プレゼントのリボンのやり方

February 15 [Sun], 2009, 9:18
プレゼントのリボンのやり方

きれいにリボンがかかっていたり、見た目のかわいいラッピングだったりするのも、プレゼントを喜んでもらう大切な要素ですよね。
ラッピングには、包装紙の包み方やリボンのかけ方など様々な種類があり、ラッピングする物や用途に合わせてアレンジすることも重要です。
ラッピングのやり方を文章で説明するのは大変難しいです。が、最近ではインターネットで画像を使ってわかりやすく掲載しているサイトもありますし、ラッピングのやり方やアレンジ方法を掲載した雑誌もありますので、参考にして挑戦してみるといいでしょう。リボンの結び方や作り方のDVDも発売されていますので、チェックしたいですね。
デパートやギフト販売店などのスタッフには、ラッピングのやり方を学んでいる方も多く、手慣れた感じで素早くキレイに、どんな物でもラッピングしてくれるのに感心したことがよくありませんか。ラッピングを上達する上で大切なことは、やり方を覚えて慣れていく事です。手の器用・不器用で多少の差はあっても、誰でもできるものですから、何よりも慣れる事が肝心なのです。
「ラッピングコーディネーター」という民間資格があり、スキルアップを図りたい人や主婦を中心に、大人気の資格となっています。ラッピングの経験がある方は割とすぐに取得できますので、資格を取得してみてはいかがでしょうか。

小池松次
坂本七郎
坂本七郎

プレゼントのリボンの結び方

February 15 [Sun], 2009, 9:05
プレゼントのリボンの結び方

プレゼントをラッピングした箱にリボンをかける時、基本は十字にリボンをかけて真ん中で蝶々結びを作るタイプですが、包装紙の模様をリボンで邪魔されたくない時は、リボンの位置を右上にしたり、斜めがけにしても素敵です。また、百貨店などでV字がけのリボン結びをしてくれますが、これもシンプルでかっこいいです。
リボンの始まりは短めに、回していく方のリボンを長めにとるとキレイに仕上がりますよ。
蝶々結びはよく縦結びになってしまいがちですが、最初の結び目でリボンを上下に出した時に、下に出ているほうのリボンで輪を作り、上に出ているリボンを上から下に下ろしてきて、その輪にクルッと通すのがコツです。この上下が逆になると縦結びになってしまいます。
もっとゴージャスに仕上げたいなら、「ポンポンボウ」という結び方がおすすめです。幅が2〜3cmくらいのリボンを片手の4本の指に余裕をもって6回くらい巻きつけます。巻き初めと巻き終わりの長さを合わせて輪を指からはずし、真ん中をリボンの両端を8mm〜1cmくらい切れ目を入れます。切り残した真ん中の部分を別のリボン結びます。重なっているリボンを一枚ずつ引き出して形を整えると、ゴージャスなお花のようなリボンができます。オーガンジーのような、ちょっと華やかな素材を使うと素敵ですよ。

五十嵐健祐
金ピカ先生
野元善博
野元善博

ラッピングのリボンのやり方

February 14 [Sat], 2009, 9:16
ラッピングのリボンのやり方

ラッピングリボンのやり方は、沢山の種類があって、そこから様々なアレンジを加えた方法もあります。
プレゼントをする時には、買って来たままの状態で渡すより、その品物やプレゼントする目的にあったラッピングが施されていれば、より喜んでもらえるに違いありません。
もちろん、購入したお店にラッピングを依頼することも可能ですが、自分でラッピングしリボンを掛けることもできます。
ラッピングのリボンのやり方は、ラッピングされた物の形で、そのやり方が変わってくるのではないでしょうか。
キャラメルのようにに包まれた物であれば、十文字に掛けられたリボンの中央に蝶結びをするというのが一般的でしょう。
また、筒型の物やビンをラッピングした場合は、リボンをくるりとひと巻きして、結わえた部分にラッピングリボンの飾りとなる部分を付けるというやり方をするようです。
他にも、結んで輪になる部分を4個にしたダブルリボンという結び方や、裏表のあるリボンに対する蝶結びのやり方もあります。
ラッピングペーパーで包んだ物だけでなく、紙袋の口のところにリボンをあしらうだけでも立派なラッピングになります。

中村タケシ
石切山聡偲
宇都出雅巳
大平俊介

ラッピングのリボンのかけ方

February 14 [Sat], 2009, 9:15
ラッピングのリボンのかけ方

プレゼントを包装するのは、紙が発明された2世紀頃からすでに始まっていたそうです。
21世紀の今、ラッピングは日本でもすっかり定着しました。最近は資格としてのラッピングコーディネーターも人気です。タレントの西村知美さんが取得したことでも話題になりました。
リボンのかけ方には2種類あります。オーソドックスな十字がけと、リボンの線が包装紙の柄を邪魔しない斜めがけです。
十字がけは、四角い箱に十字になるようにリボンをまわしかけて、交わった部分で結びます。そのまま蝶結びををするか、堅結びをして別のワンタッチリボンを取り付けたりします。そこに造花や、クリスマスプレゼントなら小さなオーナメントをあしらうと豪華な仕上がりに。十字がけのポイントは交差させるときにリボンが裏返らないようにすること。裏返ると蝶結びが曲がる原因になります。すべてリボンの表が出るようにすると、きれいな仕上がりになります。
斜めがけは箱の角を利用して、リボンを斜めに渡します。仕上がりは、箱の角に三角を描くように、2本のリボンが平行にかかります。角の蝶結びは結び目を動かして位置を調節しましょう。箱の表も裏も、リボンが平行になるようにすることがきれいに仕上げるポイントです。
いずれにしろ、センスと工夫で心のこもったプレゼントに仕上げましょう。

久保裕
下園壮太
後藤有美

ラッピングのリボンの作り方

February 13 [Fri], 2009, 19:22
ラッピングのリボンの作り方

ラッピングリボンの作り方は、リボンの形状などによって色々あります。
買い物したお店でラッピングしてもらうこともできますが、バラエティショップにはラッピング用品専門のコーナーがあるほど、自分で心をこめてラッピングしようとする人も意外と多いのではないでしょうか。
ラッピングのリボンの作り方は、ラッピングしたい物をあらかじめ包装紙で包んだり、縦横にリボンを渡しておいたのち、交わった部分に蝶結びをするのが基本的な方法です。
蝶結びも、リボンの模様に裏表がある場合、常に表だけが見えるように結ぶ方法などもあって、そうなると多少難易度が高くなります。
他には、リボンの交わったところに、別にリボンを巻いて作っておいた花飾りを取り付けるという方法もあります。
また、カールリボンという細いリボンを、ハサミの柄などでしごくとクルクルとコイル状になりますので、それを束ねて土台になるリボンの結び目に結わえつけるという方法もあって、ワインボトルなどをラッピングするときに良く用いられます。
これだと縦に長いボトルに負けず、華やかさを演出することができます。

吉田祐史
渡辺多加子
後藤有美
久保裕

ラッピングのリボンの結び方

February 12 [Thu], 2009, 21:48
ラッピングのリボンの結び方

ラッピングリボンの結び方には、色々な方法があります。
何か贈り物をしたい時に、必要になってくるのがラッピングの技術ですが、クリスマスや誕生日、バレンタインを始め、何かの記念日や友人の家に招待された時に手土産を持参する場合など、実に様々なシーンで贈り物に花を添えるのがラッピングのリボンの存在ではないでしょうか。
ラッピングのリボンの結び方は、下地になるラッピングペーパーの包み方、そしてラッピングされた物の形状により、基本となる方法が違ってくると思います。
箱型に包まれた物であれば、十字掛けといって、縦と横に渡したリボンで十文字を作るようにし、交差したところで結ぶという結び方や、斜め掛けという、箱の角にリボンを引っ掛けるようにして3角形の部分を作るようにする方法などがあります。
そしてそれぞれの結び目に、飾りとなる結び方をするのですが、最も一般的で簡単にできるのが、蝶結びでしょう。
この蝶結びにも、蝶々の羽にあたる輪っかの部分を3つ4つと作るように結んでみたり、2種類のリボンを重ねて結ぶような、少し高度な技術を要するアレンジもあるようです。

富樫泰之
山田直樹
李昇昊
越山雅代