女性起業塾 

July 12 [Tue], 2005, 23:39
最近、書店でよく目にする、経沢香保子さん主催の
女性起業塾の説明会を覗いてきました。

以前、ある方のパーティーが、女性起業塾出身の方ばかりで、
その結束を目の当たりにしたことがあります。

女性をターゲットにしているだけあって、部屋は白がモチーフ。エレベーターを
降りたとたん、まぶしくて、あ〜、女性のためにオフィスだな〜と思いました。

進行もよどみなく、プロジェクターを使ってテレビ取材を放映し、
卒業生2人とのQAセッションで、和やかな雰囲気。

仕事も、結婚も、出産も、バランスよく。
仕事は社会に必要とされ、職場でも必要とされる存在でいたい。
経済的にも、精神的にも束縛されず、自由でいたい


そんな経沢さんが、目標に置くのは、
「年商1億のオンリーワンビジネスで、年収2千万〜3千万円」

大きすぎないので、マネージメントがしやすく、固定費も少なく、
オンリーワンなので、高収益体質。年収は上場企業の社長ぐらい。

大きくするかは後で考えて、中間目標的にこれぐらい(と言っても
簡単ではないだろうが)の目標を据えるのがいいのかも。

起業塾は6回で15万円なら、そんなに高くもないだろう。
なによりも、女性のネットワークができるのが大きいかな。
しかもヤフオクで、この投資額を回収する宿題が出るらしい。


投資はその先に収益がないとね。

私も使ってばかりではなく、その先を考えるようにしないと。

女社長へのクリック

祝 blog開設 

July 10 [Sun], 2005, 12:35
このblogにも登場し、私の文化・芸術分野の先生でもある
島田昭彦さんが、blogを開設されました。 

まだいくつかの記事だけなのに、その人脈の広さには驚きです。
  
よく電話でお話をするのですが、忙しいのにいつも充実して楽しそうなんです

すごく素敵なお仕事をされていて羨ましい。

今月15日には、日経MJの「風を読む」のコーナーに、インタビュー記事が
掲載されます。

成功系に傾きがちな私は、
精神的・文化的な豊かさ
を島田さんから学んでいます。

島田さんを拠点に、色々な人・モノ・文化がクリップされて、
多くの方の人生が、物質面だけでなく精神的にも豊になれば、
素敵だろうなと思います。

島田さんのblogは、コチラ

島田昭彦のクリップスタイル




道幸セミナー Vol.2 

July 09 [Sat], 2005, 23:16
ゲストスピーカーは2人いて、おふたりとも元サラリーマンで道幸さんの受講生。

お二人とも月商(≒月収に近いビジネスをしている)が1000万円弱。

キャッシュポイントは、メルマガからHP/Blogという似た経緯。
しかし、このパターンでうまくいくのは、前ほど簡単ではなくなっている。

印象的な言葉は、

副業に逃げていた時は、本業もパッとせず、両方目標を高く置いたのが
功を奏したということ。(道幸さんも牧野さんも同じ事を言う。)

商品を売り切りでは、お客が逃げる。その後も続かない。
自分もお客も気持ちよくない→購入後もフォローをすることにつながった。
→好循環

モチベーションは、サラリーマンであり続ける危機と、
お客さんのフィードバック。(これはBlogでも同じですよね)

凄く楽しかったです。新しく出会えた人と情報もあったし、
知っている方との久々の再会で最後まで
(部屋を閉められた後まで)話していました。

このセミナーの感想は、この方のBlogも参考にしてください。
近い将来、セミナー評論家になりそうな方です

加速成功へのクリック!

道幸セミナー Vol.1 

July 09 [Sat], 2005, 22:49
道幸さんのセミナーに行ってきました。
加速成功塾以来の道幸セミナー。

道幸さんは、サラリーマン出身の同世代の経営者&コンサルタントです。

今回のお題は「月収(月商)200万円をつくるには」

経営者の方の200万円は大したこと無いかもしれませんが、サラリーマンの
副収入としての200万円は結構大きいです。

私のフィルターを通して、印象に残ったことば。

社会の問題解決をビジネスにする。それで自分も光ること。

営業とは、モノを売るのではなく、人の必要を満たすこと。

見込み客をふやし、そのなかで一部の客を相手にすればいい。
  それ以外は、お互いにストレスなくさよならする。

経営は、いかにリピーターを作るか。

誰とチームを組むかが大切。

目標をあげることが大事だが、大きすぎても小さすぎてもダメ。

志・Missionを作る。No1/Only 1になる

自分の先を行っている人を徹底研究する→そしてオリジナル化する

他と同じideaでは勝てない。

念じる・想像する・インスピレーションが沸いたら(アイデアがポンと
   出たら) すぐメモる。忘れちゃわないように!

サラリーマンの人は最初の2年ぐらいは頑張る(集中する)。
   と同時に会社でも必要な人材になる。

これを読んでいる人は、あたりまえじゃんと思うかもしれませんが、
道幸さんから直接聞くのは、全然違います。当たり前だけど
話がうまい、例えもうまい!それだけで感心しちゃいます。

道幸さんのセミナーは何回か出ているけど、前とはしみこみ方が
違います。ちょっとは前進してる証拠かしら。

加速成功へのクリック

とある社長のことば。 

July 06 [Wed], 2005, 23:16
以前、経営者の方からもらった言葉。

そのときは、あまり響かなかったんだけど、あれから数ヶ月、
いつも頭の片隅にありました。今回はそれを復習がてら掲載します。

特にビジネスをやってらっしゃる方は、共感するのでは?


同じ目標を持った仲間と一緒に過ごす機会を増やす。テンションが下がった時にエネルギーをもらえるから。

こちらが太陽であればどんな氷もそのうち解ける。何よりも自分が楽しんでパワーをあげられるぐらいになること。そのためにも自分がHappyであること。

走り出してから考える。とまらない。経験をつめば、失敗したって確信を持てるようになる。それで頂上の半分まで行ってしまうこと。半分まで行けば、下りるか上るかを考えたとき、まず上りきることを考えられるから。

大根一本でもダ○エーやジャ○コから高島屋など高級デパートを常用することを心がける。接客サービスはもちろん、歩いている客の顔も違うと。そして自分がどちらになりたいかを実感する。

人生で可能性のある最悪のシーンを想像してみる。それを回避するにはどうすればいいのかを人間は考えるものだ。

今新たなビジネスチャンスを捕らえようとしているならば、それは自分が現状を変えたいと思った結果。満足しているならば違うことに挑戦しようなどと考えないはず。でもそれを中途半端にしてしまうと、「やっぱりだめだった」と一番傷つくのは自分自身だと。だからやるからには少しずつでもいいからあきらめないこと


数ヵ月後にはもっと響いてるといいな。

応援ありがとうございます

電話part3 

July 05 [Tue], 2005, 22:53
話をしてて、気づいたのは、牧野さんも実はガツガツ系じゃないってこと。
表面的には目がっぽそうなんだけど、話をするとそうじゃない。
あなたの成功って何?それって本当にほしいもの?お金を追うときりがない
って言ってた。

成功の中にもスローライフっていうことが台頭してくるだろうと言う牧野さん。

構えず、肩肘はらないナチュラルなライフスタイルが一番と言う島田さん。

今まで画一的だった日本のライフスタイルが、どんどん両極化しはじめてる。
年収300万の人から、勝ち組億万長者まで。どっちがいいのかはわからないけど
選択肢は広がる。金銭面は大変だけど、精神面では楽な時代になるのかもな。

そういう時代では、自分の成功とはなんなのかって定義しないと、
人と比べたり嫉妬したり、何がしたくて何が欲しいのかわからなくなるなるんだろう。

私の成功って何だろう?・・・
            
子供は3人ぐらいいて、空気とお水がきれいな土地に住まい、
家族や友人に囲まれ、健康であって、ちょっと贅沢のできるお金に困らない・・・
っていうレベルのものなのかも。

ん〜なんだかわからなくなってきた。

でもいろいろな気づきを与えてくれる方が周りにて、ほんとうに感謝!

応援ありがとうございます

電話 part2 

July 04 [Mon], 2005, 23:50
着信をみて、call backしてくれた島田さん
スポーツ・メディア・文化に幅広い人脈をお持ちだ。

ビジネスサロンについてのお話を、と思いきや、最近就任された、新しい会社のHP・blogに意見を求められたり(参考になれば幸いです)、今後のビジネス展開、彼の周りの世界の話や、目指すライフスタイルなど話は広がり、結局深夜まで2時間以上話をしてました。

島田さんの話はいつも面白くて夢がある それが本当に手の届くところに
あるのがすごい。まだお話させてもらうようになってから日が浅いけれど、
清水寺を貸しきって、アコーディオン奏者のcobaさんのClosedの演奏会にも
友人と参加させてもらった。

忙しいはずなのに、余裕のあるゆったりとした口調。
島田さんの目指すところは、よき友人・充実した仕事、一般よりはちょっと充実した所得。全然ガツガツしてなくて、あくまでも自然体。だから話しててこちらも心地良い。

「あの雑誌読んでる?」「こういうの知っといたほうがいいよ。」と成功哲学系に
傾きがちな私のバランスを戻してくれる貴重な方だ。

目標は、プライベートジェットぉ!なんてほざいている
私に、「あのね、あれはね、」と地に私の足を戻して諭してくれる。

プライベートジェットレベルの飛行機が長距離フライトでは、途中で給油が
必要なんて、しかも結構のろいなんて知らなかった!

アメリカやヨーロッパのような広大な土地に住んでいるならともかく、
トップレベルのF1レーサーでも鈴鹿には普通の飛行機で来るそうな。
外国のエアラインでは、個室のファーストクラスもあるそうだ。

突拍子もないことを目標にするのは、無知の裏返しなのかもしれない。

つづく

リッツカールトンに置いてあった雑誌には、プライベートジェット
のレンタルは 約900万円 per 25 hours in U.S. だった。

クリックありがとうございます

電話 

July 04 [Mon], 2005, 22:39
牧野センセから、立ち上げはじめた「国際ビジネスサロン」の途中経過についての電話がはいる。

すでに、何人か集客できそうだと。さすが。

問題は、エグゼクティブな外国人。

私の国際人脈のキーパーソンは今、アメリカで骨休み中。
なので、何もしてない・・・

次回のミーティングまで、何も収穫なし なんてできないから
早速、日・米で起業経験のあるバイリンガルな友達に電話。
快いお返事を頂いたけど、彼でさえ、日本では外国人とは
ほとんど付き合いがないそう。

エグゼクティブクラスの外人集め、仕込みと時間がかかるかも。
場所の選定ももはいらなきゃな。

私の招待リストにある島田さんにも電話をしてみた。
パーティーは多く経験しているはずだ。
興味があるか、色々聞いてみたい。

つづく

クリックありがとうございます

Harvard Club 

June 27 [Mon], 2005, 23:07


アメリカの東大ハーバード大のイベントに行きました。

ビジネススクールの集まりだと目の色を変えた名刺交換会になるそうだが、
今回は現役ハーバード大生によるアカペラを楽しむ、アットホームなイベント。

一緒に行ったグループの中に、誰でも知っている超巨大アメリカ企業の
若きCEO候補がいた。世代は同じなのに、まさにエグゼクティブの風貌。
大企業で上を目指す人って、どことなく面持ちが似ている。笑ってても
顔がこわいのよ。
来る途中もずっとPCを打っていたそう。

アメリカのビジネスエリートって日本人以上にworkaholicなんだな。

ミーティングをキャンセルして、奥様と一緒だったが、
おそらく日本にまだ慣れていない奥様をエンターテインする為
だったんだろう。

いくら金銭的に好待遇といっても、慣れない文化でのコミュニケーションを
模索したり、時間にも追われ、プレッシャーもあって、
結果も残さなきゃいけないし、
週末は日本人以上に要求される、しかも慣れない異国で
寂しがる家族サービスもあるだろうに、
変革のために新しい知識も入れなきゃだめだろうし、
新しく人脈も作っていかなきゃいけないだろうし、

どうやって、休んでいるんだろう。
どうやってオンとオフを切り替えるんだろう。
そのポジションへのプライドが彼を刈りたたせるのか。
そういう視点で、周りの偉い人を見るのはとても勉強になりそうだ。 


他にも、ハーバードで学んだ人たちと交流。みんなアタマいいのね。


できれば避けたい英語、でもやっぱり操れると、グーンと世界が
広がるんだろうな

頑張るか・・・。


エリートクンへのクリック

カリスマ主婦 

June 18 [Sat], 2005, 16:52

糸山サロンで、藤野真紀子さんのお菓子講義を受けました。



お菓子作りに興味のある女性の間ではカリスマ級な方。

お菓子だけでなく、料理や自身の美容の本も多数あり、
お菓子スクール、全国各地での公演オリジナル商品
開発もしている。

現在、ソロモンの王宮の密着もはいっているとのこと。

彼女、30代でお菓子作りの道を模索し、夢が形になったのは40代の頃だそう。
今は、若いことがもてはやされるけど、いろんなことを経験して人生の中盤以降に
夢を実現するっていうのも素敵な生き方だ。

料理・お菓子をはじめ、どこの世界もプロは男性が多い。
料理・お菓子なんてまず、女性を思い浮かべそうだが、
超一流は男性なのだ。
ピアノや音楽だって、身の周りで関わるのは女性が
多いけど、やっぱり一流となると男性が多い。

真紀子さんをはじめ、栗原はるみさんも、有元葉子さんも、
そのポジションを勝ち得たのは、男性が追随しにくい「家庭料理」
を売りにしたからだろう。料理の世界では、家庭モノはランクが
落ちるんだそうだ。

一見、マイナスに見えそうなところをセールスポイントにしたのが
成功の秘訣なのだろうか。



カリスマへのクリック
人気blogランキングへの応援宜しくお願いします。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像hamada
» 女性起業塾 (2007年08月05日)
アイコン画像Nako
» 電話 (2006年11月06日)
アイコン画像サクラ
» 女性起業塾 (2005年07月15日)
アイコン画像ヴィッシュ吉田
» 女性起業塾 (2005年07月14日)
アイコン画像サクラ
» 祝 blog開設 (2005年07月11日)
アイコン画像サクラ
» 祝 blog開設 (2005年07月11日)
アイコン画像栗原敏彰
» 祝 blog開設 (2005年07月11日)
アイコン画像
» 祝 blog開設 (2005年07月11日)
アイコン画像サクラ
» 祝 blog開設 (2005年07月11日)
アイコン画像サクラ
» とある社長のことば。 (2005年07月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:richol
読者になる
Yapme!一覧
読者になる