ポーニョポニョポニョ メタボの子〜♪

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:冴木リカ
  • アイコン画像 趣味:
    ・お酒-そこらへんの野郎どもより飲みます
    ・ペット-愛犬かな 犬種ゎJRT
読者になる
だぅも(●´∀`●)ノ
リカです。
いつまで続くかわかりませんが
まーたブログなんぞをね。

やってみますYO。
2008年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
人生勝負 序章  (2008年10月21日)
アイコン画像リカ
クソ熱くてクソい夏。1 (2008年08月21日)
アイコン画像澪パパ
クソ熱くてクソい夏。1 (2008年08月20日)
アイコン画像澪パパ
クソ暑くてクソイ夏。2 (2008年08月20日)
アイコン画像ひで
クソ暑くてクソイ夏。2 (2008年08月20日)
アイコン画像ひで
クソ熱くてクソい夏。1 (2008年08月20日)
アイコン画像ばん
くそ! (2008年07月30日)
アイコン画像ひで
くそ! (2008年07月30日)
アイコン画像リカ
近況 (2008年07月29日)
アイコン画像たいきっく
近況 (2008年07月28日)
Yapme!一覧
読者になる
人生勝負 序章  / 2008年10月20日(月)
今年も残すところ、あと2ヶ月強ですか。。。

早いです。

12月にゎまた年を取るアタクシです。
幾つになるのかサッパリ思い出せません。


うん、、、、。年ですね、、、、、。


タバコをですね。辞めたんですよ。
中3から吸い始めてますからね。
ものすごい長い期間の愛煙家ですよ。

どれくらい長いかーっつと『こち亀』の連載に匹敵するかもですね。
もしくゎ『ガラスの仮面』

あー。
タバコをやめる為にね。
酒も辞めたんですよ。

酒=タバコ=ゲーム

アタクシにとって

3種の神器 無限ループ


ですからね。


酒ゎ全然つらくないんですが
タバコゎヤバかった。

辛かった。

最初の3日ゎ地獄でしたね。

そのあと少し楽になってきて、自分の根性試すために

あたしゃ、ラーメン食ったね。
ラーメンの@のタバコって ンマイからさ。

奥歯を食いしばりながら、耐える事ができたYO!


ッツー訳で、辞めてから半月が経とうとしてるんだけどね。


このアタクシ。
今年に入ってから、まず仕事を辞め。

タバコも辞め。

酒も辞め。

脂っこいゲーマー達からも身を隠し。


ナニを企んでるかと言いますと。。。。


無謀にも、、、








ザッツ!妊婦





で、ございます。

すでに聞くも涙。
語るも涙な、日々を過ごしています。


愛犬カナを散歩がてら、セイムスで「妊娠検査薬」を買ってきました。


死刑台 本番は24日。


その前に ただヒトリ 現実に打ちひしがれ

涙枯らしながら 

24日、死刑台で見事、ご開帳!散ってきますよ。


なんで、こんなに弱気かっつーとね。


アタシがアタシのあるがままの状態で妊娠する確立ゎ14%
無事、出産する確立ゎ6,9%

冴木、現在までタバコを吸った金額が226万。

今回1回の体外受精の費用が モロモロで90万。

ちなみにrohanで9月に使った1ヶ月の課金が3万ですよ。奥さん。

何かがオカシイでしょ。


アタシ、今まで付き合った男に
「タバコ、やめたら?」とか言われても

「は?なんで?」って言い続けてきた人生だけど

まだ産まれても、っていうか。
影も形もない、その大いなる存在に
こんだけピタッ!と自制出来るなんて、なんか不思議。

赤ちゃんゎ天使って言われるけど、
アタシゎ神だと思う。



 
   
Posted at 18:12/ この記事のURL
コメント(1)
クソ暑くてクソイ夏。2 / 2008年08月20日(水)


アタシッッ帰る!宣言をしてヨロヨロかズザーーーッなのか玄関になだれ込む女。


ちょっと待て!と追いかけようとするアタクシ。


そして追いかけようとするアタクシを制する近所のオバチャンたち。


こうして一触即発の「三つ巴戦」へとなるのだが、、、


昨日、このニッキを書いて、寝る時に重要な あの女からの暴言を思い出した。


アタクシが最もあったまに来たワードゎ

「ドーシヨーもない女」でも「酒ばかり飲み腐って」でもなかった。

実際、上記の2点は、あながちハズレてないからである。

ドコのドイツか存じ上げないヘンな女から突然言われた訳だから
この場合、当たってようがハズレてようが、アタクシにゎ多いに「憤慨する権利」はある。

オトナになっていく、、ってことゎ

諦めたり
許したり
許されたり
ガマンするしかなかったり
やり過ごす事を覚えたり
そして、自分そのものを受け入れていくことだ。 と、アタシゎ思ってる。

なので、思いがけず「オマエってこうだ!」と、尖った表現で言われたとしても

うん。しょうがない。と、思える心の成長ゎ出来てると自負している。


アタクシが最もあったまに来たソノ フレーズ。




アンタの目は死んでいる




だった。


ウチのマンションのすぐ隣ゎ人気スーパーである。

このスーパーにアタクシが昼間からいそいそビールをしこたま買い込む姿を
この女ゎ見ていたのだろう。
確かにそんな時代があったのだ。
しこたま買って、飲み干して、それでも足りなくて、
夕方マタ買い込んだりしてる姿だったのかもしれない。
運の悪い事に、ひょっとしたらその両方を目撃されたのかもしれない。


その時のアタクシの目ゎ確かに死んでいた。
ウツロだったと思う。


しかし、アタクシもその当時ゎそうするしかなかった時期だったのだ。

酒に逃げ
世間を遠ざけ
仕事もせず
家事もほとんどせず
風呂さえも入らず
生きる気力もない
やる事といったらゲームだけ。


この女も「アタシゎ今こうするしかないのよっっ!」と言わんばかりにさっきまで号泣していた。

アタクシにも「そうするしかない」時期があり、
酒と膝を抱え、ヒトリ泣いていた。

自分の存在を含め、スベテ無くなってしまえ!と、心の底から本気で思ってた。

どーやってソノ状況を打破したのかゎココでゎハショル。
ニッキが長くなる一方なんで。


あの女の目腐ってる発言ゎ、アタクシの暗黒時代への冒涜だった。

わかりやすく言うと

「オマエのカーサン デベソ」とか
「オマエのトーチャン キモイ」とか
「オマエの犬 バカイヌ!」

などと言った、自分以外の大切な身内を一刀両断に斬られるほどの許せなさ!だったのだ。


アタシがこの女の、現在の「辛い状況」に
同情的で無い。
知りたいともわかりたいとも思わない。っていう態度のドコが悪い。
オマエに魅力が無いだけじゃないか。
振り向かない相手を斬っていく、そのオマエの自己中な態度が、その批判精神が、
夫に逃げられ
頼りの一粒種の息子を登校拒否にさせてるんじゃねーか?


人間、ジーミソを過ぎると誰だって、辛唆舐めてンだよ!

まーいいや。書いててアツクなってきた。

って事をアタクシゎ

ひっとことも!

言えずに、両脇を近所のオバチャンに押さえられ
あの女をひっぱたく事も出来なかったのである。



あれから数日経つが、絶対に「ひっぱたいて」やりたかった。


そして、ネーサンも、近所のオバチャンたちも
今頃、あの時止めなきゃよかったのかもね。。。と思ってるんじゃないかと思う。

あの女ゎ目の腐った女のアタシに引っ叩かれ、生涯忘れられない悔しさとしてその痛みを心に刻むだろう。

アタシを殺しにくるか
アイツ自身がオノレの生きる転機にするか

2つに1つだろう。

これでなかったよーにするなら、アイツの凡庸な人生はナニも変わらない。


何度も言うが、アイツが不幸だろうがドーダローがアタシゎまったく興味ない。

だけど、あの女の「ダメっぷり」は、
唯一、あの女と共有出来る部分だろう、、、と思う。



あの女ゎネーサンの息子と
その宴会に参加してたジーヨソの毒男に送られて帰っていった。


あの女が居なくなった宴会の場は、一転してアタクシに同情的であった。

ヘソが曲がってるのかもしれないけど、
場面場面で顔色を変える、そーゆーリベラルなスタンスにゎ踊らされない。


送り届け、帰ってきたヨージソの毒男の顔が、思いっきりはれ上がってる。
関西女のコントロールが利かずに、おもいっきり顔から転倒したらしい。

そのはれ上がった男の顔を
かるーく励まして、アタシゎ家に帰った。

帰ってから飲みなおして、夫に今日あったことを話し、アタシゎ寝た。


朝。ひっさしぶりのバッドコンディションだ。

最低、最悪。

水をがむ飲みして、昨夜の毒素を出すべくビリーズブートキャンプにエントリーする。


昼過ぎに、戻ってきた愛車CUBEで銀行とファミマにいく。

交差点で「すわ!大事故!」的な単車とのニアミスにでくわす。

寸での所で止まる単車

見合すニーチャンとアタシ。

このニーチャン、アタシの愛車CUBEのタイヤを蹴って走っていく。


即効、窓をあけ



「てめぇ!こらぁ!ガキッ!戻って来い!うぉい!」




と、叫ぶアタクシ。


昨夜、不完全燃焼だったアタクシゎ
怒涛のように鬼になる。

午前中のブートキャンプインゎ、まったくデトックス効果がなかったようだ。


ありがたいことに、そのニーチャンゎ戻ってきた。


「てめぇ!ナニ、タイヤ蹴ってんのよ!降りれや!ガキ!」

「オマエこそ信号見れや!バーカ!」


、、、、、、、、、。


うん。否めない^−^アタシ。信号、どーだったか覚えてない^−^

でも、振り上げた手ゎそうそう降ろせるモノでもなく、、、

「いいから、側溝に止めれって!女だからと思って舐めんな!」

しかし、ニーチャン

「うっせー!バーカバーカ!」



んで、アタクシも




「オマエこそウッセーんだよ!バーカ!」




ヒドス、、、、ヒドスギル目クソ鼻クソの戦いを白昼夢に繰り広げ。彼ゎ走り去っていきました。


超、大声だったので、
きっとこの場面をまた、、、、近所の誰かに目撃され
何かの飲みの席で、


チンピラ主婦として罵倒されるんだろうな、、、と

今から覚悟しています。。。


しかし、アタクシゎこの単車ニーチャンとの、白昼幼稚劇が思いがけずスッキリして

ストーンとスベテの悪玉が降りたような気がしてならず。
あのニーチャンに感謝さえしています。

会社から帰ってきた夫に、更にこんなことがあったと報告をしたら

「アンタ。。。お願いだからいい加減にして。。。」と言われ

でも、この男ゎアタクシのコノ気の強さに惚れた訳ですから
まんざらでも無い様子で、
楽しそうにアタクシの話しを晩酌のツマミにしていました。




いまだに気になるあの関西女。
そしてあのデブイ息子。


ここだけの話し。

ガンバッテ!突き抜けて!と、届かない想いだけど、
心の隅で思っています。

興味ないけどね!

興味ないけど、オマエにコレを送るわ^−^


http://jp.youtube.com/watch?v=Ty8JfzVmLuU&feature=related













 
   
Posted at 14:47/ この記事のURL
コメント(2)
クソ熱くてクソい夏。1 / 2008年08月19日(火)

暑いのゎスキなんだけど、どーも「夏」って季節とアタクシのバイオリズムゎかみ合わないらしい。

先日の事だ。
アタクシ、随分と世話になってるネーサンが居るが
そのネーサンに ネーサンによるネーサン主催のネーサンんちの「飲み会」に誘われた。

アタクシ、「集まり」ってのがどーもニガテである。
そもそも典型的なO型なので、誰とでも気軽に人見知りなく「チィーーーース!」とか出来ない。

アタクシのニッキを読んでる大半ゎゲーマーな友なので

そんな人見知り発言をしているアタクシに
「は?ナニいってんの?」って思うかもしれない。

が、ゲームな世界だ。日常出来ない事だって出来る!ってのがゲームな世界だ。
リアル加算分を加えたら、多少年を重ねた分、出来る!とまでゎいかなくても
出来てるフリくらいの自己演出ゎ出来てしかるべきだろう。
ってとこだろうか。

うん。どーでもいい。

さて。ネーサンんちの「飲み」だけれど
本当に行きたくなかった。
しかし、、アタクシゎネーサンに多大なご迷惑をこの数ヶ月量産してるのだ。


財布を実家に忘れ、金も借りた。
旅行中、文鳥も預かってもらった。
車をぶつけた時に台車を借りるべく圧力をかけてもらったりもした。

そろそろ元ヤンでなくても、「借りを返さなきゃならない」のである。
ソレが筋っつーもんである。

アタクシゎ北海道のぬかボッケを持ってネーサンんちの飲み会へと行ったのである。

手土産を置いてすぐ帰ろう!って思ったが
ネーサンの隣に座らせられ、帰る事ゎ出来なかった。

酒を勧められ、参加してるメンツを見渡す。
知ってる人(顔と名前が一致する)は、ただヒトリ。

あとゎ全然しらない。


が、テーブルの上座に座ってる、すでに出来上がってる女が居て
ソイツゎアタシと同じマンションらしい。

「アタシ、アンタの事しってんねんでー」とか言ってる。

ロレツの回らない関西弁っつーのゎ、言ってる内容に関係なく

ケンカうってんのか!こら!って思える。
のゎ、アタシだけだろうか、、、、、。

この女、かなりデブイ息子持参で参加している。
そのデブイ息子ゎアタクシ持参のぬかボッケを頬張りつつ
「まーまーですね。」とか言いやがってる。

最初からカンの触る親子だったが
ソコゎアタクシもオトナである。

いや、正確にゎ「オトナのフリ」をしなきゃならない場面である。

近所のオバサンよろしく、そのデブイ息子に

「ボクゎいくつなの^−^?」って聞きたくもないが聞いて見た。

「あ?、、あーボクは中2ですねぇ」

イチイチ、カンの触るガキだ。
受け答えが黒板を爪でギーーーーーーーッと掻くような
胸クソの悪いガキだ。

アタクシゎ「若いね」と言った。

関西オバサンゎ

「若いね!ってソレおかしいやろ!若くてあたりまえやーん」と切り替えしてきた。

いや。若いってのゎとても中2に見えないっつーことだ。と、アタクシゎ流暢な標準語で説明をした。

中2の男なんざフツーもっと汚い。
オトナの階段を登る泥臭ささが漂ってくる年代だ。

しかし、コイツゎどーだ。

ベッドの下にエロ本!的な健全な思春期を謳歌してるようにゎ決して見えない。
むしろ枕元にテディーベア!みたいなミルキーボーイぶりである。

そのくせ「オマエいくつよ?」的なオトナを小バカにしたような受け答えである。

なんてバランスの悪いガキだべ。

と、思ってたら隣でネーサンが「学校いってない、学校いってない。」と2回アタシに耳打ちをした。

アタシに世間話としてその情報をもたらしたんでなく
「当たり前の質問、もしくゎ講釈をすんなよ。」と釘をさしたわけである。

おk、ネーサン と心の中で了解し
自分の向き位置をその親子から真逆ポジションに切り替えた。

そうこうしてるウチに関西女ゎますます出来上がっていき

秋にゎ「北海道の男爵芋をもってきますよー」なんて調子のいいことを言っていたアタシに


「をい!ホッカイドウ!コッチこい!」とか言い出してきたのである。

最初ゎエヘラエヘラと顔を作っていたアタクシだった。

デブイ息子も「こりゃヤバイ」と思ったのだろう。

「かえろー!いいからかえろー!」と手を引っ張りカーチャンを立たせようとしていた。

関西母ゎ
「自分、一人で帰れるやろー!」とか言って動こうとしない。

アタクシも酒飲みなんで、この女のキモチがわからないでもない。

しかし、この場合。
このバランスの悪い子供にその醜態の母親像ゎいかがなもんか、、、と思うのだ。

学校にも行ってない。
トモダチもいない。
加えて、かなりのデブだ。
消去法でいくとこのガキの心の拠り所ゎこの母しかないのでないか?

何度も言うようだがアタシも酒飲みである。
現段階でコレダケのヘベレケぶりのこの女が、このあと軌道修正するはずがない


アタシゎこのデブガキに
「おし!おばちゃんも帰るから一緒にかえろっか^−^」と、デブガキの手を引き
マンションまで送ることにした。

ネーサンが「リカちゃんごめんね。途中まででいいからね」とアタシに戻って来い命令を出した。

命令ゎともかく、もうこのあたりまで来ると
あの関西女が、アタシがてめぇの息子を送り届け戻ってきた時に
いったいどんなツラをしているのか、、、
個人的な興味本位で戻る気マンマンだった。


そして戻って見たら、、、


案の定。



彼女ゎ泣いていた。(爆)



さめざめと泣いていた。

フツー。アタシが戻ってきた時に「ごめんねーありがとうねー」が第一声であってしかるべきだろう。

アタシゎもうこうするしかないんだ!ぐらいの悲壮感漂う泣きっぷりである。


ネーサンも優しくてこの関西女をシキリに擁護してる。

酔ってるから、飲んでるからが理由にならない年齢だろ?!と心の中で思う。
ましてや抱えてる問題が大きいんだから息子の前ではどーなの?と、思うが、、、
別にどーでもいい。
アカの他人だし。
一時しのぎだろうけど、息子の目からは遠ざけたし。
アタシの予想どおり「アンタゎ泣いていた」それが面白かったからもういいや。

ところが、こうゆう女ゎ
ナマジ苦労してる(らしい)もんだから、
今、自分がどんだけ苦しいか、頑張ってるか
全米が泣いてくれなきゃどーにも治まりがつかないらしい。

ネーサンを筆頭に同情を寄せるフリの出来てる諸先輩たちと
アタクシの目、もしくゎかもし出すオーラは異なるものだった。


この女の「不幸の感性」ゎそんなアタクシを許さなかった。


彼女はシキリに「大阪女ゎこんなもんでおわらへんどー!」を連呼していた。

普通、笑うところじゃないか?
むしろ笑いを取りたいっつー関西魂なのかと思わね?

ええ。アタクシも、ナニいってんだコイツ。的に笑いましたとも。

本日、2度目の

「こらぁッッッ!ホッカイドー!オマエ今 わろうたやろっ!」

鋭利な人差し指を向けられ、つかみ掛るように挑んでくる女。

2度目を受け流し、シレッと平常心でたたずむアタクシ。



が、ここで 戦争勃発のワードを吐く、クソ女




「オマエみたいなドーシヨーもない女に笑われる筋合いないわ!酒ばかり飲みくさって!」

と、いいやがったのである。




アタクシ。戦闘モードにスィッチ入りました。



「はッ〜?ドーシヨーもねー女にドーシヨーもねーてアタシも言われたくないんだけどー」


ネーサンゎこの関西女の口を手で押さえ
「ダメだって!○×ちゃん!おしまい!まて!」みたいなメス犬の調教に入ってましたが

この女。

なんだか訳のわかんない事をボヤき

もういいいっ!!!!!アタシもう帰るっっ!!!!!!!!!

と、ヨロヨロ立ちあがって場を離れようとしました。

そんな勝手に帰られても今度ゎアタシが治まらないっつーんで


「まてって!逃げんのか!こら!」と、追いかけましたよ。
イッパツぶん殴らないと気が治まらないっつーの。


つづく
























 
   
Posted at 18:09/ この記事のURL
コメント(3)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!