(無題) 

August 08 [Tue], 2006, 18:27
君が大好きなものは、



いつからか、あたしの大好きなものになっていて



こういうの、なんかいいね。

(無題) 

August 08 [Tue], 2006, 18:26
君の着信音が鳴らない携帯なんて、

私にとっては、がらくたと同じ

でも、君とのメールがたくさん詰まってる携帯は、

宝物のよう

(無題) 

August 08 [Tue], 2006, 18:22
メールを終わる時は決まってこの言葉
この言葉を言う時って幸せになるのはあたしだけなのかな?
だって大好きな人が眠るまで、その間自分はあなたと会話をしていたの
そして大好きな人におやすみって言えたの
それだけでも幸せになれるのです

(無題) 

August 08 [Tue], 2006, 18:21
小さな小さな長方形の形をした画面を覗き込む
新着メールが一件
それが大好きな人からのメッセージなら誰よりも自分は幸せ者だと感じるのです
だからまだあなたからのメッセージは四角の中に保護されているのです

恋はボクらをバカにする 

August 08 [Tue], 2006, 18:11
恋をする度にバカになっていく気がする
君しか見えなくて、君しかいらなくて、君さえ居ればよくて
でもこんなにもバカになっていく自分がなぜか愛しくて
バカにしてくれてありがとうって恋した君にお礼を言いたくなる
こんなにも君に夢中になれた自分に誇れた時
恋をして良かったって笑顔でそう思えるんだ

ちんちん 

August 08 [Tue], 2006, 18:09
わたしはちんちんが好き。

いつもはふにゃふにゃで
くてんとしてるけど
わたしの中に入りたいとき、
わたしをうんと気持ちよくさせるため
彼のちんちんは硬く熱く大きくなる。

ちんちんを舐めたり吸ったりすると
たまらなそうに動く彼の腰も好き。

太ももの内側が緊張して
唇から漏れる吐息が愛しい。

そんな彼を見てわたしも濡れる
咥えただけで濡れたという事実が
もっと濡らす。早く入れて欲しい。

彼とのsexが何より好き。
彼と彼のちんちんが居なくなったら
わたしはどうしたらいいのかなぁ

きっとわたしの中は
彼のがいちばんぴったりとはまる

今までの誰より、どのちんちんよりも
彼のちんちんが一番好き。

でもそれ以上に彼が好き。
だからこそ、それゆえに。


エクスタシー 

August 08 [Tue], 2006, 18:09
キミを愛しいと
想うキモチと
それは

とてもよく
似ている

キミを想う時間と
ひとりで感じる
それは

とても
切ない

どちらもとても
似ていてハマって
抜けれないもの。

(無題) 

August 08 [Tue], 2006, 18:08
アタシはキミをただ
気持ちよくさせる為だけの
ヴァギナでもよかった

(無題) 

August 08 [Tue], 2006, 18:04
わたしが愛したのはきみだけだった。
いままで生きてきて、心から好きだと、愛しいと、離れることに怯えたのは。
きみしかいなかった。

(無題) 

January 02 [Mon], 2006, 22:04
嬉しいことを嬉しいと伝えること、感じること。素直になること。とっても大切なこと。
5ヶ月経っても何年経っても、意地張りな私の強がりはたぶん直らないのだろうけど、君はいつだって見抜いてくれる、ね。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ribbon00
読者になる
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる