☆⇔きいちご

March 06 [Sat], 2010, 18:24
私の名前は麻衣。

ごく普通のjk。
私には親友のまきがいる。
私たちは小学校から同じだ。

もちろん恋もしてる。そう同じクラスメイトの凌。
凌は誰からも好かれる。いわいるもて男。
私もそのとりこ。

ある日まきと下校中だった。いきなりまきが
「凌くんかっこいいよね〜。」
と何気ない一言を言い出した、私は
「そうかな〜?私はタイプではない!」
と言ってしまった。うそをついてしまったのだ。
不安に思った私はまきに
「凌くんのこと、、、好き?」と聞いてしまった。
するよ「うっうん。」と返された。
私はショックを隠せなかった。するとまきがいきなり
「麻衣こそどうなの?」と聞いてきた。

私は「ありえない。」と答えた。
ものすごく後悔をしている。。。。。
なぜあの時*好き*と言わなかったんだろう。
いや言えない。
そう考えている間にまきとは別れていた。

正直つらかった。

その夜私の携帯が震えた、まきからだ。

凌のあどげっと!笑

と短い文だった。
とても悔しい。私はあえて返信をしなかった。
私は忘れようと勉強をしていた。でも無理だ。悔しい。
私はさりげなく携帯をみた時刻は12:05だった。

メール1件

と画面に書いてあった。
開いてみるとまきからだった。

『凌と付き合えることになった★』

えっ。。。
私は混乱におきいった。なんで?という言葉が心をよぎる。
私は頭が真っ白になってしまった。

でもその日は就寝にはいった。


次へ続く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:riko-love48
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像LOVE48
» ☆⇔きいちご (2010年09月09日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/riko-love48/index1_0.rdf