新ブログについて 

September 03 [Wed], 2008, 10:41
お久しぶりです。

最近、新ブログをスタートさせました。

本当はここにURLをアップさせようと思ったんですが、やっぱりここは不妊治療のブログなのでやめました。

日々の生活について書いていきたいと思っていますが、妊娠生活のことも書いています。

もし、新ブログの方に遊びにきていただける方がいらっしゃいましたら、こちらにコメントで書いていただくか左側のメールくださいの欄からメールを送ってください。


よろしくお願いします。


りかりん

ありがとうございました。 

May 15 [Thu], 2008, 11:00
みなさん、お祝いのお言葉、本当にありがとう
全然更新もしてないブログで、みんなのところにも全然遊びに行ってなかったのに、こんなにもみなさんが私のブログを気にして心配して覗いてくれてて、、胸がいっぱいになりました。

結婚して今までいろんなことがありました。
赤ちゃんがほしくてほしくて、そんな毎日をずっと過ごしてきました。
夫婦の仲良しの悩みからはじまって、夫のED、それがなんとなく解決してきたかなぁと思ったら、私の不妊原因が見つかりました。
タイミングからはじまったけど、右排卵の時にしか期待も出来ず、毎月今回はどっちかな?と考える日々も辛かった。そして毎回生理が来て撃沈の日々・・。
その後、内膜ポリープと卵管の手術、、、初めての体外受精、、、そして初めての妊娠で流産・・・。
不妊治療の検査や処置はすべて痛みを伴うものばかりでした。
2度の卵管造影検査は卵管が通ってない私にとっては地獄のようなもので、もう2度とやりたくないと思ってしまってます。
診察室では、何度も涙をこらえて、帰りの電車の中でこらえられず涙が流れてきたこともあります。
必死で家に帰って玄関を開けた途端、大粒の涙がどっと出てきて泣き崩れたり・・。
外に出ても妊婦さんや家族連れを見るたびに苦しくて、引きこもりのようになってしまったり・・・。
そんなことをずっと繰り返してきました。

不妊治療は体も辛いし、気持ちも辛いし、お金も辛いです。
そんなに辛い思いをしてもうまくいくかなんてやってみないと分からないというものです。
先がまったく見えず、いつまでこんな状態が続くんだろう??とずっとずっと悶々と考えこんでしまいました。
どうしたら妊娠できるのか?何をしたら妊娠できるのか?は、私には分かりません。
でも、私が不妊治療をしている間でこれはいいと思ったことは、「少しでも気持ちを楽にさせること」「少しでも気持ちを明るく前向きにさせること」だと思います。
しかし、これってものすごく難しいことで、はっきり言って私には出来ないことでした。
だけど、毎日ウォーキングをしたことは、ほんの少しかもしれないけど、私にはいい薬になりました。
最初はすぐ疲れてしまっていたけど、慣れてくると歩かずにはいられないというかいくらでも歩けるんです
そして、食事にも気をつけていた結果もあったのかもしれないけど、ずっと悩んでいた便秘も解消し、体重も落ちて体がすごく軽くなりました。
そうすると、動くことがおっくうではなくなるのと同時に、気持ちも少し軽くなったようなかんじでした。
でもそんなんで、気持ちがパーッっと明るくなれたわけではないけど、体が楽なのは少しだけだけど心も楽になれるような気がしました。

私がこのブログを書こうと思ったのは、おんなじように赤ちゃんがほしくてがんばっている方々とお話がしたいと思ったからです。
そしてこうやってたくさんのお友達が出来たこと、、そのお友達とたくさんお話できたこと、、本当にうれしいことです。
私自身、今でも「なんで不妊症なんだろう?」「なんでこんなに辛い思いしないといけなかったんだろう?」という気持ちがすごくあって、すぐに妊娠出来る人を見ると、なんとも言えない気持ちになってしまいます。。
でも、不妊だったから、不妊治療をしたからこそ分かったこと、少しだけ強くなれたことなどいろんなプレゼントもあったのかもしれません。
そしてなにより、ここでこんなに素敵なやさしいお友達に出会えたこと、、、これは私にとって一番の大きなプレゼントでした。
いつもいつも後ろ向きな私を励ましてくれたみなさん、、、本当に本当にありがとうございました
まだまだ不安でいっぱいの毎日です。
きっとこの不安はずっと続いていくのかもしれません。
でも、今日でこのブログを終わりにしたいと思っています。
この後は・・、またいづれ新たに別のブログを立ち上げたいとは考えています。
ただいつになるのかは分かりませんが、妊娠の記録についてのブログではなく、私の趣味のお菓子やパンのこと、どこかに遊びにいったことなどを中心にしたものにしたいと思っています。
でも、本当にいつになるのかは未定ですが、もし新ブログを書くことになったら、ここにアドレスをこっそりアップします。(気づかれないかもしれませんが

長くなってしまいましたが、なんとかこの記事が完成できそうでほっとしています。
実は、もうずっと気分の悪い日が軽く1ヶ月以上は続いていて、この記事も何日も前から書いている状態です。
みんなのブログにもコメントを残したいとは思っているんですが、なかなかパソコンに長時間向き合っているのは辛くて、、ごめんなさい。
また、落ち着いたら遊びにいかせてください。

今まで本当にありがとうございました
私の大事な大事なお友達に、これからもずっとずっとたくさんの小さな幸せ&大きな幸せが訪れることを、いつも願っています


りかりん

お久しぶりです。 

May 08 [Thu], 2008, 10:24
ご無沙汰してます。。。
ずっとブログを放置してしまいました
最後の記事から3ヶ月もたってしまいました。

あれから3月の上旬に2回目の凍結胚盤胞移植をしました。
そして運よく妊娠することが出来て、現在4ヶ月に入ったところです。
前回の記事ではいつ排卵するか分からないという状況を書いたと思うんですが、結局やっぱりいつもどおり排卵してて普通どおりに生理が来て、次周期に移植が出来ました。
でも、いくらさがしても卵胞が見つからなかったのに、いつどこで排卵したのか分からないんだけど高温期になったので排卵は確実にしたみたいです。
本当に不思議な出来事でした。
でもそのおかげで、ずっと緊張してた気持ちがぷつっと切れて、いつ移植できるのか分からないという不安よりも、「あ〜、もういいや〜」と思えるようになりました。
そして2月の下旬に2泊3日で、夫と韓国のソウルまで遊びに行って、思う存分楽しんできちゃいました
ソウルに行くと決まってから、ず〜っと暗かった私の気持ちがみるみると明るくなっていきました。
体外受精して、そして初めての妊娠で流産・・、この状況にずっと心から笑うことも出来ず、何をしても楽しくないし、何を食べてもおいしくないと感じてしまっていたのに、一気に気持ちが変わっていきました。
そして、ソウルに行く前に生理も来て、ソウルから帰ってきてからすぐ病院に行って、今度はちゃんと大きい卵胞もあって、内膜も順調で移植になりました。
移植が中止になったおかげで、私の気持ちも変わったし、思い切った気分転換も出来たような気がします。

そして、先生の口から「妊娠してますよ」と聞いた時はうれしかったのですが、やっぱりすぐ怖くなりました。
1週間ごとの診察も本当にドキドキで、心拍が確認出来た時は本当に感動しました。
でも、その後もやっぱり不安で、「やっぱりダメかも・・」と泣きながら病院に行ったこともありました。
私の病院は7週で卒業なのですが、次の病院をまだ決めてなかったので9週までいさせてもらいました。
最後先生に、
「元気な赤ちゃんを産んでください」
と言う言葉を言っていただいて、無事に卒業しました。

今年に入ってからは病院に行くことも辛くて、診察室に入るのが怖い気持ちでいっぱいでした。
いくらがんばっても報われないし、診察室ではいつも辛い結果を言われ、必死で涙をこらえて・・ということばっかり。。。
この先も辛いことばっかりなんじゃないか・・と思いながら、でも赤ちゃんの夢はあきらめられず病院に行ってるというかんじでした。
私なんかよりもっともっと辛い思いをしている方はたくさんいます。
だから私がこんなことを言っていいのか分からないけど、、
本当に辛かった・・。
でも、こうやってブログを通じて、いろんな方とお話できたり、みんなのやさしさを感じたりして、普通だったら経験出来ないあったかさを感じることも出来ました。
最近は全然更新してなかったので、私のブログを見てくれてないかもしれないけど、、
みなさん、ありがとう

みなさんのやさしさがすごくすごくうれしく感謝の気持ちでいっぱいです

今周期の移植 

February 03 [Sun], 2008, 9:20
今日は雪が降っていてすごくすごく寒そう
先週の水曜日と土曜日に病院に行って来ました。。。
今周期に移植を・・と思っていたのですが、延期になりました。
内膜は厚くなっているんだけど、卵胞が小さいのが右卵巣にあるだけで、排卵したのかしてないのか分からないという話でした。
たぶん排卵してないから、、こんな時に無理に卵を戻すより、次周期にしましょうという結果になりました
私は排卵はしっかりと定期的にあったので、こんなことははじめてでかなりショックでした
先生に、流産の影響ですか?と聞いたんだけど、「たまたまだから。。」と言う返事。
前周期はちゃんと15日目には高温期に入っているから、流産の影響ではなくたまたまだ・・という先生。
そして、このまま高温期に入らず生理になるか、生理がおくれるか、らしいんだけど、こんな悶々と過ごすより薬で生理をおこしてほしかったのに、自然に待つことになったみたいです。
はぁ〜、、とため息が出てしまい、夫と私はどっと疲れが出てきちゃいました・・・。

いつになったら先に進めるんだろう??
でも、きっと今、私に一番必要なことは休むことなのかもしれない。
移植できなくてすごくすごくショックだったけど、反対に少しほっとしてしまったような。
やっぱり怖かった・・、またあんな思いしたらどうしよう・・とか考えて、やる気というのが全くなくて体に力が入らない日々だったので。
きっとそういう気持ちが体に出てしまったのかもしれない。
特に今年に入ったら、いっきになんにもしたくない病になってしまったし・・・。

次の生理がいつになるのか分からないけど、焦らずゆっくり過ごしたい
昨年はほんとに不妊治療一色だったから、旅行なんてずっと行ってなかった。。
なんか楽しい思い出ってある??って考えたけど、思いつかないほどなんにもしてなかったような気がする。
だから、再来週あたりにでも旅行に行こうと思ってます
夫とも、なんでこんなにうまくいかないんだろう?何かの力で無理やり妊娠させないようにしているような気がしてならない。と話していましたが、、
きっとそうではなくて、今は休みなさいという警告なのかもしれない・・。
やっぱり私はもう1度、あの子に会いたいし、今度は絶対に自分の手で抱き上げたい
今はしっかり休んで体作りをしていこう。

そんなかんじで、今周期の移植は延期となりました。
次周期に移植が出来るように、体の調子を整えていきたいと思ってます
がんばれ、りかりん。。

私たち夫婦って・・・ 

January 28 [Mon], 2008, 11:03
最近の私のブログ、、なんだか本当に暗いとしか言いようがないですよね
こんなブログを読んであたたかいコメントをくれるみなさんに、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
毎日毎日、元気を出そう!何かしよう!と思っているんですが、なかなか気力が出ず・・、夫も私とおんなじ状態なんですよね。
そして夫はここ最近、インフルエンザにもなって寝込んでいました
でも、もうほとんど良くなってますが、薬がきついのか眠くてだるいみたいです。
夫は最近、会社の飲み会がかなりつまんなく感じるみたいで、「なんだかなんにもおもしろくないし、どうでもいい話ばっかりしてる」とよく愚痴っています。
私もこの前、久しぶりに親友が遊びに来ました。
いろいろ話したいなぁと思って楽しみにしていたんだけど、いつもはずーっとしゃべり続けている私なのに、どうしても話す気力が出ないというか何を話せばいいのか分からなくなってしまい・・・
今までは不妊のことや病院での治療のことはある程度話せていたのに、もう話せないんです。
だから親友の話を聞いてあげようとほとんど聞いてたんだけど、途中で思考回路がストップしているような・・、頭に話が入らなくなっているような・・・、、いつもなら話しをしててワクワクしてくるんだけどそういう気持ちにもならずに、反対にだんだん疲れが出てきてしまって・・・
大事な親友の話なんだから、必死でちゃんと聞いて意見などを言ってあげないといけないのに、、。
話の内容が疲れるとかではないんです・・、私自身にエネルギーがないのか自分勝手なのかなんです。
友人も私が流産したこと、不妊治療していることは知っているので、たぶん私の話も聞こうと思って来てくれたんだけど、、私はどうしても話せなかった・・・。
だから違う楽しい話をしようと思っても、なんだか明るくなりきれない自分がいてだんだん疲れてきてしまって・・・。
私は友達や人と話すことが大好きなのに、そしてそれも親友と話しているのに、どうしても気持ちが追いつかず疲れてしまうなんて、、、やっぱりまだ流産のショックから立ち直れてないのかなぁと思ってしまいました。
親友が帰った後、なんだかほっとしてしまった自分も嫌でした
大事な大事な親友なのに・・・・・・。

その後私の顔を見た夫が、、
「なんだか疲れてない?」
と言ってきたので、、
「疲れたというか、○○(←親友)の話を聞いていても途中で思考がストップしちゃって集中力が続かなかった・・、でも○○に悪いし一生懸命聞いてたんだけどね・・。なんだか私、○○と話しても楽しく思えないなんて、重症なのかなぁ」
「あ〜、分かる分かる。。オレも飲み会はほんとに楽しくないし、楽しく思えなくなった。なんだかどうでもいいってかんじで、仕事も勉強もやる気がしてこない」
実は流産の時期に夫の資格試験の合格発表があったのですが、落ちてしまい2重のショックを味わったんです。
私自身もすごく応援していたし、土日はほとんど一人で過ごすことも多かったので、なんとか受かってほしかったけどあと少しというところで落ちてしまいました。
夫もIVFで辛そうな私の側にいたりしてくれたので勉強に没頭できない状況で、、私ももっと自分を強くもってしっかりすればよかったなぁと反省しました。

私自身、とっても弱いのかもしれないけど、やっぱり流産のダメージが大きかったように思います。
自分ではもう立ち直っているようなかんじでいたし、お空にいってしまった赤ちゃんのことは毎日考えて手を合わせています。
でも、あの流産という出来事を考えるのは嫌で、あの時の状況や気持ちを必死で頭から消そうとして無理にもう気にしていないと思い込もうとしているのかもしれない。
頭はそう思うことが出来ても心がそれに追いついていないから、無理が出てきて疲れきってしまうのかなぁ。
きっと夫もおんなじ状況なのかなぁ・・と思ってしまいました。
年末、お正月とバタバタしてて、私の体もちょうど普通に戻ってきて、、さぁこれからがんばろう!普通の生活に戻ろう!と思って前に進もうと思ったのに、思うように進めない・・。
こんなこと書いて、本当に私は甘えてるし、もっとしっかりしなさい!と思われてしまうかもしれない。
でも、書かせてもらっちゃいました
こんなに弱くちゃいけないし、こんなに弱い私だからいつまでもママになれないのかもしれない。
もっと強くならなくちゃいけない。

実はもう移植の周期に入っていて、あさってから病院がはじまります。
こんな気持ちだけど、前に向かいたい思いはあるので、病院は行ってあとは先生に従ってやっていこうと思っています。
今はまだ次回の移植への期待や不安はありません・・と言うか、たぶん考えたくないから自然と考えてないのかも・・。

淡々とやっていこう
ここ最近、夫婦2人で言っている言葉です。

どうしたらいいのかな? 

January 18 [Fri], 2008, 9:34
最近の私はなんとなく毎日を過ごしているかんじです。。
もうすぐ移植予定の周期に入るんだけど、なんとなくぱっとしない気持ちです
なんていうか浮き沈みが激しいかんじかなぁ・・。
でも、普通に毎日を淡々と過ごしているけど、すごく明るい日となんだか沈んでいる日があるような。
冷えに気をつけたり、ウォーキングしたりとか、淡々とやっているけど、気分転換にどこか行きたいとか何かをしたいとか、そういう気持ちになれなくて
大好きなケーキ教室にもお料理教室にもなんか行きたくなくて、美容院にも行かないといけないんだけど、どうしても行く気にならなくて。。
きっとまた病院がはじまったら、気持ちも変わっていくのかもしれない。
のんびりがんばっていけばいいかなぁと思ってますが、これが難しいんですよね。。。

昨日までは不妊のことはあんまり考えないようにしてたというか、考えたくなかったというか、考えてもしょうがないというか。(考えると不安なことが山のようにあって、雪崩がおきそうだと思ったので(笑))
でも、前から悶々と考えてたこの先のことを、昨日本気で考えてたらなんだか疲れが出てきてしまって・・
あともう1回移植できる胚盤胞はあるけど、それでダメだったら次はどうすればいいのかなぁ。。。
前回流産という結果だったけど、一応妊娠は出来たわけだし、このまま今の病院でがんばってもいいと思うんだけど、転院という選択もある。
また採卵からだとすると、あの副作用に耐えないといけないロング法を選択するか、クロミフェンで体にやさしいやり方にするか。

そしてこのままIVFを続けるとなると、お金の方もその分かかってくるし。
働こうかなぁ?という気持ちもあるけど、新しい職場でIVFと並行していけるのかすごく不安だし。
あんなに体はきついし、副作用はひどいし、採卵後2,3日はお腹はいたいし、OHSS気味になるし。
病院に行くのもいっぱいいっぱいだった私が仕事と並行できるのか?とか、
いきなり「あさって休みたいんですが」と新しい職場で言えるのか?とか考えると、不安になる。
一応、昔働いていた職場のアルバイトがたまにあるので、友人に話があったらおしえてほしいとはお願いはしてあります。
でも、この職場って片道2時間はかかるので出来ても週3日ぐらいかなぁ。
だけど、アルバイトならいきなり休んでも大丈夫なところなので、その辺は気楽なんです。
あと、もしかしたら来月夫の転勤発表があるんですよね〜。
母のこともあるので、これ以上実家に遠い場所だったら、単身赴任の可能性もあるし、病院のこともあるからどうしていいのか??と考えてしまったり・・・。

流産後、私も夫も2人でいる時は明るく元気なんだけど、やっぱり疲れきってるかんじです。
でも、それでも必死に「大丈夫!絶対幸せになれる!」と自分達に言い聞かせて過ごしているのかも。
あ〜、、せめて夫の転勤の心配だけは解決してほしいなぁ〜。。。
やっぱり一緒に側にいて不妊治療をがんばっていきたいし
最近、有名な霊媒師や占い師のところにでも行って来ようかなぁと考えてしまったり、、でも辛いことを言われるのも怖いしなぁとか。
なんだかダラダラと書いてしまったけど、移植できる卵ちゃんはあと1つあるわけだから、まだ考えなくてはいいんだろうけど。。

こんなんではダメですね
もっと元気に前向きにがんばっていかないといけない
きっと大丈夫!なんとなるさ!
そう思って過ごしていかなくちゃ〜

あけましておめでとうございます。 

January 07 [Mon], 2008, 13:18
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

ブログ更新もすごく久しぶりになってしまいました。。。
流産手術からちょうど1ヶ月後ぐらいに、生理が来ました。
今日で低温期14日目ですが、今回の移植は延期することにしました。
病院が今日からはじまったということと、たぶん数日以内には排卵もしそうで、、なんとなく落ち着かないかんじなので、次周期に残りの胚盤胞を移植したいと思っています
私の気持ちの方は、もう完全に前を向いていますが、、、やっぱりたまに落ち込む時もあります。
そしてやっぱり今年も写真付き年賀状には涙が出てしまいましたが
この夫婦もこの夫婦にも赤ちゃんが生まれたのね・・・と分かったり、、なんとも言えない辛さがありました。
でも、気にしない気にしないと自分に言い聞かせ、、、前を向いてまた今年もがんばろう!!と強い決意をしました
昨年は不妊治療は逃げずにがんばってきたけど、気持ちは逃げてしまっていたのかなぁ〜と思っています。
絶対に妊娠してママになれるという気持ちをいつも持ってがんばっていきたいです。。。
傷つくことが怖くて怖くて、「もうダメかも」って言葉ばっかり言ってしまったことはすごく反省しています。
前向きな気持ちを持っても後ろ向きな気持ちを持っても、、結果が陽性であればうれしいし、陰性であればショックだし、、その感じる思いの大きさは変わらないんですよね。
それだったら、前向きにプラス思考でいかないといけない
そんなことを考えながら年末年始は過ごしていました。

そして、12月下旬に水子さんの供養にも行ってきました。
お経を読んでいただいて、住職さんのお話も聞けてすごくほっとしました
住職さんはこう言っていました。。

「この世に生まれるか生まれないかは水子さんの意思によるものですから、絶対に自分を責めてはいけませんよ。この水子さんはお父さんお母さん思いの水子さんなんですよ。自分が生まれてしまったら、障害を持って生まれてしまう、、そしたらお父さんお母さんが大変な思いをすると知っていたから今回はやめておこうと思ったのです。そして、お2人(私たち)は天国の赤ちゃんのお父さんとお母さんなのです。いつかお2人が天国に行かれた時に赤ちゃんと会うことが出来て、3人で暮らせるのですよ。」

そっかぁ、、いつか会えるんだぁ。。
すごくすごくあったかい気持ちになれて、涙が流れてきそうで必死にこらえました。
最後に住職さんが、私の手をにぎって、、
「もうお体は大丈夫??」
と気にしてくださったので、不妊治療の結果の流産だったと話しました。
そしたら、、
「今はそういう方はすごく多いんですよね。でも大丈夫よ、また赤ちゃん来てくれるから。」
住職さんは女性の方だったので、本当に話しやすかったです。

昨年は、不妊治療に明け暮れた1年間でした
まさか最後は流産という結果で1年が終わるとは思ってもいませんでした。
でも、それで逃げたら終わりです。
また今年も赤ちゃんの夢を叶えるためにがんばっていきたいと思ってます
ブログの更新もみなさんのブログへの訪問もかなり少なくなってしまっていますが、これからもこんなりかりんをよろしくお願いします

親友の思い 

December 17 [Mon], 2007, 12:12
昨夜、親友のAちゃんと電話で話しました。。
このAちゃんは、今まで何度かブログにも書いた2人の子持ちのママさんです。
Aちゃんとは1年前に最後に電話で話してからなので、本当に本当に久しぶりなんです。
ちょうど1年前ぐらいから、不妊治療も本格的になって、その分不妊原因もどんどん判明していった私ですが、Aちゃんの2人目妊娠を知ったのもその頃だったんです。。。
それ以来、メールのやりとりはたまにしていましたが、
私自身も不妊治療でいっぱいいっぱいの状況でもあったし、やっぱり2人目を妊娠したAちゃんと話す勇気がありませんでした・・・
メールでいまの状況を伝えることもなく日が過ぎてしまいました。
でも、ずっとAちゃんのことは気になっていたし、Aちゃんも私のことを気にしているだろうなぁとは思っていました。
Aちゃんには1年前までは不妊のことはすべて話していました。
2人目出産の時にお祝いを贈り、すぐにお返事のメールで「ありがとう。今度お手紙を書くから待っててね」と言う内容でしたが、それから半年ぐらい経っていました。
そして昨夜、Aちゃんから電話がきました。。。

Aちゃんは、、、
「ごめんね、、手紙書くと言って書けなくて・・・。でもずっとりかりんのことが気になっていて、、元気してる??」

そして私は元気なことを言って、流産してしまったこと、治療のこと(詳しくは話さなかったけど高度医療はしていること)を話しました。
Aちゃんという子は、本当に心がやさしい子なんです
いつもいつも私をなごませる言葉、そして何より一生懸命に言ってくれて、、本当に友達思いの子。。
今回もたくさんのあたたかい気持ちをもらいました
そして私の話に涙声で話してた時もありました。。

「りかりんは本当にがんばってる、私の友達の中でも一番がんばってると思う。もう分かるもん、、りかりんから聞かなくてもがんばってる姿は想像できる。ひとりで辛いことを抱えこんで泣いてたんでしょ・・。でも絶対大丈夫!2人を選んで来てくれた赤ちゃんがいるんだから、また絶対に来てくれるから。」

本当に本当にこんなやさしくて一生懸命な言葉をもらって、うれしかった・・・
私は最近、子供がいる友達とは全然話していませんでした。
私の中で、不妊治療を理解して気持ちも理解してもらえない、それに反対に傷つくことがあるかもしれない・・とか考えていました。
確かに、今まで赤ちゃん待ちのことを人に話して、傷ついたこともありました。
でも、中には理解してくれて、言葉も選んで一生懸命に声をかけてくれる人もいる
それに今まで一緒に悩みながら学生時代や若い頃に一緒にがんばってきた友達は、やっぱり宝なんだと思いました。
ここ最近は、昔の友達とも連絡もとろうともしないで、殻に閉じこもっていた私。。
不妊のことは経験しないと分からないというのはそうなんだと思う。
でも、その気持ちを理解しようとしてくれる人はいて、その気持ちを感じた時、こんなにも満たされた気持ちになれて自分はひとりではないと思えることが分かりました
こんなことはあたり前のことなのかもしれない・・、でも私はずっと不妊という世界でこういうことを忘れてしまっていたというか、なんだか今の自分が恥ずかしく反省しました。
こんなにいい友達がいるのに・・、他にもたくさんいい友達がいるのに・・・、私はそんな友達を遠ざけようとしていたのかもしれない・・・
このAちゃんとは、学生時代はお互いたくさん悩みを話し、、一緒にがんばってきた子なんです。
これからは、たまにAちゃんに連絡したりして、少し不妊治療の話も聞いてもらおうかなと思いました。
たぶん私が連絡しなかったこと・・、これもAちゃんは寂しかったと思うし
本当にお互いが信頼していて、相手のことを思いあっていれば、状況や環境が変わっても心は通じるし、寂しい気持ちにはならないんだと分かりました。
今回のことで、すごくすごく気持ちが楽になれたというか、ずっと引っかかってたことがとれたというか・・、自分でもどう表現をしていいか分からないけど・・・。

お空にいってしまった赤ちゃんというのは、パパママに小さな幸せをたくさん贈りつづけていると言われています
昨夜のことはその赤ちゃんからの贈りものなのかなぁと思いました。
だって、こんなにも幸せな気持ちになれたから

このブログで知り合ったお友達や私の周りにいるお友達、夫や家族、ペット、そしてお空の赤ちゃん。。
私はたくさんの人に支えてもらっています。。
本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。
私は幸せものなのかもしれない・・と、今は心から思っています

流産手術後 

December 13 [Thu], 2007, 9:28
お久しぶりです。。。
たくさんのあたたかいコメントやメールをくれたみなさん、本当にありがとうございました
とてもあたたかい気持ちになれて、私はひとりではないんだ〜と思えました。。。

私は、先月の11月26日に流産の手術(ソウハ手術)を受けました。
術後は、以前のポリープ手術の時と同じだろうと考えてたのは甘かったです・・。
手術後の診察で、まだ子宮に血がけっこうたまっているらしく塊が出てくると言われ、痛み止めをたくさんいただいたのですが・・・、その後本当に腹痛がひどくて辛かったです
子宮収縮剤の影響もあったのかもしれまでせんが、子宮がギューっと収縮する痛みが2,3分おきにおそってくる日が2日間ぐらいあって、それがものすごく痛くて1日中ずっとお腹をかかえてこらえました。
病院に電話しようか悩みながら夜になってしまい、夫が苦しがる私を見ていられずに、先生の携帯の緊急連絡先に電話したりしました。
でも、なんとかその後はだんだん腹痛もおさまって、1週間後の診察では「血の塊もないから、何をしてもよい」と言われ、順調に回復しています。
もう大丈夫かなぁと思っても、少量の出血や軽い腹痛があったりはしましたが、どんどん妊娠前の状態に戻ってきてます。
流産と言われても体は妊娠している状態で、手術日までは気持ち悪さや胸の張りはありました。
でも今は、体温も低温期に戻って胸の張りなどもいっさいありません。

気持ちの方もずいぶん落ち着いて、体が普通に戻るのと比例するように前向きになってきてます。
一時は、もう立ち直れないとか、もうがんばれないとか思ってしまいましたが、時が解決してくれています。
でも、いなくなってしまった赤ちゃんのことを考えると、まだ辛くて涙は出てきちゃいます
今、我が家には赤ちゃんのスペースがあるんです
そこには、小さいぬいぐるみとお菓子などを置いて、近いうちにお花も買って置いてあげようと思っています。
そして、先日は私の家の方のご先祖さまに赤ちゃんをお願いしてきました。。
向こうの世界でひとりぼっちだったらどうしよう・・とずっと心配だったので、ご先祖さまによろしくお願いしますと言ってきました。
あと、近いうちに赤ちゃんの供養にも行く予定です。。。
私たちのところに来てくれた赤ちゃん、、本当に愛おしくて大切な存在です

これからですが、、もう次の周期に卵を戻してもいいみたいです。。
次周期に戻すかどうかは、その時の私の気持ちで決めようと思ってます。
無理にお休みする必要もないけど、お休みしたいと思うかもしれないし・・・。
今回、こういう結果になってしまって、本当に辛かったし、この先のことも怖いです。
でも手術後に先生がこう言ってくれました。。。
「今回は残念だったけど、、妊娠出来るはずだから、またがんばっていきましょう。」
本当に心強い言葉でした

IVFまでやって、やっと妊娠出来たと思ったら流産・・・、こういう結果になるとやっぱり何をしても私たちの赤ちゃんには出会えないのかなと考えてしまいました。。
努力しても叶わない夢ってあるとは思うけど、赤ちゃんの夢だけはそう思いたくなかった。。
でも、叶わない夢なのかもしれない・・とか。。。
それは今は分からないけど、、、望みが少しでもあるなら前に進んで夢を叶える努力をするしかないんです。。
赤ちゃんというのは授かりものなんだと思う。
努力をしたから授かれるとか、努力をしないから授かれないとかではないんだと思う。
でも、気持ちの努力は必要であって、前に進む努力は絶対必要。。。
そして、挑戦する努力も必要。。。
私は前回の移植前後はやれることはすべてやったと思います。。。
整体、ウォーキング、冷たいものはいっさい飲まず、冷え対策、葉酸、岩盤浴、妊娠に良い食べ物、、少しだけ漢方、、etc。。。
努力がまだまだ足りないのか分からないけど、自分的にはがんばったと思います・・・。
そして妊娠出来たけど、流産してしまいました。
判定日後も、毎週注射も打って、やれることはすべてやりましたが、初期流産は医学ではどうすることも出来ないものでした。
そこで思ったことは、努力は報われるのかもしれないけど、最後は努力してもどうにもならないこともあって赤ちゃんというのは授かりものなのかもしれない・・と。
だからこれからは、もっと肩の力を抜いて焦らず、出来る範囲でがんばっていけばいいかなと思いました。
そして、この前来てくれた赤ちゃんにいつかまた会えると信じたい
今のこの私の気持ちが後ろ向きなのか前向きなのか分からないけど、肩の力は抜けたかんじはしています。。
そして、前に進もうと思っているのも事実です。
でも、今は不妊治療のこと、妊娠のことは、あんまり考えたくない気持ちでもあります。
考えても分からないし、先が見えないから・・・。

今月はもう12月で、1年って早いものですね〜
来年は、今年を繰り返さない生活を送ろうと思っています
きっといつか、、夢が叶う日を信じて・・・、前向きに過ごしていきたいなぁ

今の気持ち・・ 

November 22 [Thu], 2007, 9:31
みなさん、こんにちわ。
もうとうぶんここには戻って来ないつもりでしたが、やっぱり戻ってきてしまいました。
でも、まだみなさんのブログに遊びに行ける気持ちの余裕はなくてごめんなさい
先日の内容にコメントをくれたお友達、本当に本当にありがとう。。
きっとコメントをする時、どう書こうか悩んだんだろうなぁ・・と思います。
悩ませてしまってごめんね。。でも、すごくすごくうれしかったです。
あと、きっとコメントは残さないけど、私のことを見守ってブログを読んでくれてるお友達もいると思います。
いつもいつも見守ってくれて、本当にありがとう。
みんながどんな気持ちで、いつも私のブログを読んで応援してくれてるのは、ちゃんと分かってます。

最近は病院に行く以外は、ずっと家に引きこもっています。
なんにもしたくなくて、家事もほとんどしない状態です。
夫は夜遅くに帰ってきてから、食器を洗ったり、お風呂を洗ったり、Yシャツにアイロンをかけたりしてくれてます。。。
でも、昨夜、クタクタになっている夫を見て、こんなんじゃダメだ〜と思いました。。
そして、少しづつ気持ちが復活しているような気がします。。

昨日は病院にも行って来て、再度確認しました。
やはり赤ちゃんは見えず、胎嚢も前回より大きくなっていませんでした。
先生も悲しいのか苦しいのか辛いのか・・という感じで、いつもはハイペースな診察がすごくゆったりと私の気持ちを確認しながら、今後のことを話していました。
そして、26日の月曜日にこの小さい命とは本当にお別れしてきます。
不思議と手術なんて、全然怖くありません。
それよりも小さい命がなくなってしまったことが、辛いからかもしれませんが・・・。
流産かも・・と言われてからずっとずっといろんなことを考えていました。
自分を責めてはいけない。。今回は受精卵側の問題なんだから。。と言われていましたが、どうしても自分を責めていました。
そして、これから治療を続けていっても、また妊娠してもこういう結果になるんじゃないか・・?という恐怖もすごくあって、どうしていいか分かりませんでした。
昨日、看護婦さんに聞きました。
「1回の流産で、原因を確定するために検査する人はいないですよね・・、でも、この先、またこういうことが起こったらどうしよう・・って不安でいっぱいなんです」
そしたら、看護婦さんは、
「もう少し時間が経って落ち着いたら、考えていけばいいですよ。もし、今回のことでどうしても前に進めないのであれば、検査してみてもいいし・・」
と言っていました。
手術も終わって、時間が経てばまた気持ちも変わってるかしれないので、焦らずゆっくり過ごしていこうとは思っています。

やっとここまで来たのに・・と思っていたけど、そんなことはないのかもとも思ってきました。
ずっと焦ってがんばってきたし、IVFに進むのも早かったのかもしれない。。
まだ病院で治療をはじめて1年とちょっとなんですよね。
その間に、数回のタイミング、ポリープ&卵管手術、IVFと、、いろいろやってきました。
ずっと焦って早く早く・・と思ってしまい、ブログのお友達もどんどん妊娠していって、自分だけ取り残されるのもいやでした。
でも、今回思ったのは、妊娠出来る時は出来る、、そして妊娠出来ない時は出来ないということでした。
陽性の反応が出た時は、妊娠出来るんだぁと思って、流産宣告を受けた時は妊娠出来ない時は出来ないんだぁという事実・・・。
IVFでの流産率は普通より高いけど、たぶん私の年齢だと流産する人もその値よりすごく減るんだと思います。
なのに何でなんだろう??とずっと考えていました。
どうして私なの??って、、、。
でも、誰かしらはそういう状況になるんです。
それが私だった・・というだけなんです。
人生というのはこういうものなのかもしれない。。
やっぱり辛いこと悲しいことが多いものなのかもしれない。。
いつもいつもうまくいかないことが多かったけど、その悩んだ分、苦しんだ分、、いろんなことが得られてきました。
そして、最後には最高の幸せを感じてこれたことも多かった・・・。
だから、今回も今の状況もそう信じていけたらいいなぁと思います。

あと、少しづつですが、この先のことも考えるようになってきました。
でも、不妊治療については、まだ考える余裕はありませんが・・。
まだまだ、辛い気持ちでいっぱいですが、前を向こうと思えるなんて人間って案外強いなぁとも思ってしまいます。
無理にがんばろうという気持ちは全くないんですが、不思議とそう思えるんです。
昔よく友達に言われました。
「りかりんって、弱音ばっかり言うけど、案外強いよね〜、、我慢強いと思うよ、、だから絶対長生きしそう(笑)」
そう。。私は案外強いのかもしれない。。。

なんだかとりとめのない内容ばっかり書いてしまいました。
自分の気持ちを何でも言えるのはこの場所しかなくて、いっきに書いてしまいました。
こんな内容読んでくれて、本当にありがとうございます。
また、気持ちを整理するために書かせてもらうかもしれません。

私の大事なブログのお友達、、いつもいつも本当にありがとうね
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:りかりん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1977年
  • アイコン画像 職業:専業主婦
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング-パン作り、お菓子作り
    ・旅行-海外旅行(ヨーロッパ大好き)、温泉旅行
    ・テレビ-アメリカドラマ、韓国ドラマにはまっています。
読者になる
現在、不妊治療病院に通っています。
結婚4年目に入った赤ちゃん待ち主婦、、りかりん30歳です

2006年9月に卵管造影検査を受けて、左卵管が通ってないことが分かり、その後子宮内膜ポリープも見つかりました。
2007年3月に卵管鏡下卵管形成術と子宮内膜ポリープ切除の手術を受けました。
その後、卵管造影検査を受けて、再度卵管の通りを確認したところ、両卵管とも造影剤が通りませんでした。。
2007年6月に体外受精に初挑戦しましたが、残念な結果になりました
10月に、凍結胚盤胞移植をしましたが、稽留流産という結果になってしまいました。
今は体も気持ちも少しづつ回復してきて、またがんばっていきたいと思っています。

落ち込むことも多くとっても後ろ向きな私ですが、気軽にコメントくださいね
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
コメントありがとございます。
アイコン画像りかりん→みとさんへ
» 新ブログについて (2008年09月29日)
アイコン画像みと
» 新ブログについて (2008年09月29日)
アイコン画像りかりん→ももりんさんへ
» ありがとうございました。 (2008年07月07日)
アイコン画像ももりん
» ありがとうございました。 (2008年07月07日)
アイコン画像りかりん→ココリンさんへ
» ありがとうございました。 (2008年06月10日)
アイコン画像ココリン
» ありがとうございました。 (2008年06月10日)
アイコン画像りかりん→ポラリスさんへ
» ありがとうございました。 (2008年05月21日)
アイコン画像りかりん→ゆっぴーちゃんへ
» ありがとうございました。 (2008年05月21日)
アイコン画像りかりん→ふぅさんへ
» ありがとうございました。 (2008年05月21日)
アイコン画像ポラリス
» ありがとうございました。 (2008年05月17日)
お気軽にメールください

TITLE


MESSAGE