移動しました 

April 06 [Sun], 2008, 11:12
http://ameblo.jp/rika73/

新明解マリアン用語辞典【初版】 

March 26 [Wed], 2008, 14:38


『あめいるいる〜』
 スタジオの受付カウンターや休憩用テーブルの上に常備されてあるもの。
 練習後のマリアンは、シマウマを狙うライオンの如く
 これらに群がります。そして当然のように佳奈たんは出遅れます。
 最近は、受付のお兄さんが「あめあるよー」と声を掛けてくれます。

『う〜んこれこれ』
 成人式前に、家で鍋祭りをしました。
 明け方5時頃、睡魔が限界に達した麻依たんは、
 床の上で眠ってしまいました。
 布団を敷こうとしたけれど、麻依たんは石のように動きませんでした。
 風邪を引くといけないので毛布を掛けてあげました。
 そしたら麻依たんは、遠退いて行く意識の中、
 「う〜んこれこれ♪」といった感じで毛布に包まって、眠りに落ちていきました。
 あんときのあいつの顔、惚れた。

『ウチらすげー!マジ天才ー!』
 曲作りでマリアンが必ず使う台詞。
 おめでたい人たちの集まりなのです。

『エキス』
 マリアン自主制作CDのタイトル。
 ブックレットも全て手作りでした。

『おかず』
 佳奈たんの大好物。
 (※ドラム用語の意味でのおかずです)



『カブトムシみたい』
 みんなでスタジオへ行く途中、
 ギターを両肩で背負った愛子ちゃんを見て、
 わたしがさり気なく言い放ったことば。

『強靭な足腰』
 鵬祭(文化祭+体育祭)の体育の部の予行練習が終わった後に、
 みんなで自転車を漕いで、産経大に練習に行きました。
 麻依たんはギターを背負っている上に、
 ベースを背負うわたしを後ろに乗せて走ってくれました。

『キラー君重い』
 キラー君は、綾たんのお兄さん(長男)のベースです。
 綾たんはキラー君を持ってきて練習します。
 紫色で華奢なつくりなのに、ものすごく重い。
 そして練習前より練習後の方が明らかに重い。

『禁酒命令』
 19歳のときに麻依たんがお医者様から下されたもの。
 そんな麻依たんも、春から小学校の保健室のせんせいになります。

『グリッサンド』
 色んなものを誤魔化すときに使用する奏法。
 主な愛用者、わたし。

『コモたん』
 ライブハウスSR-BOXの前店長。
 わたしと愛子たんは人違いをしていて、
 一時期イケメンのスタッフを店長だと間違えていました。



『じだま』
 マリアンが最もお世話になった人。

『ジョイフル』
 マリアン最初のライブだった文化祭の打ち上げで行った場所。
 しかも高校から自転車で1、2分の距離のところ。
 昼間からアルコールを注文していたあの頃のわたしたちには、
 怖いものなど何もなかった・・・。

『スピード違反』
 佳奈母、麻依父、菜未母がよく捕まるもの。

『瀬戸内海』
 オリジナル曲「水草」のサビのドラムを、こんな感じが良いと
 わたしが佳奈たんに伝えたときの表現。“せっとな〜いかい”

『空を見てごらん、虹が綺麗よ』
 綾たんの携帯に、綾たんのお母様から届いたメールの内容。



『東京アリス』
 南高卒業ライブの打ち上げで、
 マリアンがじだまにプレゼントしたもの。
 包装を開けるところを麻依たんがムービーで撮影していました。

『トイレ閉じ込め事件』
 麻依たんと愛子たんは同じ小学校でした。
 けれどお友達ではありませんでした。
 ある日、麻依たんは嫌がらせをされていた女の子に仕返しをしようと、
 女子トイレにその子を閉じ込めました。
 さて、休み時間終わりのチャイムが鳴り、
 そろそろ勘弁してやろうとドアを開けた瞬間、
 麻依たんはようやく重大なミスを犯しまったことに気付きます。
 嫌いな子を閉じ込めたはずなのに、中に居たのは・・・
 居たのは・・・
 愛子たんだったのです・・・!
 麻依たんは走って逃げてしまいました。やっべ。
 中学は別々の学校でしたが、二人は同じ高校に進学し、
 マリアンで運命の再会を果たします。
 これは逃げられないと観念したのでしょう、
 麻依たんはカミングアウトして謝っていました。
 神様っていたずら好きなのね。



『ハッセーによる発声法』
 効果抜群。
 ハッセーは、OVER KIDSのギターヴォーカルで、
 マリアンが高校時代にじだまの次にお世話になった人です。
 ついでに言うと、何やら佳奈たんとちょっと、もごもご・・・

『ポックリ』
 綾たんのお兄さん(次男)がやっていたバンド名。

『ボス』
 ライブハウスZETTONのボスキャラ。
 頼りになるけれど、怖い。



『マイナーコード』
 マリアンが好む和音。特にAmが好き。
 オリジナル曲すべてにマイナーコードを多く用いています。

『マリアンって知ってます?』
 佳奈たんが南高の男の子に言われたことば。

『南宮崎駅』
 スタジオで練習するから宮崎駅に集合ねと言ったのに、
 愛子たん(B型)がやって来る場所。



『龍角散』
 ライブ前に麻依たんが必ず服用するもの。
 咳を止めるはずなのに、飲んだ後いつもむせています。

『レナさんに怒られるー』
 スタジオ練習が終わって、片付けをするときにマリアンが必ず使う台詞。
 いつだったか、ギリギリまで練習していて
 部屋から出るのが少し遅くなったのです。
 すると、レナさんという、次に入るバンドのボーカルに、
 鬼のような形相で睨まれたのです。怖かったです。泣きました。
 レナさんはマリアンより2つ3つ年下です。


わー!
自分も影響され過ぎー!

ロマンス指数 

March 24 [Mon], 2008, 14:59
この世のものすべてを数値化して欲しいです。
わからないことが多過ぎます。


高3の時に同じクラスだった嶋末とあっきーと飲みに行きました。
あっきーが最近、ジャニーズという美青年達に夢中だなんて言うのもだから、
さして興味のないわたしと嶋までも、どのグループなら誰がタイプかという
話題で盛り上がったりしてしまいました。あーくだらん♪
すると、隣の隣のテーブルに、なにやら見覚えのある顔があります。
麻依たんでした。なんという偶然でしょう。宮崎は、広いのです。
今回の休みは日程が合わないから、
麻依たんには会えないなと思っていたので嬉しかったです。
嶋の大好きなミスチルが掛かる帰りの車内では、
天皇家について熱く討論いたしました。


翌日は佳奈ちゃんと買い物に出掛けて、夜は飲みに行きました。
『遠田がいない会』の集まりで、南高卒の4人です。
朝倉くんが韓国のお土産に買ってきてくれた、
遠田に勧められたという虫の缶詰は、
この世にこんなものがあったのかと驚く程の美味しさだったので、
今度遠田に会ったら、お礼の鉄拳をお見舞いするつもりです。
わたしはキャラ迷子になりながら、お酒をたくさん飲みました。
トイレともお友達になれました。
よく覚えていないけれど、とても楽しかったです。
なので、もうお酒を飲むのはやめようと思います。

次の人生からね♪


次の日は薄ら二日酔いになりながら、
助手席にパンチを乗せて運転の練習をしました。
二日酔いでも飲酒運転になるらしいので、良い大人はマネしないでね('ー'*)
以前うるさいおばちゃん(母)を乗せて練習したときは
わーわー言って集中出来ませんでした。
パンチは大人しく座っているので、快適に運転できます。
でも、バック駐車は苦手です。
性格がひねくれているので、車もどうしても斜めになってしまうのです。
うるさいおばちゃん曰く、初心者は多少駐車が下手でも許されるそうです。
「これでよしとしよう」と思えば良いそうです。


昨晩はマリアン(麻依たんは卒業式の為欠席)で集まりました。
マリアン行き付けの『はに和』で。
色々とサービスして頂いて、ご機嫌で飲んで喋りました。
最後はデザートまでもらっちゃった♪わー!
マリアンでカラオケに行くと、必然的にアニソンに偏ってしまいます。
愛子たんがハルヒを歌ってくれました。惚れるね、あれ。
ロッキンポ殺しを歌ったら一気に声が枯れたり、
WHITE BREATHの映像が宮崎の名所巡りだったり、
帰りに京都から来たというおばちゃんに絡まれたりして、面白かったです。

迎えを待つ間、みんなに会えて本当に
良かったという話を佳奈ちゃんとしていました。
高校からの付き合いだから、もう7年になるなんて、
ため息が出ちゃうね。出ないけど。
これからも、結婚しても、離婚してやさぐれても、騙されてどん底に堕ちても、
借金を作って夜逃げしても、シワとシミに悩んでも、おばあちゃんになっても、
何があってもずっとこうして集まって話したり遊んだりしたいです。
会いたい人がいるから、頑張れます。


------春の5曲------selected by 自分

・力強い春の風に乗り込んで行きたい曲
 smells like teen spirit/NIRVANA

・また四月が来たよ
 ギブス/椎名林檎

・夜の生温い空気が不安を助長させる曲
 perfume of love/glove

・桜の潔さに涙した曲
 桜坂/福山雅治

・全部忘れたい、全部覚えていたい曲
 MAY DAY/Plastic Tree

式日 

March 17 [Mon], 2008, 1:26
極めて慌ただしい一週間でした。

10日、ゼミの最後の飲み会がありました。
大名で創作料理を平らげた後、
先生御用達、赤坂のいつものバーで二次会でした。
街中で鳥肌実を目撃したと言う友人がいました。
この情報を前にして、わたしは動揺を隠すことが出来ますでしょうか。
いや出来ません、出来るわけがありません。
わたしも鳥肌中将に会いとうございます。

11日、部屋の片付けをしました。
花粉症が本格化して参りました。軽度ですけれども。
強烈なまでの粘膜への作用、特に朝と夜がひどいです。

12日、バイト後すぐに大学へ急ぎました。
卒業礼拝と卒業式の練習です。
卒業式で恒例になっている儀式がありまして、
名前の点呼が終わって、「卒業を認める」みたいな言葉の後に、
被っている帽子の房を左から右に移動させるのです。
その行為が卒業を意味するらしいのです。知らんけど。
その練習をさせられたところ、わたしの帽子の房は緩く付けられていた為、
移動したら房が取れてしまいました。あらま。
すると、すかさず台上で練習の指揮を
執っていた人(教授か職員かわかんない)が
「こら!そこ動かない!」とマイクで怒声を響かせました。
ちっ、これだから団体行動は嫌いなんだよ。
ひそひそ声で「わたしの房、緩いみたい」と周りの友人に言って
その場の空気を取り繕うとする自分も嫌いです。
夜は、晴ちゃんやあすみ達、仲良しな後輩5名と一緒に最後の晩餐でした。
大名のバブリーなイタリアンのお店で。
翌朝バイトがあるので、ここは我慢してノンアルコールのものを頂きました。
いつもの顔触れ、いつもの笑い声。
でも、今日でいつもの光景じゃなくなるのです。

13日、二つの卒業がありました。
丸一年間続けたFM福岡のアルバイトが今朝で卒業でした。
思えば、このアルバイトは一番長続きしたアルバイトでした。
他にはテレホンアポインターや、宮崎大学の売店の雑務や、
去年の夏は、あすみとプールでかき氷売りもしました。
とんかつ屋さんでは、3キロ太りました。ほっとけ!
週に2回、午前3時起きは毎回辛いものがありました。
普段から眠りが浅い方ですが、前の晩はさらに眠れませんでした。
3〜4時間の睡眠時間で、途中5回以上目が覚めるのです。
遅刻する夢や、本番中に原稿が読めなくなる夢を何度も見ました。
飛行機が自分の居る建物に突っ込む、似たような夢も幾度も見ました。
今日で最後だと意識すると気負いしてしまうので、
なるべくいつも通りにするよう努めました。
(いつも通りと言ってもいつも失敗ばかりですが)
リスナーの方々から、沢山のメッセージを頂いてしまいました。
もう、本当に本当に嬉しかったです。頑張って良かったと思いました。
かつて味わったことのない達成感でいっぱいで、歓喜いたしました。
(わたしにとって最後の)反省会では、スタッフ様方から
広島のガイドブックと村上龍の小説とぶっちぎりキーホルダーと、
さとり画伯の本日の絵画のコピーを頂きました。
最初はとても怖くて、雰囲気だけで殺されるくらい畏縮しまくっていました。
生放送後や反省会の後、何度怒られたでしょうか。
怒られなかったことの方が少なかったように思われます。
しかし、わたしは叱責される度にありがとうございますと言いました。
こんな自分なんかを叱って下さって、
あ〜ざいま〜す!!と思ってしまうのです。
毎回毎回、学ぶことがありました。
辛かったけれど、貴重な経験をさせて頂きました。
入館証を返却して挨拶を済ませて、迎えに来てくれた叔母の運転で大学へ。

4年間通った大学の卒業式でした。
正直言って、大学は面白くありませんでした。
環境の変化に上手く適応出来ず、1
年の初め頃に神経性腸症候群になりました。
編入しようとした時もありました。お金が掛かるのでやめました。
週4ペースで、まんだらけに通っていた時期もありました。
けれど、わたしが3年生になって、あすみや晴ちゃんや悦子や李奈ちゃんの
後輩が入学して軽音楽部に入ってきたときから、一気に楽しくなりました。
この二年間は、授業がある日も休みの日も関係なく、ほぼ毎日一緒に居ました。
どうして同じ学年じゃなかったんだろうと何度も思いました。
この4人に出逢えたことが、大学生活の一番の収穫です。
式の後は、両親と叔母と天神に買い物に出掛け、
大名にあるお洒落居酒屋で、ささやかに卒業を祝って貰いました。

14日、卒業パーティーがありました。
連日のハードスケジュールでふらふらしている身体に
鞭を打つ気持ちで早起きをして、室見にある美容室で着飾って頂きました。
有紀と待ち合わせをして、会場のグランドハイアットへ。
この日で友人らともう会えなくので、沢山写真を撮りました。
とっても大好きゼミの徳永先生や、
落研でお世話になった岩井先生にも挨拶しました。
これで、大学関連の行事はすべて終わりです。
夜は打ち上げのつもりで、両親・叔母と西新の焼き鳥屋さんで飲みました。

15日、部屋を探しに行きました。
今日も朝早くに起床して、両親と新幹線で広島に行ったんじゃけえのう。
母のバスガイド時代の同期の方が、
前以って良さ気な物件をいくつか下見して下さったお陰で、
半日で気に入る部屋を見つけることが出来ました。
わたしも両親も一発で気に入りました。
仲介をして下さった不動産会社の方も本当に親切な方で、
仲良くなったので、お昼は一緒に広島焼きを食べたんじゃけえのう。

16日、福岡を出る朝、大橋駅で李奈ちゃんと会いました。
わたしは本当に貰ってばかり、与えてもらってばかりいます。
ありがとうは、こっちの台詞です。

広島に行くまで、10日間くらい宮崎の春を満喫します。
ですが、準備することが多くて目が回りそうです。
今回はさすがにちょっと疲れました。

実録・弾丸トラベラー 

March 03 [Mon], 2008, 23:47
2月28日。
遠田と飲みに行く。
気を許した人間と飲むと、酒に負けがちだ。
気持ち良く酔っ払った。
我思うことを色々話した。
太陽系の話をした。
隠し場所の話をした。
少し懐かしい話もした。

29日。
同じゼミの友人、有紀と卒業旅行で宮崎へ行く。
(あたし旅行ちゃうやん、帰省やん!まあええわ!)
数時間前まで大名で焼酎を飲んでいた身体を奮い立たせて、
早起きして高速バスに乗った。
到着してすぐ、一平寿司に向かう。
元祖レタス巻きと、ふたが閉まらない程の
ワタリガニが入った味噌汁を頂いた。
県庁〜物産館に寄って、西都原古墳郡に行った。
勾玉作り体験をしたり、
古代の衣裳を着て写真を撮ったり、
考古博物館を見学したりした。
この考古博物館、リピーターになりそうだ。
展示物は相当古いのに、内装は近未来的だったから。
素敵過ぎた。しかも入場無料とは驚きだ。

3月1日。
鹿児島スイッチ、カチャ。
というわけで、早起きして鹿児島へ。
有紀は初鹿児島らしい。
鹿児島のシンボル桜島をはじめ、天文館通と、知覧に行った。
有紀は富屋食堂の話を知ってからずっと、知覧に行きたかったそうだ。
わたしも小学校の修学旅行振りに行きたかったんだ。
繋がってるね☆(←分かる人には分かる)
知覧特攻平和館を見て回った。
有紀が御祖父様から聞いた話だが、
特攻隊員として戦空に散っていった青年達はみな、
優秀で頭脳明解だったらしい。飛行機の操縦は難しいそうだ。
遺留品の展示の中に、数学を勉強したノートがあった。
もっと勉強したかっただろうなと思うと、
現代に生きる自分がいかに自由な生活を送っているか恥ずかしくなった。
そう言えば、そもそも、生きるって何なんだ。
閉館時間を過ぎていて中には入れなかったけれど、富屋食堂跡にも行った。

2日。
堀切峠で朝の日南海岸を眺めて、綾町に向かう。
ちょうど雛山祭りの時期だった。
雛人形と苔や花や草木を飾る雛山が、至るところにあった。
特に、普通のお宅の一室に飾られた雛山はすごく綺麗だった。
酒泉の杜で地ビール、地ビール♪
言っとくけど、28日から毎日飲酒してるからね。
有紀はアルバイトが待っているので、先に福岡に戻って行った。

3日。
佳奈ちゃんと山形屋で昼ご飯を食べて、市立図書館に行った。
バドミントンセットとなわとびと、
(わんこがしゃぼん玉を歌うから)シャボン玉セットを買って、公園で遊んだ。
言っとくけど、今日風が強くて黄砂が凄かったからね。
バドミントンは1回も続かずに飽きて、
なわとびは佳奈ちゃんが重っそ〜うに跳ぶから笑って、
でも縄が長すぎて勝手が悪くて飽きて、
シャボン玉はしばらく遊んだけれどやっぱり飽きた。
図書館に行って右寄りの話題について調べようとしたけれど、
見つからなかったので、心理の本を読んで二人で密かに笑った。
図書館の匂いって、自分の中では夏休みの匂いなんだ。

なんか今日ダメだ。
全然言葉が出て来ない。
いつもじゃんなんて言わないで。
本当のこと言わないで。うふふ。

実の会発足 

February 25 [Mon], 2008, 0:41
佳奈ちゃんと遠田とドライブに行きました。
運動公園前の蕎麦屋で昼食を摂って、
今日は県南方面へ行きました。
佳奈ちゃんが行きたがっていた、鵜戸神宮に行きました。
宮崎らしからぬ気温で、とても寒かったです。
途中、オナコウの、ありさ・内藤君カップルに遭遇しました。
お元気そうで何よりでした。
運玉を投げました。わたしだけ入りました。
願いは『とびこが食べたいー』でした。
佳奈ちゃんは『田代(サッカー選手)佳奈になりたいー』、
遠田は『(今年こそ)卒業したいー』でした。
二人とも、見事に砕け散ってしまいました。ホップステップ玉砕♪
遠田が自販機でスープカレーとやらを買って飲んだことは完全無視で参ります。

夜は、オナコウの朝倉君も合流して、四人で飲みに行きました。
実に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
習熟度別の英語のクラスで一緒だったのに(佳奈ちゃんも一緒)
一度も話したことがなかった朝倉君とも話せて、とても楽しかったです。
無口なのに、わたしがかける呪いにもいちいち突っ込んでくれて、本当に楽しかったです。
料理にとびこが入っていました。3品に入っていました。
運玉の力は本物かもしれません。
呪いをたくさんかけたので、疲れました。
今日のわたしはハイテンションでした。
少し酔っ払ったら眠くなりました。
おやすみなさい。

卒業旅行 

February 20 [Wed], 2008, 15:59
卒業旅行で、2泊3日京都の旅に行って参りました。
短大を卒業する晴ちゃんと、まだ四大を卒業しないあすみと3人で。
修学旅行でも行ったことがないわたしには、初京都でした。

一日目。
京都の空は雪模様でした。
ごめんなさい、わたし、京都の気温なめてました。
足が凍傷を起こすと思いました。寒かったです。
けれど南国育ちのわたしはどうしても雪が珍しいので、
「うへへ、雪だ雪だ」と鼻水を垂らしながら薄ら笑いで喜びました。

まず向かったのは、源光庵です。
金閣と銀閣も行きたかったけれど、後輩二人(主に晴ちゃん)に
「先輩どれも遠いよバカ」と言われたので、
泣く泣く、源光庵に絞ったのです。
どうしても、なんとしても、是が非でも見たいものがありました。
「悟りの窓」と「迷いの窓」を見たかったのです。
中学生の頃、兄の部屋にあったBOYという漫画を読みました。
おぼろ気な記憶しかないのですが、最終話辺りで、
主人公達が京都に卒業旅行へ出掛け、源光庵に行くのです。
そして悟りの窓を見て、「こ、ここ、これかー!!」みたいなシーンがあるのです。
もうその場面が強烈で強烈で。
とまあ、こういう理由です。
悟りの窓と迷いの窓を目の当たりにした私は、感無量でした。
念願だった、悟りの窓からこんにちはしている写真を撮ることもできました。

昼食は、京ゆば処「静家」で、湯葉づくしのお料理を頂きました。
小学生の頃、わが家なりに羽振りが良い頃でした、
家族旅行で福岡に来て、料亭で懐石料理を頂いたときに
初めて湯葉を口にしたのですが、当時はまだ子供だったのでしょう。
何が美味しいのか理解に苦しむ味でした。
その思い出があって、湯葉湯葉ゆば〜ば♪とはしゃぐ二人とは対照的に
わたしは、ふぅん、湯葉ねぇ。といった感じで入店しました。
ところがどっこい。あの日あの時あの場所で食べた湯葉は何だったのでしょう。
すっかり湯葉愛好家になってしまいました。
湯葉のお刺身もステーキも甘く炊いたものも全部美味しかったどす〜。
湯葉をすくった後の豆乳に、にがりを投入してできた豆腐には驚きました。
思わず、「固まっとるー!」と叫んでしまいました。

次に二条城へ行きました。
老中が使用していた部屋とか、
徳川慶喜が大政奉還を言い渡した間などを観ました。
成績は悪かったけれど、日本史を選択していたので、
小さい感動がいくつもありました。

その後、新京極を歩いて回りました。
旅番組でよく見る、錦市場にも行きました。
京都はどこへ行っても、日本的な外観だったり、
昔のままの情景を保っていて、本当に良いところやわぁ。
よーじやカフェで、あの顔が見たくて好きではないカプチーノを頼みました。
運ばれてきたキュートなお顔に、可愛いどすなぁと声を掛けたくなります。
1、2分わーわー言ったら容赦なく混ぜましたけれどね。


二日目。
着物をレンタルして、和装で観光しました。
しゃなりしゃなりと歩いて、まずは清水寺を目指しました。
本堂に入り、清水の舞台へ出ました。
生憎の曇り空だったので絶景とまでいきませんでしたが、
これが清水の舞台かと、京都にいる今を確かに感じました。
地主神社や音羽の滝の前をしゃなりしゃなりと歩き、
お昼を食べに、茶蕎麦処に入りました。
温かいおしぼりが出されたときの三人の食い付き様、
まさに餌に群がる猛獣のようでした。寒かったのです。
大好きな蕎麦を食べて、温まったところで次の場所へ。

六波羅蜜寺に向かいました。
日本史の資料集で見た、口から阿弥陀を出す、
あの空也上人像を見たかったのです。
本堂でお参りし、奥で待つ空也はんの元へ。
実物を拝見するまで、口から阿弥陀を出す、ということが
どうしてもピンと来なかったけれど、ようやくこの目で認めることが出来ました。
確かに、六体の阿弥陀がピョロピョロ〜と出ていました。
ようやく会えましたね、空也はん。
森羅万象に生命を感じ、今日あることを喜び、歓喜踊躍しつつ
念仏を唱え続けたあなたを人生の手本にしたいと思いました。

三十三間堂に行きました。
千体の観音像がご本尊するそこは、まさに圧巻でした。
(その日はお一人修復に出られていた為、実際は999体でしたが)
あすみに、一体の観音像を指して、
「あれ誰かに似てると思ったら、先輩の寝顔にそっくり」
と言われても、寛大な心で許してあげられるほど、荘厳な光景でした。

その後、着物を返却して祇園、四条周辺を歩きました。
夕飯は都路里茶屋で、京雑炊と抹茶のアイスを頂きました。
美味しかったどすえ〜。


三日目。
のんびり起きて、のんびり朝食を頂いて、
チェックアウト時間ギリギリにホテルを後にしました。
京都駅の土産物屋を回り、生八つ橋やお漬物や扇子を購入しました。
支払いを済ませたときに店員さんが言う「おおきに」が大好きです。


残り少ない学生人生、また一つ大切な思い出が出来ました。
あすみ、晴ちゃん、本当にありがとう。


【悟りの窓】

【よーじやのカプチーノ】

【六波羅蜜寺前】

新宿屋でした 

February 12 [Tue], 2008, 14:40
10日。
新宿屋主催のライブだった。

修ちゃん、ユタカさんらが所属するグリースモンキーをはじめ、
秋に対バンさせて頂いた童貞BOYZとAxisと、
今回初めてお会いするBerberが一緒に出て下さった。
愛子ちゃんも北九州から駆け付けてくれて、新宿屋でギターを弾いてくれた。

一番手のAxisさんは高校生らしい爽快感と安定した演奏で、
最初からクライマックスというライブタイトル通り、盛り上げて下さった。
童貞BOYZさんは、エネルギー溢れる演奏と巧みな話術と
モネマネを披露して下さって、爆笑を誘った。
Berberさんは、初ライブだとは思えない程完成度の高い演奏だった。
グリースモンキーは、言わずもがな最上級のステージを披露して下さった。
1年4ヶ月振りのライブだと修ちゃんは言っていたけれど、
しかも言う度に噛んでいたけれど、絶対嘘だ。
こんな凄い方々に出てもらって、新宿屋は幸せ者だ。

手の甲に「神」、あすみは「乱」と「交通」、愛子ちゃんは「実」、
悦子は北斗七星を書いていざ本番。

アイデンティティ
私生活
秘密(Dynamiteアレンジ)
病床パブリック
幸福論〜悦楽編〜

緊張はしたけれど、楽しかった。
MCの時にユタカさんから無茶ぶりされて戸惑ったけれど、楽しかった。
皆さんが盛り上げて下さったから、本当に楽しかった。
しかも、アンコールまで頂いた。思いもよらぬ事態に多少焦ったが、
歌舞伎町の女王をやってとリクエストもあって、最後に歌舞伎町を演奏した。
ライブでは挨拶するだけだった方々とも、打ち上げで色々とお話出来た。
演奏も最高だが、人柄はもっと最高な人ばかり。
わたしは相変わらず、人付き合いもベースも下手くそで
進歩しないけれど、バンドをやって良かったと思った。


11日。
軽音楽部の卒業ライブだった。

昨夜は深夜に帰宅し、疲れと酔いが少し残ったまま、
朝一で親富孝のスタジオに練習に行った。
練習後、みんなでもんじゃ焼きを食べた。
前回も同じように、ライブ前にもんじゃ焼きを食べたなと思っていたら、
席も同じ所だった。

地下鉄に揺られて西新に移動、
今回もライブハウスJAJA様にお世話になった。
ありがたいことに、友達のあーちゃんと明日香ちゃんが見に来てくれた。

まず一番目で、一発バンドの大黒屋で
エルレガーデンのFire Crackerをやった。
この1曲のためだけに、ライブTシャツと半ズボンとスニーカーに着替えた。
気合いは十分だったのに、いっぱい間違えた。
30回は間違えた。ごめんなさい。ミィー。

5バンドが終わって、新宿屋最後の実演の時間が来た。
今日は「仏」、あすみは「玉砕」、悦子は「筋肉」、
愛子ちゃんは晴ちゃんへの気持ちを込めて(笑)、「反省」と書いた。
一曲目のアイデンティティから、新宿屋の飛び道具、拡声器を使って演った。
これが学生最後のライブだなとぼんやりしていたら、間違えた。
ぼんやりしてなくても間違えたけれど。
最後に演奏した幸福論は、まさに悦楽だった。
高速だったから一瞬で終わっちゃったけれど、心から楽しかった。

天神に戻って、居酒屋で打ち上げた。
睡眠不足で頭痛気味だったので、控え目にするつもりだったのに。
二杯目から、早くもあすみと、両手にグラスを持って
橋本聖子で一気をしてしまった。
しかも悦子しか見てなかった。そして負けた。この世は下剋上なのだ。

その後も各テーブルを回りながら、自らあすみと一気飲みをした。
半年以上前に泥酔したときに仕出かしたことで、
一つだけ明かされてないことを晴ちゃんに聞かされた。
直ぐさま晴ちゃんに土下座した。晴美様、本当にかたじけない。
後半、春に卒業する晴ちゃんとわたしは、お花とプレゼントを頂いた。
あすみと悦子がプレゼントを選んでくれたという。
二人共忙しく過ごしていたのに、そんな中で買いに行ってくれて、
ああでもないこうでもないと選んでくれたみたいで、胸がいっぱいになった。

四年前、大学に入学して、友達が一人も居なかった。
その状態を放っておくと、どこまでも一人遊びをしそうだったので、
軽音楽部に入った。(ちなみにその後、放研と落ち研にも入部して、
毎回学園祭で死ぬはめになった)
けれど、林檎好きな人がいなかったので、いつも個人練習をしていた。
練習予定表がバンド名で埋まる中、一つだけわたしの苗字があった。
そんな二年間が続き、3年になった春に新宿屋の三人が入部して、
目くるめく軽音楽部ライフが幕を開けたのだ。

形あるもの、ないもの、わたしは貰ってばかりだ。
先輩として、何をしていただろうか。
”先輩らしい”どころか、”先輩なのに”ということを
数々やらかしていたように思う。
それではいけないと思いつつ、ついいつもみんなに甘えてしまった。
本当に居心地の良い場所だった。

今日は公共交通機関が動いている内に帰宅。
あすみと二人で、重い楽器を背負ってバス停近くまで歩いた。
郵便局前で別れた。いつもの光景だ。
何度この場所で「またね」と言っただろう。
もうすぐ、いつもの光景じゃなくなるんだ。



 

強敵は証明写真のレンズでした 

February 05 [Tue], 2008, 9:45
卒論が終わった開放感いっぱいで、実家に帰った。


普通自動車免許の筆記試験を受けに一ツ葉へ。
筆記用具を忘れるという初歩的かつ致命的なミスをしてしまった。
急いでローソンに立ち寄って、一通り買って揃えた。
朝から無駄な労力を使ってしまった自分にうんざりしながら受付けを済ませた。

高校生や大学1年生だろうと思しき受験者だらけだった。
相当騒がしかったから。
しかも性別関係なく、だっぼだぼのトレーナーや、
上下同色のジャージを着ている若者が多くて、
これから受験して、合格したら写真を撮るのに、
おまえさんその格好でよろしいのですか?と疑いたかった。

合格者発表があって、いよいよ写真撮影が行われた。
実は、先週大名のサロンに行ったのは、この日のためである。
先に免許を取った友人らが口を揃えて
「座ったとたんに写された」と言っていたので、
自分は抜かりなく済ませようと、並んでいる間に前髪の位置を決めて、
表情も固めたまま撮影に臨んだ。
一瞬だった。目にも止まらぬ速さとはこのことか。
手馴れたおじさんが「はいここ見てねー」と指した先が確認できず、
え?レンズどこ?と思ったその瞬間に撮られてしまった。
出来上がった免許証を見ると、やはり焦点が合ってなかった。

完璧な証明写真を撮ろうとしたのに、
思わぬ所で足を取られた自分にうんざりしながら帰宅した。



佳奈ちゃんと遠田の3人で、遠田家のベンツでドライブに出掛けた。
目的地の綾町を目指すが、方向がわからなくて1時間うろうろしてしまった。
案内標識を頼りに、後半からはナビ君がご機嫌を取り戻してくれて、
ようやく綾の大吊橋に到着した。
雨男のせいで天気が悪く、霧が濃くて景色が綺麗には見えなかったけれど、
二人が高所恐怖症なので、実に愉快に橋を渡った。
照葉樹林に囲まれた遊歩道も歩いた。
小雨が降る中、傘を差してブーツで山道を歩くのは容易ではなかった。
きゃっきゃ言いながら先を急いだのは最初の5分くらいで、
その後は、後悔と滑りやすい地面と戦いながらひたすら歩いた。
途中、玉突き事故も起きた。幸い負傷者は出なかった。

酒仙の杜に寄り道した。
運転役の遠田に悪いと思いながらも、遠慮なく試飲した。
閉園間際だったので、急ぎ足でまわった。
各自、ワインを土産に購入して、市街に戻った。

夜は、仕事を終えた綾ちゃんも合流して、
車を家に置いてきた遠田とも再合流して居酒屋で飲んだ。
高校の頃みたいで楽しかった。
全員とびこ好きということが発覚したので、とびこ会が結成された。
2次会は、ショットバーで。
風邪気味の綾ちゃんは抜けてしまったけれど、
遠田の友達Y氏が加わって、4人で飲んだ。
後半、カラオケでY氏が歌った遠田の元カノを入れた替え歌は秀逸だった。
飲んだし笑ったし、実に愉快だった。よは満足じゃ。

終わった 

January 29 [Tue], 2008, 15:13
人生、終わった。



う・そ♪

卒論が終わりました。
思えば夏頃にスランプに陥って、
テーマを『しょこたんブログの人気の秘密』に
変えようとしたことがありました。
温厚柔和な教授に一喝され、
「ですよねー」と、あっさり元のテーマで行くことにしました。

今年に入ってからは卒論漬けの毎日でした。
朝起きて大学の図書館に行って帰るという、
単調かつ過酷な日々を過ごしていました。
片道一時間もかけて、百道浜にある市立総合図書館にも行きました。

けれど、時々現実逃避もしました。
修司寺山の著書の中にある『百行書きたい』を読んで、一人で笑いました。
大好物の蕎麦を食べに、熊本県の山奥にある蕎麦街道へ行きました。
稲毛と、共通の友人であるのんちゃんと三人で、
西新の焼き鳥屋で飲みました。その後遊びに行きました。
関西の大学に通う幼なじみが、留学しました。
出発前夜にいってらっしゃいのメールを送りました。
何処へ留学するかは向こうも言わないし、こちらも聞きませんでした。
大名のサロンで、久しぶりにカラーリングをしました。
長くないのに、デジタルパーマもかけました。
頼んでいないのに、前髪はパッツン気味になりました。
暇さえあれば、佳奈ちゃんと電話で話しました。ホワイトプランの思う壷です。
母が出張で来て、叔母も一緒に食事に行きました。
噴水のように流れるチョコレートフォンデュをしたら、母が苺を中に落としてしまいました。
見つかりませんでした。
後輩あすみが、「サボる」は「サボタージュ」の和製語だと教えてくれました。
スコアのリピート記号の正しい解読も教えてくれました。
自分の知らないことは、まだまだ沢山ありそうです。
半年振りに会った友人と、西中洲の地鶏料理屋に行きました。
二人で4時間半も居座りました。

もう一度言っておきますが、卒論漬けの毎日でした。
やっと呪縛から解き放たれます。
と思ったら、2週間後にライブがありました。常に何かに追われています。
たまには追ってみたいです。そこで、明後日から放浪の旅に出ようと思います。

う・そ♪

運転免許の筆記試験を受けに実家に帰るだけです。


実演予定
■2月10日
 新宿屋主催
「やってやりんす上等よvo.1〜言っとくけど最初からクライマックスだよ〜」
場所 KING BEE
開場 17:30
開演 18:00
料金 1000円(別途ワンドリンク)

■2月11日
軽音楽部卒業ライブ
場所 西新JAJA
開場 16:30
開演 17:00
料金 無料
自己紹介
■名前■ナミヘイ
■誕生日■7月14日
■血液型■AB型
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
意見・感想
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» 移動しました (2009年05月11日)
アイコン画像ナミヘイ
» 終わった (2008年02月23日)
アイコン画像mabo
» 終わった (2008年02月21日)
アイコン画像ナミヘイ
» 終わった (2008年01月31日)
アイコン画像mabo
» 終わった (2008年01月30日)
アイコン画像ナミヘイ
» 至福 (2007年11月13日)
アイコン画像おかゆ
» 至福 (2007年11月10日)
アイコン画像ナミヘイ
» 詰まるところ (2007年10月09日)
アイコン画像mabo
» 詰まるところ (2007年10月06日)
アイコン画像ナミヘイ
» 詰まるところ (2007年10月04日)
Yapme!一覧
読者になる