いない間 

September 17 [Sat], 2005, 0:24
日本とインド。
どれだけ遠いのか検討もつかない。

発って数日後にでんわがきた。
そのまた数日後にメールがきた。

それからちょびにメールがきたみたい。

発つ間際のメール、
「りこのメールのおかげで今日がうまくまわっています
りこと出会えてよかった。」
そういってくれたから、今の私はいきてられるのだと思う。

ぶちぶちきれる電話の声は
どんなにあせってても、声がとおくても
聞きなれたあの声はやっぱりあべちゃんだった。

あ様のむねのはーとはとれかけてしまっています
これがとれたら両想いになれる、とか
そんな縁結びじゃなかったよね…

あべちゃんと一緒に聴いた音楽を聴き
いっしょに食べたアイスを食べて
くちぐせを思い出して口にだしてみる
そうして彼を身近に感じることしかできないけど
それでも顔がすこしやわらかくなるなら
私は妄想屋になるよ

心地よい緊張 

August 24 [Wed], 2005, 1:02
毎日でんわしてるのに
まだかける前は緊張したりして

ゴッホのチケットかっちゃった
ただ喜ぶ顔がみたくて
声がききたくて

髪をきったあべちゃんはとってもかっこいかった
おもってたよりも短くて
おもってたよりも似合ってた
やっぱかっこいんだね

べ様を携帯につけてくれて
ドコモだけをインドにつれてってくれるって
アメリやってくれるって

今日はドルフィンいかなかったみたい
間接デートだったみたいで
ドルフィンは彼女と行きたいからって
彼女つくる気あるんだね…

26日はフットサル
やっとみれるぜフットサルなあべちゃん

昨日は帰り際、
「引っ越したら?」っていってくれて
うれしかった
岡崎は遠いよーって
たしかに。

みんな恋人同士でうらやましいけど
実はわたしだって幸せなのかも
つきあってるだけが幸せじゃない
よね

24時間 

August 21 [Sun], 2005, 22:12
彼が髪をきったようで
私ってばみたくてみたくて仕方なくて
バイトもいそいそとあがって会いに行こうとたくらんだ

前に一緒にカフェにいったときにたべた、
小豆のチーズケーキをおみやげに買っていこう、なんて
そんな粋なことを思いついて
われらの行きつけ?のカフェまでいったものの
ケーキは売り切れてた
しかも彼は今日は夜中まで先約あり。

ちぇっ
ケーキつくろうかな…
だめだ、仕事しなきゃ
愛にばかりはしっちゃだめだわ

「また夜中に電話でいいかな?」
ってメールで今日中は生きていけます

きっと24時間かれのことを考えている私。
というか、頭の片隅にいつでもいて
思い出すって行為は必要ない
思い出さなくてもずっといるからね

この切なさは悪くない
これが長続きの秘訣かもしれない

よりそい 

August 20 [Sat], 2005, 18:39
昨日の夜から、今朝までずっと一緒にいた
ずっと彼の助手席には私がいた

たのしかった
うれしかった
すごく幸せで、
そしてせつなかった

きゅうきゅうの部屋で
またよりそって寝た
たったの1時間だったけど
どこかふれあってるのが
うれしかった

もっと一緒にいたい

やっぱり彼女になりたい

玉砕 

August 19 [Fri], 2005, 2:46
夜の万博デートや、彼の自宅へのお泊り、
毎日の電話や、証明写真、たわいもないメール。
録音してくれたMDを聞きながら
ずっとそばにいるような気になる。

腕枕をしてくれて
手をつないで
いっぱい笑って
こんな楽しいのは、彼も私に好意があるからだと確信した。
明け方はまたくっついて寝ていて、
すきまもなくぎゅって抱きしめられて熟睡できなかった。
あと数センチの距離が近くて遠くて
勇気をしぼって言ったのに、
後ろから抱きしめられながら言ったのに。

7年好きな子がいる彼は、いつかお前を必ず傷つけるから、と言った。
愛情の形がもう違うのだと。
お前のことは大好きだし、うまくいくと思う。幸せにできると思う。
でも、それは数年かもしれないし、一瞬かもしれないと。

それでもよかった。
一瞬でもいい、と思う。今でも。
だけど、
彼の気持ちを考えるとそれ以上は言えなかった。
ただ、それでも好きだ伝えることで精一杯で
今のままでいいよ、としかいえなかった。
別れ際に彼は、
「後期の授業は一緒にとろうな!」と明るく去っていった。
それまでは平気だったのに、
彼がいなくなった途端に涙がでた。
バイトもまともにできなかった。
休憩のたびに涙がでて、さしいれのアイスしか食べたくなかった。
それでも、彼に対する怒りとか、いらだちとかは全くなくて
やっぱり好きだなーって思うばかり。


仏になったのです。
まけずにがんばる。

大人の恋愛 

August 06 [Sat], 2005, 10:21
朝おきて、彼の顔をおもいだす
ごはんをたべながらいろんなことがフラッシュバック
自分の顔をみながら
また彼の顔を思い出す

一体1日で何回思い出すんだろう
大好きでだいすきで
今までだってもちろん人をすきになったこと
たくさんある
毎回真剣だし
ちゃんとその彼のことを考える

あべこは、今まで好きになった人とはちがって
おっとりしてて雰囲気がスローだ
そのくせいつも元気をくれる
愚痴はいわないし
ふたりだけの空間をつくってくれる

それは私だけではなくて
他の人ともそうなのかもしれないけど
あべこが笑ってくれると
それだけで私はほっとする

これまでみたいにとんとん拍子でうまくいった恋愛とはちがうから
でも確かに前にはすすんでると思いたいから
強くなって、自分の気持ちをうまくコントロールできるように
大人の恋愛ができるようにするんだ

ここまできたら告白させなきゃってみか。
そんな器用なことできないよー
いますぐにでも気持ちを言いたいのに
どうやってあと1ヶ月以上もおさえられるんだろう
わからない…

またいつか 

August 06 [Sat], 2005, 1:51
今日さすがにつかれた…
あべこにあえなかったし

こないだの腕枕事件からだいぶたって
なんだか今までと何も変わらない日々
でも、なんだかんだで毎日電話はしてるけど
でも、メールしなきゃこないもんね
メールして電話がくるだけいいのかな
それだけで進歩かな

もう、あんまり考えすぎないようにしたいよ
そうしなきゃ私だめになっちゃうかも

腕枕がフラッシュバックして
どきどきがよみがえる

「捗る」のよみがわからなくて、の電話だったけど
それでもいいの

大好きだから
声が聞けて
今日彼がなにをしてたかがわかって
何を考えて
何を感じて
今何をしてて
どこにいて

今この時だけでも
彼をひとりじめできるならそれで
私は満足できる

彼がつらくないように
みんなの中でもうまくできるように
居場所がちゃんとあって
真んなかではなくても
その輪の中でわらっててくれたらいい

私はそんな彼をみていられたらそれでいい

一緒に同じ空間にいられたらそれで

そう思って過ごそう

ねれない… 

August 03 [Wed], 2005, 21:01
昨日は夢じゃないかと思った。
ちゅうしくんちで、けっきょくやすおがべろべろによっぱらい、
池田は先に帰って、またあべこと私はとりのこされた。
ベッドはねれなかったので、床であべこはねてた。
私は机で寝ていたけど、なかなかねれなくて
あべこと一緒にねることに。
またどきどきして寝れないなぁなんて思ってたけど、
昨日はこないだよりもずっと距離が近くて
びっくりだった。
しかも、うでまくらされて、なんか包みこまれちゃった。
夢以外のなにものでもなかったよ。
あべこのむねの中にいるときは
嬉しすぎて涙がでそうだった。
息ができなかった。
大好きだと思った。

好きだっていうことができたなら、
どんなに楽になるだろう。
「オレの寝相にフィットしてきたな」
「顔ちかいなー」
てゆうか、完全にいちゃついていた?っていえるよね?

あべこがあんなことをノリでやるような人じゃないってのは何となくわかる。
じゃあ…どういうことだったんだろう?
なんだったんだろう
私がひろくんにしたようなかんじだったのかな?

思い出すとむねが苦しい。
嬉しいけど切ない。
でも、あべこのカラダのぬくもり、息、髪の毛全てが
いとおしくて愛しくて
私は壊れてしまいそうです。

ちょびに言ったら誰よりも驚いてた。
私だってびっくりどころじゃないもん。
でも、でも、
りこに好意をもっててくれてるのはわかった。
あたまを優しく触られて
なんだか大事にされているような錯覚に陥ってしまった。
なんだか私をみる目がちょとお違ってきてるような気がするのは
気のせいかな…考えすぎかな…

でも、たぶん今は幸せ。なんだと思う。

帰郷 

August 01 [Mon], 2005, 21:49
帰ってきた!
あべこが無事にフジロックからかえってきたー
「いきてるのかなー」メールをしたら
電話がかかってきた。

相変わらずのテンションで、
でも私はひさびさでどきどきしてしまった。
不覚…

フジロックで財布とられて、歯磨き粉で生きてたらしい。
かわいそうに笑

「最近どう?」とかきかれて
「あ、え、う、お?」とたじたじ。
「おちつけおちつけ笑」
こんなかけあいが好きなのです。

明日から会える日が始まるなーうれしいなー

あきらめる方法 

July 31 [Sun], 2005, 15:30
周りのみんなは、
「やめたほうがいいんじゃない?」って反応。

「だって先が見えない恋なんてリカコには似合わない」だって。

そうだよね、遠距離になることはもう決まっているし、
私遠距離なんて3回も失敗しているし、
あべこの気持ちはわからなすぎるし、
好きな彼女のことはきっとこれからも特別なんだろうし、
あきらめたほうがいいんだ。
もっと違う人をさがしたほうがいいんだ。
東京にはもっともっと素敵な人がごろごろいる。
自分のほれっぽさは、自分が一番わかっているでしょ?

わかってはいるんだけどね…
頭で理解して、心が言うこときいたら
苦労なんてしないわよ。
理性なんて言葉は存在しないわよ。
ねぇ。

だって気づいたら考えていて、
顔が浮かんでいて
夢にまででてきて
くるはずもないメールと電話を待つ。

仕方ないでしょう?
今は無理をするより、そうしてたほうが楽なの。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rikachu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる