ブログを引っ越しました 

August 06 [Thu], 2009, 12:12
あまりにも重くてイライラするので…
ブログを引越しすることにしました。

新しいブログは
http://blog.livedoor.jp/rickeyb/
です。

あまり更新しないと思いますが、続きを読みたい方は
URLの変更をお願いいたします。

ヤプログ重い… 

June 19 [Fri], 2009, 18:09
バレエと全然関係ないけど、ヤプログのブログが重すぎる…。

自分のブログに入ろうと思っても、止まるし…。

シンプルな画像を選べば少しは違うかと…変えてみたけど、あまり変わらない?

他のブログに移ろうかとも考えてしまう。

なんかそういうこともあって、ここも放置状態だし…。

まあ、あんまり書くこともないので、このまま様子を見ることにする…。

バレエ漫画や映画のこと 

March 30 [Mon], 2009, 18:02

ずっと書いてなかったけれど、『テレプシコーラ 舞姫』の第2部が始まり、読んですごい感動した。

どの場面もなんだか涙があふれてくるような…。六花や周りの人の成長ぶりが頼もしい。続きも楽しみだ。

今、見たら、2巻も出てるんだ…。買いに行かなくちゃ…。


『ドゥ ダ ダンシン』のヴェネチア国際編も面白い。


そして、『昴』は映画化されていた。

見に行ったけれど、全然面白くなかった。

原作の良さが全然生かされていなかった。

でも、谷桃子先生振付の『白鳥の湖』などを見ることができた。

もしかして知っている人でも出てたりして?なんて思ったけど、全然わからなかった。

DANZA 

March 30 [Mon], 2009, 17:55
この間、HMVに行ったら、『DANZA』というフリーマガジンが置いてあって、思わずもらってきてしまった。

『ダンツァ』と読むらしい。

無料なのにすごい情報量で、今はこんなのも出てるんだなーと思った。

最近の私は、バレエの情報には疎すぎで、どこで誰が何を踊っているのかも全然知らないし、最近のプロのダンサーの名前もどんな人が踊っているのかも全然知らない。

バレエを始めた頃は、貪欲にバレエの情報を求めたが、今の自分にそれほどの情熱はすっかり失せてしまった。

このマガジンはホールや劇場、バレエ団・バレエスクール、バレエショップ、CDショップに置いてあるらしい…。興味のある方はチェック!

で、これを見ていて、びっくりしたのだが、子供の頃を知っているある方が出ていた。

子供の頃から、とても上手で秘かにチェックしていたうちの1人で、その後の経歴はあまり知らなかったが、たまに舞台でお見かけすることもあった…。

もちろん向こうは私のことは全然知らないと思うのだが、子供の頃から目をつけていた人が有名になっていくのはうれしいものだ。

これからも応援しちゃおうっと。

大人のいろいろ 

December 16 [Tue], 2008, 12:12
最近知り合った方のお一人…なんと大人のシンクロをしているんだとか!

シンクロっていうのは、シンクロナイズドスイミングのこと…。聞くとすごくハードそう…。

体重も体脂肪も減るらしい。

思い返せば、高校時代、シンクロをやっている子がいて、ものすごい足が細かったなー。食べないとどんどんやせちゃうみたいなことを聞いた覚えが…。

でも、大人でもシンクロなんてあるんだ!!とびっくりしちゃった。

確かに大人のチアリーディングってのは見たことがあるし、バレエもあるわけだから、ありなんだとは思うけど、水の中で呼吸も苦しい状態で…というのを考えるとなさそうな気がしていた。

となると、大人のフィギュアスケート、大人の新体操とかもあるのかしら…。(子供の頃からやっていた、とかではなくて、まったく初めての人っていうことね…)

今はいろんなことを大人から始められる世の中になったなー。

そういえば、この間、新聞の投稿だったかで、65歳以上から琴を始めたっていうのを読んだな。

先生に「50歳(だったかな?)以上の人は教えたことがないので」とやんわり断られたらしいんだけど、どうしてもやりたかったので、頼み込んで始め、今、その方は70代。

何事もやる気が大事なのか…。

でも、そのやる気を維持していくということが難しいと感じる今日この頃…。

重心の位置 

October 31 [Fri], 2008, 18:51
いろいろとあり、あやしい整体に行って来た。体がすごい楽になったのを感じた。

で、そこで言われたのが、重心のこと。

重心は親指の方にあるのが本来の正しい位置なのだそうだ…。

重心の位置を治してもらったら、自分の重心の位置が違っていたことに気づいた。

私、かかとの方に重心が行ってる…。

なんでこうなったのか考えてみたら、指を怪我したり、外反母趾が痛かったりして、なるべく親指側に重心をかけないように気をつけていたからだ。

また立つときは、土踏まずをつぶさないようにとか言われると、小指側を意識するようになり、なんだかどんどん自分がやりやすいかかと側に乗ってたみたい…。

バレエの重心ってどこに置くのがいいんだろう。やっぱり親指側なのかな…。

そのほうがすんなりポワントに乗れるのかも…。

今は、重心が親指に行ったりかかとに行ったり、なんか不安定になってるかな。意識的に正しい重心の位置を見つけたいんだけど…。

(動きの中での重心の位置は、動きによっても変わって来て、そのつどバランスを取っているのだと思うので、それなりに動きができるのであれば、たぶんあまり気にしない方がいいのだろう。あまり考えすぎると動けなくなるし…)

Lady Loveはどこへ? 

September 04 [Thu], 2008, 11:36
バレエの漫画、このところ豊富にあってうれしいわけなのだけれど、それでふと『Lady Love』の続編ってどうなったんだろう?って思った。

調べてみたら、2巻から先が出てないみたいな…。

でも、2巻の終わりには3巻の発売予定が書いてあって、それはとっくに過ぎてるし…。

なんかの事情でやめちゃったのかな?

山岸涼子の『舞姫 テレプシコーラ』の第2部が発売されたのはうれしい。まだ読んでないけど…。

『Lady Love』も好きだったのになぁ…。やめちゃったのかな…。

足の皮が薄くなったかも… 

September 04 [Thu], 2008, 11:24
すっかりブログも書かずに放置状態。HPもたまにちまちまやっていたけど、このところ、そんな気力もなくなってしまい、放置状態だったりして…。

色々とありまして、バレエのレッスンにもあまり行けない日が続き、ここに至って2ヶ月まではいかないか…本当に全くレッスンしない日が続いてしまい…。

ようやく8月の後半からレッスンに復帰してみたわけだけれど、あまりにやっていないので、最初はグラン・プリエとかもやめて…。

月謝がもったいないので、1日あけて、2回行ったところ、翌日には激しい頭痛に襲われ、もう無理は禁物だ…と8月は2回のレッスンで終わってしまった。

体の退化って本当に早い…。というか、ここまでになってくると、バレエに復帰するということがつらい感じで、もうできないんじゃないかと思う。

ある程度の年齢いってから、バレエを始める人ってやっぱりすごいのかもしれない。

一番顕著なのは、体が固くなったことか…。家でのストレッチとかも全然してなかったし…。もう昔のようには戻らない自分をものすごい感じてしまった。

なんとか9月の初めのレッスンに行き、3回目でだいぶ体も動くようになった気がしたので、グラン・プリエもやってみたし、トウシューズもはいてみた…。

が…、豆ができて皮がむけた…。

いて・・・っ。

っていうか、トウシューズ…ホントはいてなかった。最後にはいたのは6月の終わりか7月の最初くらいだと思うけど、その前にはいたのも5月くらいだったかも。

なんつーか、トウシューズはかないレッスン体制になってるのも問題なんだとは思うんだけどね…。

で…どうやら…私の足は退化して、皮が薄くなったのか、やるとすぐに豆ができる体になってしまったみたい…。

でも…始めたばっかりの頃から、豆はほとんどできなかったのになぜ??

と、考えてみるに、初心者の頃って、トウシューズで難しいことできなかったから、あまり足に負担がかからない→そのうち慣れてきて皮が固くなってくるという感じで、徐々に足が鍛えられていったのでは…。

しかし、初心者じゃない場合、休んだあとも、案外難しいことやハードなことを要求されたりするので、そうなると、皮が薄くなっているところに無理なことするからすぐに豆ができてくるのかも…。

そんなことがわかっても、うれしくも何ともないんだけど、これからトウシューズはくなら、ちゃんとテーピングとかしないといけないんだな…と思ったかも。

とりあえず、週に1回くらいしか行けないけど、細々と続けたいとは思ってる。

今年のローザンヌ 

June 05 [Thu], 2008, 19:31
ものすごい遅ればせながら、今年のローザンヌを先日見た…。

と言っても、クラシックバリエーションだけ…。

今年はいつもとかなり形式が違っていてちょっとびっくり。

参加者が20人以上と多くなったからか、踊りの途中で解説が入るし、カメラのアングルも微妙な感じで、全身を映してほしいなぁ〜と思ってしまったり。

前までは15人くらいしか決戦に残らなかったような…。それを20人以上だと時間が足りないのかな。

解説が入ると、なるほどと思えることもあるけれど、その人の踊りをじっくり見るというのには、やっぱり邪魔じゃないか…。

それと…レベルが低かったような…。

こんなことを言っては失礼かも…だけど、失敗する人が結構いたりして…。

そんな中、唯一の日本人ファイナリストの高田茜さんは落ち着いていて安心して見ていられたかも。

毎年、趣向が変わるローザンヌ。毎年NHKでやってくれるのはうれしいけど、なんだか年々つまらなくなっているような気がするのは、自分が年をとってきたからかしら…。

回り方にも流行が?! 

May 13 [Tue], 2008, 10:28
すごいブログを放置していた…。なんか書くことがないっていうか…。今日は久しぶりに書くことを思いついたので書く。

某所にてレッスンしたときのこと…

ピルエットの回り方について、ほぅっと思うことを聞いた。

私がピルエットの回り方を習ったときは、「必ず手を一度開いてから」と言われた。これって、私にはやりにくくてなかなかできなかったんだけど、でも、それが基本みたいなことを聞いていたし、そうなんだと思っていた。

が、某先生によると「昔は手を開いてからと言っていたけれど、最近は手を開かない方が主流」なんだって…。

へぇえ〜〜〜〜〜〜〜!!!

いや、びっくり。

でも、確かに最近の外国のダンサーなんかを見ていてもあまり手を開かない人が多いような気も。

手を開いて回る方が迫力が出るって聞いたこともある。

でも、手を開かないで回る方がスマートなのかもしれない。

「これから回るわよ〜〜〜ん!!!」みたいなのがなくて、さらっと回る。現代的なのかなぁ。

私が習っている先生は高齢の先生が多いので、たまに若い先生に習うとまた違ったアプローチがあって勉強になる。

回り方以外にもやっぱり昔と違って今はこれが主流っていうのがあるのかな…。
P R
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる