000万円以上になるケースはほとんどないようですね。

⇒⇒しあわせ離婚マニュアル!!

調停離婚とは

May 20 [Wed], 2009, 9:50
調停離婚とは
調停離婚とは、離婚をしようとする時に夫婦で話し合いがつかない、協議離婚が上手くいかない場合に家庭裁判所を利用して離婚を成立されることです。

調停離婚も家庭裁判所を使うものですが、最終的には夫婦間の合意がなければ成立しません。あくまでも夫婦間で協議離婚が成立しそうもないときに、家庭裁判所の調停委員が離婚りようとしている夫婦の間に入ることで、当事者夫婦が興奮して話し合いがうまくいかないときに有効な方法だといえるでしょうね。

調停離婚と書きましたが、調停は結婚を継続することを前提として話し合う円満調整と、離婚を禅定にして話し合う調停があります。家庭裁判所の調停委員は当初から結婚の継続や離婚を決め手から調停するのではなく、夫婦双方の話を聞いた上で調停するのが本来の役目になっています。

調停離婚の方法ですが、夫婦で話し合いをして離婚協議が不成立だった場合に、慰謝料・財産分与・親権や養育費等について話し合いを行うようになります。

まずは家庭裁判所に申立書を提出します。申立書を提出する家庭裁判所は離婚する相手の住所地、あるいは双方が合意で決めた家庭裁判所に申し立てを行います。このときに印紙代として900円と呼び出しに使う切手代として約800円が必要になります。

家庭裁判所で調停申し立てが受理されますと、夫婦の双方に呼び出し状が送られます。夫婦双方が家庭裁判所に行って第1回目の調停が行われます。

第1回目の調停は、家事審判官(裁判官)と2人の家事調停委員によって調停委員会が開かれます。第2回目以降は2人の家事調停委員が、当事者の主張を聞いたり、利害関係者、参考人から事情を聴取しながら必要な助言と調整を行います。

調停が成立しますと、調停調書が作成され調停調書の謄本と離婚届を提出して離婚が成立するのです。

調停が不成立の場合には、家庭裁判所で離婚裁判を行うことになります。

⇒⇒しあわせ離婚マニュアル!!

P R