三戸で戸田

June 05 [Mon], 2017, 23:57
毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけだと思ったら大間違いです。良好なご近所関係も住環境の一部です。良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶を早く終わらせておきましょう。おみやげを用意した上で挨拶回りをした方が良いです。長々と訪問する必要はありませんから好印象を与えるようにしてください。まずは第一印象です。引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、誰でも知っている事業になりました。一般家庭の引っ越しを扱う業者は、会社名は引越社、引越センターに決まっていたのがどこの地域でもみられました。あちこちの運送会社は、近頃、一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。十分な大きさと量のダンボールを揃え、使わないものをまず梱包します。日用品は取り除けておき、それ以外を用途や種類で大まかに分け、詰めれば大丈夫です。何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくと荷物を開くときに役立ちます。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。日程を考え、計画的に取りかかりましょう。荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。引っ越しの前日までに、忘れず庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば準備完了です。ですから、庫内のものは冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときクローゼットの中を全部開けてみたのですが、いらないものばかりがゾロゾロ出てきて自分に腹が立ちました。とりわけ服はずっと着ていなかったものが大半でした。引っ越しが良い機会になっていらないものを手放すことができ、引っ越しの荷物も、自分自身もかなり身軽になれました。これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。まず、当日の時程を確認するべきです。引っ越し業者の人が何時に来て、作業終了の目標は何時かなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。荷物は運びやすいように移動しておきましょう。業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため飲み物を揃えておきます。作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏場は本当に喜ばれるものです。数多くのものに囲まれた生活を日々送っている方にとって、その方の引っ越しを困難にしているのは全て荷造りできるのかということです。量の多さが途方もなく、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これもチャンスだと思いきって捨てることを楽しめればきっと楽になるでしょう。退職して年金をもらうようになると、生活の大きな変化を余儀なくされます。ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。退職前にマンションにお住まいか、持ち家にお住まいか、いずれにしても年金生活に突入することで、合わない点が徐々に現れるかもしれません。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃を払い続けられるかが問題になってきます。ここで思い切って、住環境を変えてみるのも賢明な選択だと言えます。ライフスタイルが変わってNHKを見なくなるという事情があり、受信契約を打ち切ろうとすると、NHKが受信できないことを証明しなければならず、かなり面倒なことになると思ってください。しかも、受信料が自動引き落としになっていれば解約の手続きが全て終わるまでは容赦なく受信料が引き落とされます。他の手続きよりも早めに解約へと進んでいきましょう。引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。荷造りでは手が汚れるだけでなく、カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物移動の際には、言うまでもなく指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。軍手を用意するときに注意しておきましょう。自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手を用意しなければなりません。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる