北朝鮮のミサイル発射を受けて、中川昭一氏「核の議論あってもいい」と発言

April 06 [Mon], 2009, 13:33

自民党の中川昭一前財務相は5日、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に関し、


「発射基地にどう打撃を与えるのか。核兵器の運搬システムが完成するのであればどう対抗するのか。

議論の一つに核に関する議論もあってもいい」と述べた。

日本の核兵器保有も含め論議が必要との考えを示したとみられる。都内で記者団の取材に答えた。

 

これについてのネット上でのご意見↓

 

----

核の議論以前に「発射基地に打撃を与える」のは、憲法上無理じゃないの
この酔っ払いはそんな事も考えてないのかな
 
----
 
発言力の落ちてる今だからいいんじゃね?
以前みたいに大騒ぎにならないから。

いつの間にか、核についての議論が普通にできるようになってたりして。
----
 
核とまでは言わんが、長距離巡航ミサイルとミサイル潜水艦ぐらいは持つべきだな
 
----
 
持つ必要はなくとも議論はあっていい
 
----
 
核は今でも抑止力としての効果が期待できるんだから
保有を検討する価値は十分にあるよ
 
----
 
 
 
やはり昨日のミサイル発射で、少し過激な方向に議論が傾いているようです。
核保有、先制攻撃などについては、戦後の日本を支えてきた命題だけに、
これをひっくり返すとなると、生半可な議論では難しいのではないでしょうか。
 
いずれにしても、こういった問題に対して、しっかり議論することは必要だと思います。
 
 
----
【PR】Yシャツ専門店