契約社員から転職して正社員になった私の決心 

May 22 [Wed], 2013, 9:48
責任もなく、だらだらと過ごしていた学生生活をすごしていた私にとって、社会人とはとても厳しいものでした。


まず、だれかがやってくれるだろうという依存心が強く、責任感というものが全くありませんでした。


そもそも、どうしたらしっかりとした社会人になれるのか全く分かっていませんし、分かろうともしていませんでした。


それでも一応銀行員となった私でしたが、そんな仕事もできないような人ですから会社で過ごす時間がとても苦痛でした。


よってあっさりと2年で自主退職することになりました。


次に勤めたのは旅行会社。


契約社員として働くことになりました。


さすがに正社員とは違い、責任が軽くなった分お給料もそれなりに減りました。


その会社はとても雰囲気が良く、まるで学生に戻ったように楽しく仕事をすることができました。


そしてあっとゆうまに4年の月日が流れました。


私は28歳になり、そろそろ将来のことを真剣に考えるようになりました。


責任は軽いものの、仕事の楽しさもわかってきたので、そろそろしっかりと就職しようという気持ちになってきました。


そこで私はまたしても転職。


中小企業で正社員として働くことになりました。


そして大きな壁にぶつかりました。


正社員としての責任です。


もう昔とは違い、私にも何に責任を持たなければならないかということが分かるようになっていました。


私は初めて社会人として自立できると思い、すべてにおいて初心に戻って頑張る決心をしました。