視線を感じる

March 16 [Fri], 2012, 18:28
この頃会社の中でどこからか視線を感じるんです。気のせいかなぁ?っと思ったり、自意識過剰かとも思ったけれど、やっぱりどっかから感じる。見られてる。仕事中はさすがにあまりキョロキョロ出来ないから、お弁当を持参してお昼休みに視線の主を探すことにしました。本を読みながらお弁当を食べて、本からちょっとだけ視線をずらす。ちらりとそちらに目を向けてみると、意外な男性がそこにはいました。わたしは視線の主が誰だかわかると視線を本に戻してお弁当を食べ続けました。わたしは部署内ではあまり目立たない方で、真面目に仕事をしている地味なOLと、自分では思っています。視線の主はわたしとは違う、彼あってのこの部署のような存在。わたしとは会話なんてしたことあったかなぁ。記憶にあるのは、「僕の分もお弁当買ってきてもらえますか?」「はい、みんなと一緒のお弁当にでいいですか?」だけかな?会社で同じ部署なこと以外、接点なんてあったかしら・・・。何故かしらねぇ・・・。わたしのメイクが崩れたり、ストッキングが伝線でもしてるかしら・・・。この日からわたしも彼を気にかけてみました。それで気づいたのは・・・この人は他人から見ても気づくくらいにわたしのことを見てる。

もてる女・男になろう

February 08 [Wed], 2012, 15:38
よく、出会いの場がないから、彼氏や彼女がいない
という人がいますね。
そういう人は、出会いの場がないのではなく、自分から動こうとしてないだけ
ではないかと思います。
合コンやお見合いパーティに行くよう勧めているサイトもありますが、
出逢いはそれだけではないはずです。
例えば、友達に紹介してもらうというのも、出会いのきっかけ
ですし、インターネットのサイトを使うのも、一つの方法です。
私の友人は、「私の、白馬の王子様は、落馬してどこかさまよっているから、彼氏がいない」
なんて、ギャグのような言い訳をしていたことがありますが、もてる男・女に
なるには、これらの言い訳をしないようにしましょう。
そして、自信を持つこと。これが一番だと思います。
そして、相手の立場や思いを考えて、常に笑顔は忘れないのがどんな人と付き合ったり
結婚したりするのでも重要となってきますよ。
それが出来ればみんな別れず、円満になるでしょという声が聞こえてきそうです。
彼氏や彼女、配偶者をうまく操縦して、おだてて育てていくのもあなた次第です。
あ。でも、浮気が不安だから、メールチェックするのは男女の関係に大きな溝ができるし
悪趣味なことは止めましょうね。

くせになりそうです

January 30 [Mon], 2012, 11:18
最近のスキンケアって洗い流さないタイプのパックが出ているそうですね。昔からパックと言えば塗ってしばらく放置して剥がしたり、洗い流したり、拭き取ったり・・・肌にそのまま残しておくという概念があまりなかったような気がします。姉が買って来て使っている「B.A ザ マスク」は凄い効果があるという言葉だけは何度も姉から聞いていましたが、今回体調を崩したのを機会に姉のを借りて使ってみたんです。簡単に、「B.A ザ マスク」は普段のスキンケア、化粧水や乳液、美容液では感じられない効果を感じることができる、そういう感じです。ひと言、凄いです(笑)夜のスキンケアの時、化粧水の後に「B.A ザ マスク」を使うだけ。塗ってしばらく放置してあとはハンドプレス。だいたい5分もかからないで終わるこのケアだけで、翌日のわたしの顔はくすみも抜けてワントーン明るい肌に、毛穴の閉まった全体的に引き締まった表情、ここのところ全く見ていなかった若返ったわたしの顔がありました。ただただ、感動ですね。クセになりそうです。でもお値段が高いからしょっちゅう使うには勿体ないというか、無理があるというか。週に1回とかそういった周期が限界ですね。なんとか使い続けたくなる一品です。

戒めと理解

November 28 [Mon], 2011, 18:48
先日、旦那様が4度の浮気をしたことで、泣きながらご相談にこられた女性がおられました。
肉体関係はないものメールで会う約束やSEXをする約束、仮想SEXまでおこなっていたようです。
過去3度の浮気をしてきた旦那様。最初の浮気相手とは1度肉体関係をもった事実もあるようです。
ですから今回肉体関係が無かったとしても、見つからなければいつか会っただろうと旦那様を女性は信じることができないようでした。
それだけではなく3度もの浮気を許してきた女性はご自分が悪かったのかと非常に精神を病んでおられました。
現在、旦那様は携帯に様々な規制を行い、女性がメールまで全て把握できるようにしているようですが、それでも裏切られているのではないかと非常に恐れていました。
そしてこれらの戒めを解けば元に戻るのではないかと。
わたくしも、同じ考えです。
戒めることが大切なのではなく、そこから最も大切なパートナーを傷つけることの重大さを学ぶべきで、痛みを理解しなければ何も変わりはしないのです。
わたくしは女性に離婚をお勧めしましたが、女性は旦那様を愛していらっしゃいました。
こんなに傷ついて嫌いになりきれないのだと。
それは旦那様の良いところをわかっていらっしゃるからなのだと思いました。
愛することは許すことです。
わたくしは改めて確信いたしました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:riemcorkckm123
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる