モリーの田淵

September 26 [Mon], 2016, 18:09
年収増加の目標のために転職されようとされている方もたくさんおられるでしょう。



転職によってお給料が増えることもあると思います。
ですが、逆に年収ダウンの可能性はいつも付きまとうことを考えておく必要があります。年収のアップを成功させるためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが重要なポイントとなります。
今の職に就いている間に、転職活動を始めて、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、転職先がすぐに決まらない可能性もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を辞めないことをお勧めします。


面接の場では、身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。
清潔感がある洋服で面接に挑むことが重要な点です。ドキドキするだろうと思いますが、模擬練習をしておき、面接本番に備えるようにしてください。

面接で質問される内容はたいてい決まっていますから、前もって答えを用意しておくことが大切です。

労働時間が長いという理由で退職した場合は「生産性を重視する仕事をやりたい」、仕事にやりがいがなくて退職した場合は「新しい環境でさらなる成長をしたい」と置き換えたら印象がよいです。


ネガティブな転職理由も表現のし方によっては、ポジティブな理由になります。履歴書に記入する場合は、150文字から200文字くらいが理想です。

人材紹介会社の助けによってより良い職につけた人もたくさんいます。自分だけで転職を試みるのは、人の助けが欲しくなることも多いです。新しい職場が見つからないと、正しい手段が見えなくなることもあります。



人材派遣サービスを利用すれば、自分の得意とするような求人を紹介してくれたり、近道を探してくれるでしょう。

転職の際に有利な資格というのは、専門職以外は少ないようですが、持っていると有利な資格という点では、やはり、国家資格が一番のようです。

なかでも、建築・土木関連では建築士のように「業務独占資格」と呼ばれるその資格がない状態では実務につけないという仕事も少なからずあるので、狙ってみてはいかがでしょうか。



ベストな転職方法といえば、会社を辞めてしまう前に転職先を見つけて、転職先を決めてから、辞表を出すことです。

退職後に転職活動を始めた場合、仕事が見つからなかった場合決まらなかったらどうしよう、という焦りを感じ始めます。また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。


加えて、自分だけで探そうとしないで誰かに相談するのもよいでしょう。



転職の際に必要となる資格は、専門職以外はそんなに多くないようですが、取得資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格が重要視されるようです。特に、建築・土木の関係の業界では建築士のように「業界独占資格」と呼ばれるその資格がないと実際に業務を行えないという仕事がたくさんあるので、案外簡単に転職に成功するかもしれません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shuri
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rholeeyfues0ll/index1_0.rdf