CD Release World Tour New York 2018 

April 05 [Thu], 2018, 15:18
New Yorkでの、リリースPartyに先駆け、日経の雑誌、NYジャピオン、よみタイム、フロントラインなどたくさんの雑誌が私の記事を取り上げてくださいました。
本当にありがたい!!!感謝でいっぱいです。










今回のCDリリースPartyのために、10数年来の私の英語の発音の先生であるPhebe先生がロスからNew Yorkに来てくださっていまして、先生と私のお友達のMusicianの方のギグ、Antique Garageにランチに行ってきました。
お料理の味、おいしくて2人で感動!!!
ギターの高免さんとはNYでギグご一緒していますので、私もジョインして歌わせて頂きました。
トランペットのジェームスさんはお世話になってるvocalのNabukoさんのご主人でもある方で
素晴らしいトランぺッターです(^^♪
Phebe先生、私の歌に興奮していました((笑)
なんだか時々、少女のようなところが時々ある人です。














この日、完成したCD”I Wish You Love"を百々さんに手渡せました。
そして、百々さんのピアノで1SET 歌わせていただきました
偶然にドラムがフランクさんで、2年ぶりの再会にお互い感動でした!
ピザごちそうになりましたが、ここのピザ最高です。
















リハーサルの日、Phebe先生がお付き合いくださって、
最終の発音などをチェックしてくださったのですが、前回は
1年前のRecordingの時もNYに足を運んでくださって
このスタジオにいたな。。。と感慨深く、改めてこの先生の深い
愛情に感謝しました。
後で分かったのですが、この日のピアニスト
Artさんと先生、遠い親戚の関係でした。ほんと、世界は狭いね。。
帰り、お礼にロブスターを食べに行きましたが、
偶然入ったお店がおいしくて感動でした。
なんだか食べてばっかりですが。。。((笑)

























そして、CD リリースParty当日!思わぬ、最悪の事態が発生!!!
当日、大雪で、学校もクローズになり、
TVでは危険がともなうので、できるだけ自宅に待機するように
との呼びかけ…
マンハッタン以外の場所から来るお客様から
雪のためにマンハッタンに出られないとたくさんのメールがあり、
ドラムのAndrewもニュージャージの山から車で出て来るので、
すべての安全を考慮して泣く泣く、キャンセルに!!!
本当に悔しくて悲しかったのですが、なにか最悪のことが起きてからでは
遅いですし、涙を飲んで、仕切り直すことに決断いたしました。












この時にNYの音楽仲間の方々から、
本当に、愛あるメッセージをたくさんいただき、心から
皆様の温かさに感謝いたしました!
また、季節のいいときに仕切り直し、さらに素敵なPARTYにします!
ご期待ください。

そして、もう1つのギグ、ウクレレ、EVAさんとのDuo Live!!
この日は、リリースPARTYに来る予定の方がたくさん、つめかけて
くださって満員御礼の大盛況になりました。
本当に、心折れそうな私を皆さんの笑顔で励まして
いただきました。機会をあたえてくださった、Evaさん、Andrew,オーナーの
Kenさんに感謝です。



































11月から続きましたCDリリースツアー第一弾、少しここで休憩をいただき、
心身ともにチャージしまして、また、第2弾を準備したいと思っております。
New YorkのリリースPARTYも再度準備いたします。
また、すぐにお会いできることを楽しみにしておりますーー



あと、嬉しいお知らせがあります!!!
アメリカ在住の方には、CD Babyから、新しいアルバム全米リリースになっております。
デジタル配信も始まりました!
ITunes, Amazon Music, Spotify ほか配信始まっておりますのでぜひぜひ、
チャックしていただきダウンロードよろしくお願い致します!

RICO



プロフィール
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
◆◆◆Discography◆◆◆


Inside A Silent Tear
VOCAL: Rico Yuzen
PIANO: Kuni Mikami
BASS: Bryce Sebastien
DRUMS: Richard Allen



Above the Flowers
VOCAL: Rico Yuzen
CELLO: Seiko Yuki
KEYBORDS: Hiro Morozumi
BASS: Nozomu Ito
DRUMS,GUITAR: Yoshihiro"Keita" Okada