スナネズミだけど間瀬

August 14 [Mon], 2017, 8:16
一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進します。具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、他にも役職があるのです。いまは、学生やパートの看護師が珍しくありませんので、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。

役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。

看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生継続しやすい仕事であるというふうにも考えられています。



妊娠により一回休みを取ったとしても、復職しやすい職業です。
ハイレベルな専門性が子育て後の復職のしやすさにつながっていると考えられるでしょう。とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職率の高い仕事でもあります。

あまり時間が経たないうちに、辞めてしまう看護師は少なくありません。
女性の職場だけに、対人関係でもめやすく、看護師だといつでも再就職可能なので、我慢する必要がありません。
看護師以外の仕事に比べると、再就職しやすいため、希望労働条件と著しく違う場合、退職し、違う病院などに転職する人も珍しくありません。



あまりイメージに無いかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として実は、保育園があります。職場が保育園となると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、最適な職場でしょう。保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。
看護師の業務に従事しながら金銭的な余裕があればと考えた場合に行う他の仕事にパートなどの仕事があります。仕事がない日を利用して他の仕事で収入を得る看護師は毎年増えてきています。


副業のメリットは、仕事がない時間を有効に活用することが出来て、別の仕事をすることで憂さ晴らしにもなる事です。

叔母にあたる人が、ついに離婚を決意して地元に戻ることとなりました。



久方ぶりに会った思っていたより叔母は元気そうで、「私は看護師をしているのだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。あんな男の世話になんかならなくても余裕で暮らしていけるわ」と言って笑っていました。


色々な働き方ができる看護師なのですが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。

しかしながら、病院における看護業務の他にも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。
こういった所で看護師として働く人は増えていて、競争率の高いところもあるようです。
つまり看護師であれば、病院ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
正看護師と準看護師が、どういう仕事をするのかには、そんなに大きく違う点は見つかりません。



ですが、準看護師というのは、医師か看護師による指示により、仕事に取り組むことを定められているので、現場における実際のところは正看護師の方が上です。年収では、それぞれ病院によって規定があり、たいていは差があることが多くなっています。一般に、看護師に就職するには、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「医療界に貢献していくんだ」というような固い意志が大事だと思います。専門職だから、普通のOLなどに比べると収入がよくて、勤務先にも困らないでしょう。
けれど、普段ならほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは社会問題に繋がっています。
原因は様々ですが、その一つとして厳しい労働環境にあると言えるでしょう。


近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事が増加する一方になり、労働時間が長くなり、休みも簡単には取れません。
交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、職を辞する人も多いのです。

医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。夜勤においては人手がだいぶ減ってしまい、そんな状態で夜間に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。


かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。


一般に、看護師は医師からの指示で医療行為をするパターンが多いですが、単純な医療行為ならば、医師の指示を受けなくても行うことが可能です。

ですので、老人ホームなどという福祉施設に看護師がいる際は、こんなに心強い事はないと言えるのです。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、着実に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。


ということはつまり、医療機関で働く看護師に関しても現場では切実に求められているのに、実際には、人手不足が深刻です。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の利点を挙げることができます。

看護師の人員が不足しているというクリニックも少ないことはないので、もう一度、就職することはいいことでしょう。

でも、思いのほか退職からの期間が長いと少々不安ですね。
転職を紹介してくれる先などを上手に利用して相談にのってもらえるような組織を使用するのがオススメです。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。

退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。翻って個人病院の状況ですが、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。


公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

一般的に、看護師の中には好んで煙草を吸う人が多くない印象がありますが、やはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。医療施設で働く職業上、煙や臭いをつけないよう、意識的に禁煙している人が増えていることが見て取れます。
看護士がすることのできる医療に関連した行為は、少し前までは、範囲が明確に定められていました。ですが、ドクターの数が足りないという理由もあり、直ちに対応が可能なように患者の気管に点滴を行うなどの少しだけ医療行為が出来るようになるでしょう。

行えるようになったことは、一定期間の研修を経て、欠点などのないようにしてから自己判断で実行に移せるのが特色です。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、日中のみ働くことができたり、働く日の少ない仕事だったりが見つかると良いですね。子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もたくさんいますが、お金がなければ育児ができないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。

今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、毎日お忙しそうにしていますね。


特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時になんと子供を連れてきている看護師さんが相当いるんですよ。


先生方も笑顔で、終始温かないい雰囲気となりました。病院に行ってみると次々に患者さんがくるので、看護師の方はいつも忙しそうにしています。
手際よくこなしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりと、性格的にしっかりしていないと勤まらないすごく大変な職業だと思います。とはいえ、その代わり、やりがいのある職種だと思いました。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナツキ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rh0aechn6evsel/index1_0.rdf