清白(すずしろ)が関戸

December 09 [Fri], 2016, 11:35
看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。


国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。

看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。



なぜ看護師になろうと思ったのかは本当に何をきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えれば良い印象になります。転職の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大切です。高校に進むときに衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師の転職で失敗しないためには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが大切です。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくことをお勧めします。


将来の自分の姿を明確にして、その希望が叶えられそうな転職先の情報を少しずつ収集してください。



給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もピックアップしておきましょう。

修学旅行やツアーなどに共に行き、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を希望しています。病院ではないところで働くには、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護師免許を取るには、何通りかのパターンが考えられます。

看護師免許を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。

試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶことが必要だというわけです。

日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。


ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。

公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。

看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に沿う条件での求人がある訳ではありません。看護師の資格を持つ人でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。
希望通りの病院などに転職するには、たくさんの情報を収集することが大切です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美桜
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる