っっげげg

July 16 [Mon], 2012, 20:20
 大正十四年八月四日の朝奈良の宿を立つて紀伊の国高野山
かうやさん
に向つた。吉野
よしの
川を渡り、それから乗合自動車に乗つたころは、これまでの疲れが幾らか休まるやうな気持でもあつた。これまでの疲れといふのは、比叡山上
ひえいさんじやう
で連日『歌
うた
』の修行をし、心身へとへとになつたのをいふのである。
 乗合自動車を乗り棄

てると、O先生と私とは駕籠
かご
に乗り、T君とM君とは徒歩でのぼつた。さうして、途中で驟雨
しうう
が沛然
はいぜん
として降つて来たとき駕籠夫
かごかき
は慌てて駕籠に合羽
かつぱ
をかけたりした。駕籠夫は長い間の習練で、無理をするといふやうなことがないので、駕籠はいつも徒歩の人に追越された。徒歩の人々は何か山のことなどを話しながら上つて行くのが聞こえる。それをば合羽かむつた駕籠の中に聞いてゐては、時たま眠くなつたりするのも何だかゆとりが有つていい。
 駕籠は途中の茶屋で休んだ時、O先生も私も駕籠からおりて、そこで茶を飲みながら景色を見て居た。茶屋は断崖
だんがい
に迫つて建つてゐるので、深い谿間
たにあひ
と、その谿間を越えて向うの山巒
さんらん
を一目に見ることが出来る。谿間は暗緑の森で埋まり、それがむくむくと盛上つてゐるやうに見える。白雲が忙しさうに其間を去来して一種無常の観相をば附加へる。しばらく景色を見てゐた皆は、高野山の好い山であるといふことに直ぐ気がついた。徒歩の二人はもう元気づいて、駕籠の立つのを待たずにのぼつて行つた。
 併
しか
し、女人
によにん
堂を過ぎて平地になつた時には、そこに平凡な田舎村が現出せられた。駕籠のおろされた宿坊は、避暑地の下宿屋のやうであつた。
 小売店で、高野山一覧を買ひ、直接に鯖
さば
を焼くにほひを嗅

ぎながら、裏通にまはつて、山下といふ小料理店にも這入
はひ
つて見た。お雪といふ女中さんが先づ来て、それから入りかはり立ちかはり愛想をいひに女中さんが来た。
『院化
ゐんげ
はんも時たま来なはります』
 かういふ言葉をそこそこにO先生をはじめ山下を出た。私等はこの日霊宝
れいはう
館を訪ねる予定であつたが、まだindiancupid.com雨が止

まぬので此処
ここ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rgれg
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rgregre543/index1_0.rdf