医療保険は入っておくと生命の危険があったときも安心です。

June 18 [Tue], 2013, 11:05
昔って、医療保険って会社単位で入ったりしたようです。


なにやらみんな成人して会社に入ったら保険って入るものだったからのようです。


だから、生命保険の外交員なんかは、よく会社に訪問に来たようですよ。


そして、バレンタインとかクリスマスなどの行事の時には、いろいろとプレゼントを持ってきてくれたようです。


外交員は外交員で、まとめて入ってもらえるっていう利点もあるでしょうし、上司が部下に入るよう勧めてくれたら、たくさんの人に入ってもらいやすくなるでしょうし、会社も全員の管理がしやすくなるんじゃないでしょうか。


実際、昔ってネットも情報もあまりあるほうではなかったから、会社員もわざわざ会社に営業にきてもらえたら、調べる面倒もなかったのかも知れません。


そういう意味ではお互いにとって、一石二鳥だったのかも知れませんね。


さすがに最近は生命保険って個人のものになってきました。


だから、自分からいろいろと探しにいかなくてはなりません。


でも、最近はネットでいくらでも調べられるから、それはそれで便利かも知れませんね。




どちらにせよ、保険は入っておくに越したことはありません。


やはり、いざというときが人には必ずあるからです。


そして、そんなときに本当に心強い味方になってくれると思います。


入ってなかったら後悔しそうですよね。