Main
悪夢は連鎖反応 / 2006/05/23[Tue]
今日はやっちまった…(鬱

rieはあるホテルのサービスマンで、今日は隣のホテルにヘルプに行った訳なんですが……本当やっちまった…orn

シャーベットをサービスする時に起こっちまいました、悪夢…↓

シャーベットはお皿の上にレースペーパーを引いて、更にその上にカクテルとか入れるようなグラスに入れてお客様に出すんですが…



すべった



すべりおちた


つるっ…!と







|||○| ̄|_|||チーン




その場で死にたくなりました



お客様は離席中だったから無事だったけど本当ありえない

しかもグラス割れたから念のため出てたお皿下げて、キッチンさんに新しいの作りなおしてもらったから始末書沙汰

周りの人の優しさが痛かったです…


…今月はグラスや灰皿も自分のホテルで割っていろんな人に迷惑かけたのに、他のホテルでまでやるとは…

いつもならありえないミスがこんなに短期間に何回も起こると、折角ちょっとずつついてきた自信も消え去りました

もう顔向けできないよ…鬱。

 
Posted at 22:12 / 何も無い、何気無い日常サイクロイド / This page's URL
Comment(0)
Prologue / 2006/05/23[Tue]
夏の明るい日差しがカーテンから遠慮がちに入ってくる。そんな窓際のベッドでアリスの一日がようやく始まろうとしていた。
「おはよう、アリス。いい加減起きた方がいいと思うがね」
右足はタオルケットにぐる巻き、左足はベッドの下。何か嬉しいことがあった訳でもないだろうが万歳三唱のポーズでヘソ出しルックという無様な姿で寝ているアリスに、トムはほとほとため息をついた。
アリスの朝食兼ランチに、と持ってきたフレンチトーストや紅茶のいい香りが極上の寝覚めを演出している。なのにこの子はまるでロックンローラーのような髪型のまま幸せそうに夢の中だ。
何度呼んでも返事の無いアリスにトムは三度目のため息をついた。この状態のアリスをこれ以上待っても無駄なのはいつものことで、もし無理矢理に起こそうものなら不機嫌の塊そのもののアリスから鉄槌が飛んでくるだろう。残念ながらここ三年の間でトムはよく思い知らされていた。
あきらめたトムはカーテンをシャッと勢いよく引き、窓もついでに開けて階下へと降りていった。
まったく、アリスは困った眠り姫だ。
雲一つ無い青空から心地よい風がゆるゆると何も知らないアリスの頬をかすめていった。

next...  
Posted at 00:35 / HPPS / This page's URL
Comment(0)
始まりはパラノイア / 2006/05/23[Tue]
はじめまして(о′∀`)ノ

今日からちまちまブログ書いてこうかななんて目論んでたりするrieといいます

そもそもこのブログ始めようと思ったのは

『気まぐれで書いてる版権小説のメモ代わりに』

てなわけなんで更新も超気まぐれです;;

版権小説のジャンルはハリー・ポッターシリーズで、その世界にオリジナル設定の女の子がいるっていう……まぁ俗に言う『夢小説』ですかね?爆

まぁメモっつーか愛しのパソ子が壊れちゃったための繋ぎサイトです;
携帯から更新してます

こんな感じかな

もし気が向いたらこれからお付き合いくださいませ|艸`)ハァト

※本ブログは執筆者様、出版社様とは一切関係ありません
またその著作権侵害を目的とするものではなく管理者の一個人的な趣味による運営です

 
Posted at 00:18/ This page's URL
Comment(0)
P R
2006年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
New Comment
 
Global Media Online INC.