新年明けましておめでとうございます 

January 01 [Sat], 2011, 23:01
少なくとも3年以上連続で甲斐大泉でお正月を迎える為、
朝4:30くらいにを出発
今年は中央道順調です
談合坂SAで朝食&休憩して双葉SAへ。
ここで初日の出&初富士に向かって手を合わせました。


「今年も良い年になりますように
山の家に着いて、時間を調整してからアウトレットへ
今年もAIGLEの福袋を並んでGet
“ひまわり”でつきたての餅をふるまって貰って帰宅。
夕方からはお節で乾杯です

さすが福幸亭! 

November 21 [Sun], 2010, 23:48
朝方甲斐大泉を両親と出て、中軽井沢へ。
まずはTSURUYAでごくごく普通に食料を買い物。
そう云えば、阿川佐和子さんのエッセイにもここ出てました。
「秘密のケンミンSHOW」でも出たことあるし。
それから、調べておいたパン屋さん“Rayon Vert”へ。

残っていたパンは少しだけだったけど、
ラスクが美味しかったなぁ
“銀亭”にもおじゃまして、珈琲を飲んでから
両親を“福幸亭”に案内
いやぁ1ヶ月半ぶりですが、今日も最高です
今度来るのは来年の春ですかねぇ

甲斐大泉 

November 20 [Sat], 2010, 22:31
綺麗な空気やマイナスイオンを求めて甲斐大泉へ。
山の家で少しだけ休憩してから八ヶ岳リゾートアウトレットへ。
紅葉が残る中、散策を楽しみちょっとショッピング

新しくパン屋さんの情報を入手したので、
小淵沢ICの側にある“Cercle”へ。

常連さんが訪れる光景からは、なかなかはやっているのではないかと
あまり品数も残っていなかったので少しだけ味見程度に購入。
それから、甲斐大泉に戻って「パノラマの湯」につかる。
施設自体が古くなってきたせいか、よく利用されて混んでいるためか
湯の状態にはちょっと不満
今度は違うとこを探しておこうかな

もうくたくた 

October 03 [Sun], 2010, 23:44
いつもの日曜のように06:00には起床。
スゥェットに着替えてホテルからウォーキング開始
でも小雨模様。昨晩行ったTSURUYA迄歩こうとしたが、
雨が少し強くなってきたところで断念残念
ホテルに戻って朝風呂を楽しむ最高
それから朝食だ洋食でサラダと飲物はセルフのビュッフェスタイル、パンはクロワッサンとトースト。
卵料理を選ぶ。目玉焼きにしてみた。ヨーグルトもあったので、自宅で摂る朝食にかなり近くて満足。
ゆっくりと楽しんだ。部屋に戻って支度を整えCheck-out
車を出す頃には雨が止んでいた。もう一度“銀亭”に寄る
カフェはシーズン営業最終日と書かれ、ほぼ満席状態。
幾つかのパンを購入。昨日購入したハード系のバゲットタイプのパンは美味しかった。
それから車を走らせ甲斐大泉の家を目指す
11:00くらいには到着し、一路自宅へと向かう。
長坂ICから中央道に入ったものの、双葉辺りで渋滞、やけに車が多い。
それでも何とか14:30頃には自宅に戻り、慌てて通夜式へ向かう準備をする。
首都高〜横浜線を走らせ19:00前に金沢文庫の式場に入り、久し振りに親戚と挨拶を交わす。
子供達が成人前なのに無念だったろう。通夜式出席を無事に済ませ金沢文庫をあとにする。
自宅に帰ってきたのは順調だったものの22:00前
2日間で約700km走破はきつかった

軽井沢 

October 02 [Sat], 2010, 23:37
先月29日に従兄が逝去した
スキルス胃癌、あの逸見さんと同じ病。享年52歳。
自分と5歳しか違わない。通夜式が明日、告別式が明後日ということになった。
実はこの土日に両親を軽井沢旅行に招待する計画を立てていたのだが、
父は勿論この従兄の(父にとっては甥)式の為、急遽欠席となったで予定は一変した
05:00自宅を出てGSで給油後出発
板橋本町から首都高、中央道に入り甲斐大泉を目指す。
笹子トンネル前迄はかなり厚い雲に覆われていたがトンネルを出ると嘘のような青空
08:00過ぎには山荘到着2h程休憩し、母を乗せて再出発
まずは宿泊施設“laforet中軽井沢”を目指す。
ナビでは2h30m〜3h30mかかるとのことだったが、かなりスムーズに車は進み約1h30mで到着。
フロントで到着だけ告げ、Lunchにと調べておいた“福幸亭”へ。

中軽井沢駅前のLAWSONの裏にあった。昼時なのにお客さんは1人のみ
多少の不安がよぎるが、楽しみにしていた「福幸亭風カツ(カツカレー)」を注文。
食べて納得この値段(900円)でこの味は大満足
また来たいと強く思う。そこから、所謂軽井沢銀座へ。車を駐めて少々散策。
この時点でお目当ての“竹風堂”は見つからず
再度車に乗り込んで銀座入口に向かうとここで発見
デザートにと考えていた栗餡の入ったソフトクリームにありつく旨い。濃厚で旨い。
それから“腸詰屋”で幾つかを購入。帰宅してからの晩酌が楽しみだ。
Check-inの為ホテルに向かう。途中で調べておいたパン屋“銀亭”に寄る

既に殆どが売れてしまっているようだ。再度ホテル到着。

Check-in。部屋は思ったより広く快適。

TVがブラウン管なのが減点か。すぐに風呂を楽しむ一番乗りで暫くは一人占め
いい気分だ。部屋に帰って夕食迄時間があったので、近くのスーパーマーケット“TSURUYA”を覗いてみた。
入ってびっくり。出来たばかりなのかもしれないが、店内は広く商品も豊富、価格も悪くない。
個人的にはイトーヨーカドーやジャスコよりも上、自宅近くに欲しいくらいだ。
少々買い物をしてホテルに戻り夕食。フレンチのコース料理
フィレステーキは絶品だった。デザート2種もGood。Coffeeはもう少し美味しいとよかったかな。
部屋に戻って飲み直し。いい気持ちで就寝

帰国 

September 13 [Mon], 2010, 23:13
ゆっくり起床。朝食で冷蔵庫の中の殆どの食材を使い切る天晴れ
それからCairns Centralまで散歩
部屋に戻って1本残っていたXXXXを飲み干す
Baggegeに荷物を詰め込む。あらためてBaggegeの重さが気になり、
まずは本たちを手荷物用の小さいトロリーへ移動
空港でのおやつ代わりに拵えたサンドイッチも入れると、
残ったのは使いかけのマヨネーズだけ。上出来上出来
ReceptionでサエさんにCheck-outを依頼
もうすぐこちらの方と結婚されるのだとか。おめでとうございます
JTBが用意したバスで空港へ
空港で昨日遭遇した『出川哲朗』に再遭遇、ついでに『森三中』の3人にも遭遇
Check-inして空港内で朝拵えたサンドイッチを頬張る
あ〜あ今年の夏も終わっちゃった。また1年頑張んなきゃ。
帰りの便も定刻に出発少しだけ空からエメラルドに輝くリーフたちを見る
来年16回目のCairnsはあるのだろうか
ほぼ定刻に成田到着まとわりつくような暑さ
Central Parkingで車を受け取り家路を急ぐ
幸い高速はスムーズだったものの途中から激しい雨に遭い何度か怖い思いを
それでも22:00前には自宅到着
さぁ明日からまた仕事です

Green Islandへ 

September 12 [Sun], 2010, 23:23
6:00起床。昨日よりも少しだけゆっくり朝食を摂る
今朝はMantra Trilogyを抜けボードウォークを歩く
少々寂しげなThe Pierを通ってTerminalへ。
今回のGreen Island行きはBig Cat。



Great Adventureに比べるとなにか活気に欠けるような。
しかも今回乗るのは半日用の小さい船。
Coffee/Teaサービスもなくて
案の定揺れる揺れる。薬を飲んでなかったらアウトだな、こりゃあ
10:00前にIsland到着。Life Guardがいない方のBeachでSnorkeling。
Divimgじゃないから、遭遇する魚の数はごく僅か。
あっという間に帰りの時間になって出航。13:00前にCairnsに戻る。
まずは2回目の“P.J.O’BRIENS”
今度はFish and ChipsとRoast Beef and Yorkshire Puddingをチョイス。
一昨日のBeef Pieの方が旨かったかな。残念乍らデジカメが壊れる
モニターに何も映んなくなっちゃった。
Lunchを終えると、急いで部屋に戻って、荷物を置いたらCairns Centralへ。
最後の仕事、お土産選び。これが年々辛くなってきてる。
さすがに15年連続だとネタ切れなんだよね。
出発前に義姉から頼まれたヌテラを大量購入。帰りのBaggegeの重さ大丈夫か心配。
そういえば、街中のカンタベリーショップの前辺りで『出川哲朗』に遭遇
何の番組だろ
今回はLunchが充実していたせいかこれだけの設備のフルキッチンを全く活用してない。
今晩ばかりはSalmon Steakとちょっと奮発して調理。いやぁいつものこと乍ら美味。
Jacob’sもいつもの味旨い
それにしても楽しい時間はあっという間に過ぎていくなぁ

Michaelmas-cayへ 

September 11 [Sat], 2010, 23:02
5:30起床。昨晩は準備もせずに寝てしまった為、まずは今日のcruiseの準備。
1年振りのScuba Divingに若干緊張気味
朝食をガッツリたいらげ、7:00過ぎには部屋を出る。
Cairns Centralは近くていいが、
Ferry Terminalには結構距離があっていい腹ごなしだ。
昨年も行ったので、迷うこともなくMichaelmas-cayの帆船に乗り込む

迎えてくれたのはJack。Cairnsに来て18年だという。
15年前から毎年来ている我々より古株の人にあったのは初めて
特にこういったActivityのStaffとなれば尚更だ。
若くなきゃ出来ないと思っていたから、Jackには自然と頭が下がる。
Jackの話に拠るとMitsuは今日Upoluの担当らしい。会えずに残念。
天気は良好で、Cayに到着後直ぐに1st Diveとのこと。
タンクの酸素を多めに盛っておいてということは忘れなかった。

10:30頃到着、1st Diveのガイドはペドロ。
『知っとこ!』で取材されたイケメンダイバーとのこと。
外国人の女性1人と一緒に潜る。船からのジャイアントストライドエントリー。
耳の痛みはそれ程でもなく、マスクも借りて点けた曇り止めが効いている。
潜ってすぐに、イカに遭遇、透明度は昨年より若干悪い感じだが温度は同じくらい。
さすがに珊瑚の周りでは色とりどりの熱帯魚たちに会うことが出来た。
またアオウミガメにも遭遇。タンクの中味もだいぶ余裕を残して岸にあがる。
船に戻るとお待ちかねのLunch Time。今年もフィッシュフライが旨い
甘辛い鶏手羽もGood。2nd Diveが心配になるくらい腹を満たして小休止。
程なくJackが体験Divingを終えて我々の準備をしてくれた。
今度は日本人の女性1人と一緒に潜る。2nd Diveはボートで更に沖に出てバックロールエントリー。
Jackが云っていた通り、クマノミのオンパレード、カクレクマノミをはじめ5種類のクマノミと遭遇。
久し振りにカンムリブダイにも会えた。
今回はタンク残量が20くらい。危ない危ない
勿論、Jackが確認し乍ら潜ってたんだけど不安だった。
余裕がないよね。ボートで船に戻ると、少ししてCairnsに向けて出航。
もうCakeが出てて、今回は1つしかGet出来ず残念。美味しいんだよねこれ。
それから暫くしてシャンパンサービス。やめられないね、これは。
もう少し安くなってくれるといいんだけど。
17:00くらいにReef Terminalに戻り、ペドロとJackに挨拶してWoolworthへ。
食材を買い足してると、途中でJackに再び遭遇。
今日も部屋に戻ると夕食を簡単に済ませて直ぐ就寝。疲れてるんだよね。思った以上に
「採(撮)っていいのは写真だけ、持ち帰るのは思い出だけ、残していいのは足跡だけ」

Cairns到着 

September 10 [Fri], 2010, 23:45
定刻にCairns International Airportに到着
今回も手荷物検査をうまく通過し、JTBの係員に会う。
自身で宿泊予約を1日前に変更し所謂アーリーチェックイン状態にしてあることを告げる。
天気は相変わらず目まぐるしく変わる模様

前のCairns International、今はThe Sebelでツアー客とともに滞在中の説明を受ける。
勿論、我々もツアー客なので仕方がないのだがこれが辛い
これをなんとか30分程で切り抜け、Southern Cross Atrium Apartmentsへ向かう
Reception Deskに日本人の女性がいたので、
あけみさんかサエさんですかと訊くとサエさんその人だった。
事前にE-Mailのやりとりをしていたのでスムーズにチェックイン。
早速部屋の鍵を受け取る。
部屋は3F、エレベーターがないのでBaggageを運ぶのは一苦労
それでも、部屋はリビングに食事の出来るテラス、寝室、バス・トイレ、フルキッチンに洗濯機・乾燥機付。



云うこと無しの内容に満足
Cairns Centralのすぐ脇だし、欲を云えば部屋から海をのぞめないことと、
角部屋じゃないことくらい。
SAMSUNG製のTVはデジタル放送対応の最新型に見える
仮眠しようと思ったが、こういう時のエネルギーは溢れ出てきて、
まずはCairns Centralを横目にNavitourへ。
明日のMichaelmas-cay cruise と明後日の Green Island行きのFerryを予約。
それから West Pac Bankでトラベラーズチェックを現金に換える。
Rusty’s Marketも少しだけ覗いてから、調べておいた“P.J.O’BRIENS”へ

Lunchが美味しいとのことだったので、
MenuからSteak and ChipsとP.J.O’BRIENS’ Beef Pieを注文。


幾つものモニターにはテニス全米OPやEURO2012予選等が放映されていて、
それだけでも楽しいのに出てきた料理もかなりイケてました。
どうして15年もここを放っておいたのか残念
Lunchを楽しんだ後は買い出し。
まずはCairns Central前の酒屋でXXXX Lager 6本とJacob’s Creek 1本調達。
続いてCole’s前のパン屋でいつもの食パン、
Cole’sでハムやレタス、牛乳、ミネラルウォーター、オレンジジュース等を購入。
部屋に帰ってまずはXXXXで乾杯

夕食はサンドイッテを作って簡単に済ます。寝不足もあってあっという間に就寝

15回目のCairnsへ 

September 09 [Thu], 2010, 23:29
Baggege準備を済ませ、13:00過ぎに自宅を出る
KFCに立ち寄って少しのスナックを購入して首都高・板橋本町入口へ。
1996年から15年続いている夏の儀式のように湾岸線へ向けて車を進めると、
右手にはスカイツリーが随分高くなったその姿を見せる。
途中、事故車両撤去等に遭遇して若干タイムロスしたものの、
ほぼ快適に首都高・東関道を走らすことが出来た。
15:00頃には酒々井SA到着。事前に準備したスナック等で昼食の代わりに。

少し休んでからSAを出る。成田出口でETC精算し、いつものCentral Parkingへ。
ここは完全固定式で移動されないのがいい
送迎バスで成田空港Terminal2へ送って貰い、まずはJTBデスクへ。
Jetstarへのチェックインは17:30とのこと。時間があって少し仮眠でもとりたいのだが、
それも出来ずに仏・英で休暇を過ごしBrisbaneへ向かうという豪人親子と一緒になり
しばし子供の相手をしていると時間に
チェックインすると事前に教えられていた座席を告げられる。
さてここからは、いつもならたこ焼きとBeerで乾杯なのだが、
新しく出来ていた回転寿司店で出発前の1杯入国検査を終え、
いつものようにシャワーを浴びてスッキリこれで快適な空の旅になる筈。
定刻通り21:25に飛行機は出発、機上の人となった
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像rido
» 一長一短で (2008年09月16日)
アイコン画像キングT
» 一長一短で (2008年08月29日)
アイコン画像よしや
» やっと準備が整って (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» 少々期待はずれ (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» 何年振りの店 (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» 期待が膨らみます (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» まずは個のちから (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» さて腹筋も再開できるかな (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» あとは決勝を残すのみ (2008年02月05日)
アイコン画像太乙
» 探してみると (2008年01月31日)
Yapme!一覧
読者になる