河瀬の江原

March 23 [Wed], 2016, 23:28
どんな転職の理由がよいかというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を書き出してください。そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。その次に、その内容をできるだけ暗くならないように表現の仕方を変えてみてください。転職することに至った経緯が長くなると言い訳がましい印象を持たれてしまうので、手短に説明しましょう。転職したいときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職を考えている方にもおすすめしたい資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務とか経理関係の職を得られやすくなります。違う仕事に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実情はどうなのでしょうか?結論から言うなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、懸命に努力を重ねれば異なる職種に就けることもあると思います。転職するなら、不動産業界にしようと思っているのなら、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。宅建主任者資格保持者でないと、会社によって採用を見合わせる場合も報告されています。その仕事内容によってどのような資格が必要となるか違いますから、転職の前に、仕事に見合った資格を取得しておくのも良い方法です。転職する際に求められる資格というのは、専門職の他は、そんなに多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格が強いといえます。特に、建築や土木関係では、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を所有していないと業務ができないという仕事も多いため、狙いやすくなっているかもしれません。給料アップのための転職を希望されている方もたくさんおられるでしょう。確かに仕事を変わることで年収アップが見込める可能性はあります。でも、反対に年収の減少を招いてしまう恐れも考えられることを十分理解しておく必要があります。お給料を増やすためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが大切なカギとなります。転職の際に、仕事をじっくりと探そうと思うと、それなりに時間を必要とするでしょう。今の仕事を続けつつ、次の仕事を探すには、転職のために費やせる時間は多くは取ることはできないでしょう。そんな時に、一度試して欲しいのが転職情報を集めたサイトです。転職サイトに登録をすることで、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも協力して転職先を探してくれるのです。焦燥感に駆られながら転職活動をすると、目先のことにとらわれて、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選択しがちです。その結果、前歴よりも収入が減ってしまう事があります。これだと、一体何のために転職してしまったんだろうと悔やむことになります。所得を増やしたいと思っているのなら、じっくりと仕事を探してください。転職理由は書類選考や面接の中で大変重要です。相手に納得してもらう理由が無い限り評価が落ちます。ところが、転職する理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いかもしれません。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、苦労するのが、この転職理由です。普通、転職する際に、有利だと思われている資格に中小企業診断士をあげることができます。中小企業診断士の資格があれば、経営に関する知識を証明することができるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認めさせることができます。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽翔
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rigtesnkameass/index1_0.rdf