新野で山口憲一

December 25 [Fri], 2015, 1:20
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を減らす効果があります。厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸を摂った方が良いと思います。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂取するように、と雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを服用するのが良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。その中でも先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も重要なポイントだと言えます。ですから、妊娠を計画をしている方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切だと思います。ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。葉酸のサプリであれば計算や摂取も簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には一番簡単な方法だと言えます。実際に妊娠してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても構いません。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、熱を通す必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、熱は通す程度にした方が良いと思います。もし面倒だな、と感じる方はサプリを利用するのが良いでしょう。妊活中の体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。それに、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。他には、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。二児の母です。妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたし、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分け法を実践しました。その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで期待と不安でドキドキしていました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが増加するという報告があるのです。こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミヅキ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rh5ni3hgofetyo/index1_0.rdf