ポリプテルス・ラプラディの若松

September 23 [Fri], 2016, 21:46
邦人男子の多くが、やがてしっかりと合うレベルの割合で苦しむことになるのが「薄毛」だ。薄毛には、AGA(男子形状抜け毛症)を基本として、各種恰好があります。そして、その恰好ごとにトリガーが異なると考えられています。

また、薄毛には変わった呼び方が付されることが多いです。一般的な「M言葉」、「O言葉」、「A言葉」など、アルファベット1ワードで表現される薄毛がベースとなって、これらが複合、もしくは悪化した薄毛ほど、変わった名で呼ばれることになるという印象があります。

たとえば、代表的なところでは「カッパはげ」、そして「落ち武者はげ」など、薄毛の恰好がその名称から直ちにイメージできるということも珍しくありません。そして、こういう薄毛はそれほど全部、「大層進行した薄毛」であることが考えられます。

そんな中でも、大層有名な舞台に入ると思われるのが、いわゆる「バーコードはげ」だ。バーコードというと、あらゆる品のパッケージに印字された品の識別開示ですが、特有の縞感覚は、確かに派手カテゴリーの特有の感覚であるといえます。そして、薄毛を発症している男子の取り分け案外見られるのが、こういう「バーコード」のような縞感覚が頭部全面に描かれている薄毛だ。

ただ、こういう薄毛に関しては、もちろんなんらかの原因があってそれが「バーコードのような薄毛」をもたらしているわけではありません。一般的に「A言葉形状」もしくは「U言葉形状」などと呼ばれる薄毛が進行し、前頭部から頭頂部、頭頂部から後頭部にかけてのヘアが総合抜けてしまい、残るゾーンを長く伸ばし、これを薄毛の部分に代用しようとした結果、バーコードのような感覚が適うのです。

要するに、いわゆる「落ち武者はげ」の状態で、作用に垂れ下がった部分の髪を、頭頂部方面に持ってきたのが、バーコードはげの正体だ。ですから、バーコードはげの原因としては、やはり「A言葉形状薄毛」や「U言葉形状薄毛」のトリガーとほぼ同じということになります。

では、こういう「A言葉形状薄毛」や「U言葉形状薄毛」の原因は多々いうと、こちらは、今度は「M言葉形状薄毛」、「O言葉形状薄毛」の複合形状の薄毛ということになりますので、「M言葉」、「O言葉」のトリガーを捜索する必要があることになります。

大まか、薄毛の明確な原因はわかっていませんが、M言葉の場合は遺伝をはじめとする先天的な原因が、そしてO言葉の場合は、生活習慣の不整などにコーナーを響かせる後天的な原因が考えられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rihciasosedhsn/index1_0.rdf