柿沼の小室

September 20 [Wed], 2017, 1:12
結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」に準拠して推進されてきましたが、平成19年から他の数ある感染症と一括りにして「感染症法」という名の法律に基づいて行われることが決まりました。
通常は水虫といえば足を思い浮かべ、特に足指の間にみられる病気だと思われていますが、白癬菌が感染する場所は足しかないのではなく、体の色んな部位にも感染する危険性があるので注意してください。
気分障害のうつ病というのは脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲の低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の辛い症状が現れるのです。
多機能な肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変というような多くのトラブルを誘発する可能性があるといわれています。
折り目正しい日常生活、暴飲暴食しないこと、適度な軽い体操など、アナログとも言える体に対する考え方が肌のアンチエイジングにも活用されるといえます。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のV.C.やトコフェロール(ビタミンE)違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも抗酸化作用をいかんなく発揮します。
暗い場所では光不足のためものが見づらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼球のピントを合わせるのに余分なパワーが使われ、結果的に日の差す場所で物を見るよりも疲労がおおきくなります。
ビタミンB6には、かの有名なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために必要な回路へ取り込むため、更に細分化するのを助けるという動きもあるのです。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も多い中耳炎で小さな子供に発症しやすい病気です。強い耳の痛みや熱、鼓膜の炎症、膿が流れる耳漏などの多様な症状が現れます。
演奏会やライブなどの開催される施設やダンスするための広場などに備えられている特大スピーカーのすぐ側で大きな音を浴び続けて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器のひとつ)から血が出る症状で、吐血とは無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する病状を指します。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が狭くなって、血液の流れが途絶えて、必要な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞自体が壊死する大変重い病気です。
めまいが出ず、しつこい耳鳴りと低音域の難聴の症状だけをいつまでも繰り返すパターンのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」という名前で診断する事例があるのです。
汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足の裏、指の間などに小さな水疱が出る症状で、広くは汗疹(あせも)と呼び、足の裏に出てくると水虫と思い込まれることがよくあるようです。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究結果により、予防の効能を望めるのは、接種の約14日後から150日ぐらいということが判明しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナツキ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rhtpi2rettnea0/index1_0.rdf