株式会社リダのニュース【タウンたうん:戦争の遺跡「さるく」−−長崎 /長崎】

May 27 [Mon], 2013, 15:31
株式会社リダが選んだ本日の歴史・考古学ニュースです。

株式会社リダがお話するニュースブログです。
株式会社リダは今日もニュースを見ました。
株式会社リダは東京にあります。
お話するのは株式会社リダです。
株式会社リダは美容品の会社です。
株式会社リダは歴史と考古学のニュースをよく見ます。
ニュースを見たのは株式会社リダです。

●タウンたうん:戦争の遺跡「さるく」−−長崎 /長崎
毎日新聞 5月27日(月)14時27分配信

 明治時代に築かれた神ノ島砲台跡などを歩いて巡る「さるく」が25日、長崎市神ノ島町の神ノ島公園周辺であった。参加者約20人は、長崎港の防衛を担った要塞(ようさい)の遺構を目の当たりにし、平和への思いを新たにした。

 明治時代、長崎港の入り口にあたる神ノ島は重要な海防拠点で、神ノ島砲台は1898年に起工。翌年には、長崎港一帯が要塞地帯に指定された。参加者は、企画した市民団体「ピースバトン・ナガサキ」の松田斉さん(57)の解説を聴きながら、砲座や弾薬庫の跡、江戸時代に佐賀藩が台場(砲台)を築いた四郎ケ島などを巡った。
 松田さんは「戦争遺跡からは、当時の様子が想像できる。現物が持つ力は大きい」と話した。【樋口岳大】
〔長崎版〕
5月27日朝刊

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000159-mailo-l42)

興味深いですね。
では今日はこのへんで。株式会社リダでした。

[関連キーワード]
株式会社リダ経済 株式会社リダニュース 株式会社リダGDP 株式会社リダ経済成長 株式会社リダ家計 株式会社リダ国内総生産 株式会社リダGDP成長率 株式会社リダ物価 株式会社リダ変動 株式会社リダ伸び率

[注目ワード]
andymori 梅雨入り ツルハドラッグ ニトリ ケーズデンキ 篠原ともえ パズドラ2 内科医 nyc写真集 チョークアート

株式会社リダのニュース【国内初、二段構造の墓発見=縄文晩期に埋葬―愛知・保美貝塚】

March 08 [Fri], 2013, 18:18
株式会社リダが選んだ本日の歴史・考古学ニュースです。

株式会社リダは、本日もニュースブログを更新致します。
株式会社リダが、その日気になった記事などなど。
株式会社リダが、皆様に様々なニュースをご紹介させていただきます。
株式会社リダは、本日新たな発見に関するニュースに注目致しました。
株式会社リダが、選んだ歴史・考古学ニュースを早速ご紹介しますね。
皆様に歴史・考古学ニュースをご紹介させていただきますのは、株式会社リダです。
当ブログを更新させていただいているのは、株式会社リダです。



【国内初、二段構造の墓発見=縄文晩期に埋葬―愛知・保美貝塚】

 愛知県田原市教育委員会は7日、同市の保美貝塚で、3200〜2800年前の縄文時代晩期に作られた上下二段構造の人の墓を発見したと発表した。発掘調査団代表の山田康弘国立歴史民俗博物館准教授は「日本の考古学史上、遺骨が二段に重ねられた構造の墓が見つかったのは初めて」としている。
 山田准教授によると、保美貝塚では手や脚などの細長い骨を「ロ」の字型に並べ、中に残りの骨を入れる「盤状集骨墓」が複数見つかっている。今回発見されたのはその一種で、「ロ」が二つ並んだ「日」の字型の構造が上下二段で作られていた。 


(転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000160-jij-soci)



3200〜2800年前のお墓がまだ残っていた事も、そしてそれを発見できた事も驚きですが、更に新しい発見もあったとは!日本にままだまだ沢山歴史のロマンスが眠っていそうですね。


株式会社リダでした。



[関連キーワード]
株式会社リダ国内初 株式会社リダ二段構造 株式会社リダ墓 株式会社リダ発見 株式会社リダ縄文 株式会社リダ愛知 株式会社リダ保美貝塚 株式会社リダロ 株式会社リダ発掘調査団 株式会社リダ代表 

[注目ワード]
湖山池 笑っていいとも 君のいる町 ヘカトンケイル 佐川急便 きくちp 花粉濃度 花粉マップ 正直さんぽ オランダ

株式会社リダ(株式会社Rida)のニュース【新宿で11人分の縄文時代の人骨】

February 01 [Fri], 2013, 18:17
株式会社リダ(株式会社Rida)が選んだ本日の歴史・考古学ニュースです。



【新宿で11人分の縄文時代の人骨】

東京・新宿区でおよそ4000年前の縄文時代の人骨が少なくとも11人分見つかり、極めて保存状態がよいことから新宿区は顔の復元やDNA鑑定を行い、当時の生活を調べていくことにしています。

人骨が見つかったのは、新宿区市谷のマンションの建設予定地で、工事を前に去年11月から発掘調査を行ったところ、土器と共に埋葬された少なくとも11人分の骨が見つかりました。
国立科学博物館が鑑定したところ、骨はおよそ4000年前の縄文時代中期から後期にかけてのもので、保存状態が極めてよく、男女3人ずつの性別や、どのような暮らしをしていたかが分かりました。
このうち出産を何度か経験したとみられる女性の頭蓋骨では、歯が均一にすり減っていて、当時の人は自分の歯を使って革をなめしていたためだということです。
土が酸性で骨が残りにくい関東地方では、貝塚以外で縄文人の骨が発見されるのは珍しいということです。
調査した新宿区文化観光課の栩木真学芸員は「海から離れ貝塚もない新宿で縄文人の骨が見つかり驚いている。当時は縄文人に暮らしやすい、緑や水にあふれた場所だったのだろう」と話しています。新宿区では、骨から顔を復元したりDNA鑑定を行ったりして、家族構成や当時の生活を調べていくことにしています。


(転載元:1月30日 19時10分 NHK NEWS WEB)


縄文時代の人骨が出土ってすごいですね!
当時の生活の様子など、様々な事が解明されるといいですね^^



株式会社リダ(株式会社Rida)





[関連キーワード]
株式会社リダ縄文時代 株式会社リダ土器 株式会社リダマンション 株式会社リダ工事 株式会社リダ出土 株式会社リダ新宿 株式会社リダ東京 株式会社リダDNA 株式会社リダ鑑定 株式会社リダ骨
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:株式会社リダ(株式会社Rida)
読者になる
株式会社リダ(株式会社Rida)のニュースブログです。
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ridarid/index1_0.rdf