山本聡とアオジ

July 26 [Wed], 2017, 8:16
参りました。うちの旦那さんの浮気って、初犯じゃなかったんです。
私と結婚する前から、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。

そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気性って言うじゃないですか。


それにしてもこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。
許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないと思います。

離婚云々はさておき、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵調査を頼むのが最もストレスの少ない方法だと思います。探偵の特徴としては、怪しむ人のないように充分すぎる注意を払って根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、興信所から来たことを明かして公然と調査を行うことが多いです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと結論できそうです。



興信所や探偵を利用する事由の大半は、パートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。
なんとなく行動が怪しいから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、ニーズに応じた調査を行います。


不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、明確な証拠を得る必要があるので、やはりプロの探偵に依頼するのが良いでしょう。浮気調査の依頼をするときには、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。
しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査することが多いでしょう。浮気が明るみに出てきたのなら、再度考えて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。

浮気していることが明らかになってしまうと妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。
加えて、浮気相手と話をしたことによって、大きなストレスになってしまうのです。


日々、相手の生活の様子をよく見ておくことは他人に頼まなくても可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。
そして、探偵に頼む場合、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も無視できないでしょう。
その道の専門家である探偵なら、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く素行調査や裏付けがとれるはずです。

トラブル回避のためにも利用をお勧めします。



不倫調査を興信所に依頼する際は、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、調査しやすく費用も抑えられます。


探偵に丸投げするのは簡単ですが、ゼロからの積み上げで調査する分、時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。


隣にいれば自然と気付くこともありますし、よく観察して記録できるところは記録しておくのが良いと思います。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるところなどは定番中の定番といえます。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、いざ写真を見るとうまく撮れていない場合が多いようです。

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで得たいなら、その道のプロである探偵に依頼したほうが賢明でしょう。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蘭
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる