愛。

July 30 [Thu], 2009, 14:20
愛(あい)とは、崇高なものから、恋愛、そして欲望に至るまで様々な意味で用いられる概念である。


日常用語的には感情の一種で、何かの対象を肯定する気持ち、対象に存在意義や価値を見出したり快を感じたりする気持ちであると理解されている。

日本でただ単に「愛」というと、(男女間の)恋愛を指す場合が多い。例えば「私(子ども)が母親に家族的な意味で好意をもっている」ということを表す場合、「(私は)母が好きだ」といい、「(私は)母を愛している」とは日常会話的には言わない。しかし、実際には「愛」には自己愛・家族近所愛・隣人愛なども含まれる。

愛の対象は人アイドル壁紙間に限らず、特定の物事に対する愛着(愛好)も(後述の仏教用童 貞語におけるtRSNaa तृष्णा に相当)含まれる。例えば、動物や器物を大切にしたり可愛がることを「愛玩」、ある器物を好んで使用することを「愛用」、ある飲料を好んでSNS飲用することを「愛飲」と言う。

類似の感情である(としばしば考えられる)好意よりも、深い、強い、崇高出 会いであるとされることが多いが、これもまた例外が多くあり、定義は容易ではない。また、恋ともしばしば比較される。恋が一方的な思慕の情を指すのに対して愛は常に相手の立場を慮る心遣いだというのが通説である。愛や愛に基づいた行為が理想とされることはあるが、時にはある個人または集団のアイドル待受不利益の根源ともなる。そのため愛自体に対する価値判断も定まっていない。

一般に、愛は非常に多義的で複雑な概念であり、普結婚遍的な定義ができない、そのような試みは不毛である、とさえ言われてきた。しかし「愛とは何か」という問いを抱く人は多い。それを扱った芸術作品は数え切れないほど制作されている。愛それ自体は明逆 援確に表現できないものであるが、古来から人の心を引きつけてやまない存在でもある。


平安文学では「愛(かな)し」と読ませ、いとおしみ離れ難い心境をあらわす。

近代に入り、西洋から新しい意味が導入された。その際に、「1. キリセフ レストメル友教の愛の概念、2.ギリシャ的な愛の概念、3. ロマクイズン主義小説の恋愛至上主義での愛の概念」などの異なる概念が同時に流れ込み、混乱の中から、現在の複雑な愛の意味が作られてきた。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ribonnpink
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ribonnpink/index1_0.rdf