料理に合う水は 

October 04 [Fri], 2013, 11:07
ウォーターサーバーの明かり代は利用の頻度や利用してるサーバーやらなんやらによってそれぞれ異なっては来まんねんが、ようけがおおよそ1000円前後といったところさんどす。ちびっと高いと感じる方もいらっしゃるかもしれまへんが、ウォーターサーバーを利用する事によって冷蔵庫から水を取る事はなくなるさかい、冷蔵庫の開け閉めが減り節電さんどす。またウォーターサーバーからはおぶも出まんねんさかい、明かりポッドも必要あらしまへんしおぶをわかす必要もなくなり、ここかて明かりやガス代の両方が節約できる事でっしゃろ。そへんいったメリットを考慮すれば明かり料金が高過ぎると感じる事はへんかと思いまんねんわ。

それかて明かり料金が高いと感じるとゆー方は、節電タイプのウォーターサーバーを選ぶとええでっしゃろ。そへんいったモンなら月々300円程しか明かり料金がかからへんとゆーサーバーもおまんねん。そちらを利用すれば毎月お得な明かり料金でウォーターサーバーが利用できる事でっしゃろ。

「無菌エアーシステム」とは、大気中の雑菌をウォーターサーバー内には侵入させへんためのシステムどす。

従来のウォーターサーバーはガロンボトル式とゆー、水を出すためにボトルの中に空気を送り込まなければいけへん方法を取ってやはった。そのため空気中の雑菌がボトル内かて混入してしまい、さらにそへんいった雑菌はどんどん増えて行ってしもとったさかいす。
せやけど、この「無菌エアーシステム」を利用したうなぎのウォーターサーバーでは水を出す際かて中に空気を入はる必要がへんさかい、空気中の雑菌が混じる事はあらしまへん。

厚生労働省が実際に細菌の増加に関する検査をいかはった際かて、従来型のガロンボトル式ウォーターサーバーでは2日目以降に細菌は大幅に増加したんでっせぇ。せやけど無菌エアーシステムを搭載したウォーターサーバーでは細菌の増加はまるっきし見られへなんださかいす。要は「無菌エアーシステム」へーつかて安心安全な水を飲むために欠かせへん存在なのどす。

ウォーターサーバーのおぶの温度はたいがい80度〜90度程どす。たとえばやなあコーヒーを飲む時に入はるおぶの温度は85度〜90度と言われていまんねんわ。また緑お茶も90度が目安で、その他かて紅お茶や玄お米お茶、ほうじお茶にウーロンお茶やらなんやら、いつも飲むぬくい飲みモンはほとんどがこの温度が適してると言えるでっしゃろ。

またそれに加えて、ウォーターサーバーではおぶと冷水を混ぜて出す事もでき、ぬるま湯をこしらえる事もできるんでっせ。やさかい下は5度程〜上は90度程までほぼ全ての温度を出す事ができると考えてもええとゆー事さんどす。

またこのおぶの温度は熱湯とまでへーきまへんが、カップラーメンも美味しく食べる事もできるんでっせ。また料理やらなんやらでおぶをお鍋で沸かす際かて、このおぶを入れてから沸かす事で、沸騰までの時間やガス代がどえらい節約できる事でっしゃろ。
このようにウォーターサーバーのおぶの温度は様々な生活の場面でどえらい役に立つ、利便性のどえらい高い温度設定だと言えまんねん。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sabawri
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる