【 更新情報 】

スポンサード リンク

インディアン スニーカーの店舗紹介

インディアン(Indian) スニーカーの店舗は、発売元である
インディアンモトサイクルカンパニージャパンの店舗が、
東京都渋谷区、千葉県船橋市、神戸市中央区、福岡市中央区にあります。
また、インディアン スニーカーはムラサキスポーツなどの
大手スポーツショップの店舗にもあります。
インディアンモトサイクルカンパニージャパンで検索してみてください。
インディアン スニーカーはサーフカルチャーや裏原系、
そして、フォークロア調ファッションまで幅広く合わせることが出来る
優れものです。
インデアン スニーカーを販売している店舗はネットで探すと
結構出てきますし、通販もしていますから便利ですが、
インディアン スニーカーはサイズがややゆったり目に出来ているので、
0.5cmぐらい小さめの物を購入した方が良いです。
普段履いているスニーカーのメーカーとサイズを店舗のスタッフに
伝えて、丁度合いそうなサイズを選んでもらうか、最初の一足は
店舗、ショップに行って履いてみることをお勧めします。
詳しくは、店舗ショップ、販売店に相談して下さい。

人気ハイカット/インディアン スニーカー

インディアン(Indian) スニーカーのハイカットモデルにはID-232C
ID-129、ID-134、ID-135、ID-136、ID-147、ID-151、ID-171、
ID-096、ID-156、ID-1105、ID-1108、ID-1099など様々な
ハイカットスニーカーが存在します。
インデアン スニーカーID-232Cはスエードとキャンバスを使った
ハイカットスニーカーでくるぶしのところにインディアンのロゴマーク
(インディアンの横顔)がプリントされています。
そして、インデアン スニーカーの特徴でもある紐は皮ひもを使用しています。
インディアン スニーカーのハイカットモデルでは、定番的なモデルです。

ID-171もキャンバスとスエードで作られているモデルですが、
スエード使われ方はID-232Cとは異なり、足の甲の部分を両側から
包む様に施されています。
そして一番の特徴は、インディアン スニーカーのロゴのワッペンが3つ、
ベタベタと貼られていて、インパクト抜群のインディアン スニーカーの中で
も一際目立つポップで可愛いデザインです。
ワッペンの「1901」はインディアン モトサイクルの創業した年を
あらわしています。

ID-096はキャンバス製ですがサイドのジッパーがポイントになっている
モデルで、インディアン スニーカーを知らない人でも、このID-096を見たことの
ある人なら、あれがインディアン スニーカーなのと思い当たることでしょう。
踵や甲の部分に縫い合わされたキャンバスのほつれ具合やステッチがオシャレなモデルです。

レディース/インディアン スニーカーの人気

インディアン(Indian) スニーカーのレディース(女性用)とは
例えば、バレーシューズタイプのID-2054のようなパステルカラー
がアクセントとして施されたの可愛らしいデザインのスニーカーや
ID-1099のようにスエードのスニーカーにニットの
レッグウォーマーが付いたようなブーツスニーカータイプなど
ごくごく女性っぽいデザインのものがレディースとして扱われて
いるようです。
サイズは22.5からです。
インデアン ブーツスニーカーで今期大人気だったID-1098は
スエードとコーデュロイを組み合わせたタイプのブーツスニーカーで
フリンジが付いています。
先日テレビで南明奈(アッキーナ)がフォークロア調のニットに
インディアン ブーツスニーカーを履いていたようでしたが、
カッコ良かったです。
女性が、パンツやショートパンツ、スカートに合わせて履いている姿を見ると
センスいいなぁと感じますが、サイズは28まで販売されており、
インディアン スニーカーは比較的サイズがゆったりしていることもあり、
かなり大きな足サイズの女性でもインディアン スニーカーを楽しむ事が出来ますし、
ブーツスニーカー自体のシルエットがとても良いので男性が履いて
大型アメリカンバイクに跨っている姿を想像すると、かなりカッコいいと思います。
ともかく、インディアン スニーカーは、デザイン、サイズ、色数が豊富なので
メンズ、レディースに余りこだわることなく自由に楽しめるフットウエアーです。

インディアン スニーカーのショップを探す

インディアン(Indian) スニーカーは、インディアンモトサイクルカンパニージャパン
(Indian Motocycle Company Japan)が発売するスニーカーです。
インディアン スニーカーの購入に際しては、たくさんの通販ショップ
も利用でき便利ですが、ナイキ(NIKE)などに比べ同サイズでも若干大きめと
思われるので、最初は自分でショップ、販売店へ行って実際に履いてみることを
お勧めします。
ショップはインディアン スニーカーの発売元であるインディアンモトサイクル
カンパニージャパンの店舗が、東京都渋谷区、千葉県船橋市、神戸市中央区、
福岡市中央区にあるので問い合わせてみてください。
また、ムラサキスポーツなどの大手スポーツショップにもあります。
インディアン スニーカーは種類やカラーが豊富で、ハイカット、ローカット
ブーツスニーカー等があり、デザインも個性的で飽きの来ないデザインが
幅広いファッションにマッチします。
例えば、インデアン スニーカーのローカットタイプID-231はシンプルなデザインで、
キャンバスとスエード素材で出来ていて、キャンバスとスエードの
色の切り替え部分のステッチが飽きの来ないスッキリしたスニーカーの仕上がり
となっています。
しかし、インディアン スニーカーの特徴とも言える、スニーカーに
革紐を使用することで独特な雰囲気を醸し出し、ID-231はインディアン スニーカーの
定番と言えます。

インディアンスニーカーの履きこなし方

インディアン(Indian) スニーカーの履きこなしには、まず、そのコンセプト
となる創業スピリッツやインディアンのロゴマークの秘密から
辿るとヒントが得られるかも知れません。
インディアン スニーカーは、バイクメーカー、
インディアン・モトサイクル(1900年創業、1953年廃業)
のロゴマークである、ネイティブアメリカン(インディアン)を感じさせる
デザインでバイカーズブランドとして発売されたスニーカーです。
インディアン スニーカーはバイカーの間では絶大な人気を
得ていましたが、最近ではサーフカルチャーや裏原系の
ファッションブランドとしても定着しており、バリエーションの
豊富さ、飽きのこないデザイン、そして何といっても
手頃な値段がインデアン スニーカーの人気の秘密です。
インディアン・モトサイクルといえば、かつてはバイクメーカーの
ハーレーダビッドソンと双璧をなしたアメリカ最古のバイクメーカーで、
今ではバイクの製造はしていませんが、インディアンモトサイクルの
人気は未だに高く、アメリカンファンには垂涎の的です。
そんなインディアンモトサイクルのスピリットをコンセプトとし、
デザインされたシューズがインディアン スニーカーです。
最近流行のフォークロア調ファッションにも、インディアン
ブーツスニーカーはお勧めのアイテムです。
インディアン スニーカーはサーフカルチャーや裏原系、
そして、フォークロア調ファッションまで幅広く合わせることが出来る
優れものです。
ですからインディアン スニーカーに決まった履きこなし方なんてありません。
思い切り自由に楽しむのがインディアン スニーカーの履きこなし術です。
インディアン スニーカーを販売しているショップはネットで探すと
結構出てきます。
通販もしていますから便利ですが、インディアン スニーカーは
やや大きめの様に感じるので、0.5cmぐらい小さめの物を購入した
方が良いです。詳しくは、ショップ、販売店に相談して下さい。
P R
カテゴリアーカイブ