遺族の心 

April 30 [Wed], 2008, 16:55
興味本位で遺族の心を傷つける人
以前、私の知人の子供さんがひき逃げされたことがあった。
車の色や車種。
知人の旦那さんからの依頼で先生にも協力してもらい霊視した
ことが記憶に新しい。

子供さんは亡くなり、知人は自分を責めて見ていられなかった。

突然の子供の死。
あのとき、自転車で外に遊びにいくといったとき、何故とめれなかったのか?
細い道は危ないと注意してれば!

運命だとか寿命だとか誰がいえると思いますか?

ただ、あのとき、犯人がつかまり、近所の若い男性であったとき、知人の怒りは
その男性にむいた。
少しでも早く手当てしていれば助かったかもしれないのに。

この人でなくほかのだったらすぐ救急車を呼んでくれたかもしれないのに。

旦那さんと知人はお互いの気持ちのすれ違いで喧嘩が続いていた。
お互い苦しい悲しい思い。

同じ思いなのに、喧嘩になる。

それを見ていた子供さんは、ただ悲しい顔。
仲が良かった両親。
自分が死んだことで、仲たがいしている。

おばちゃん・・・。
そう声を聞いたとき。
涙があふれた。

「喧嘩しないであげて?」
寝るときいつも持っていた人形とお気に入りのパジャマ。
それを妹にあげてということ。

そばで、いる子供の話を始めて知人にした。

子供は亡くなってしばらくは死を受け入れられない。
ただ親を探す。
遺族の苦しみ。

私は身近なところでその悲しみを見ていた。

子供や親族の死。
どんな形にしろそれは生きている遺族はそれぞれに苦しい思いがある。

子供も大人も死を受け入れていないときはメッセージが届かない。
ただ親の側にいる時が多しし、家族のそばでいることが多い。

成仏という言葉があるけど、霊界と現世を行ったりきたりという。

死も生も、学問ではなく真実がある。

輪廻の流れにのれば生まれ変わり次の人生になる。

その光の中に入るまで、それを希望するまで、気持ちの整理ができるまで
家族の側にいる。

遺族の依頼でなければ、基本的にメッセージは言わない。

ただ知って欲しいのは、どんなことをされても親を思う子どもがいる。
また子供を思う親もいる。

短絡的な行動に出る前に思い出してほしい。

マイナスはマイナスしか生まない。

知人は子供さんの死からやっと立ち直り、いつもの知人にもどった。
でも心の傷は深く、いまだに一人で子供を外にだせない。

たまに電話でうちの子まだいてくれてる?

と聞く。

いるよ。ひまわり咲いたと喜んでいたけど。

ひまわりは親子が毎年種から育ててるものらしい。

妹さんがお姉ちゃんを感じるらしく、プリンのおやつを半分のこす。
「お姉ちゃんの」

それをみた母はいま2人分を用意してる。

知人は言う。
「喧嘩ばかりしていた姉妹なのにね。」
知人は最近覚悟してるらしい。
子供が旅立つときがくると。

「霊感はないけど、なんとなくわかる。」

知人にとれば、娘の存在はなくならない。
生まれて、育ててきたことは消えない。

寿命ではなく、運命でもなく、ではなんなの?

社会が生み出したマイナスのエネルギーの犠牲だと思う。

寿命を全うするのは大変になってきてる。

戦争もテロも事故も殺人もすべてマイナスのエネルギーで犠牲者が
出る。

寿命というのは病気や老衰のとき使う言葉だと思う。

運命は変えることができる。

でも大きなマイナスのエネルギーが襲ったとき狂いがでる。

だからこそ、毎日を一生懸命生きないと。

命は限りあるもの。

時間も。

できるだけ、マイナスのエネルギーに縁がないように生きることが
大事だと思う今日この頃です。

セシル君in広島(その1) 

February 15 [Fri], 2008, 8:10
こんばんわ〜


今日も具合が悪くて午前中お休みしてしまいました。


明日・明後日も夏休み(今更かよ)で職場にはきませんm(_ _)m


ってことで、また来週までしばらくお返事ができませんので、あしからず・・・



さて、大変遅くなりましたが、何度か書き込ませていただいた広島のことを


そろそろUPしよーかなと思っています♪


いっきに書くと疲れるので、のんびり、ぼちぼちとやっていきたいと思いま〜す




さてさて、当初は5歳上の先輩と一緒に行くという話を以前書いたかと思いますが、


実は前日、後輩(結婚した子の同学年の子です)から電話がかかってきて、


一緒に行くことになったのです。


それはもう3人で楽しく楽しく盛り上がりました(T-T)


てなわけで、みなさんが感じた予感はことごとく崩れ去ったのであります・・・


まぁ、ワタシとしてはそれはそれで全然気にしてないんですけど。(強がり?)




さて、新幹線に乗る前からドタバタでした。


〓先輩大遅刻
 
 ま、よく寝坊する先輩なんで、気にしてないです。
 まぁこれがそもそもの始まりでもあったんですが・・・



〓駅弁を買おうと余裕をもって新幹線に乗ろうとしたが、切符販売の窓口のにいちゃんが
 なぜか発車まで残り時間3分の切符を売りやがった

 この日(10月6日)は東京駅で「駅弁大会」とか言っていろんな駅の駅弁が売っていて、
 これは絶対みとこ!と思ったんです。
  ところが・・・「13時23分の新幹線でお願いしまーす」と言ってみんなでわいわい
 してたら、発券されたときには、「3人並んでる席は12時51分しかありませんので」
 とか言ってあと3分しかない新幹線のチケット出しやがった(`Д´)ノ コラッ
  後ろに人も並んでいたので、仕方なく3人は新幹線に乗ったとさ・・・
 


〓やむを得ず新幹線内で駅弁を買おうとしたが、みんなの分の駅弁が買えず、
 3人で一個の駅弁を食った(T-T)

 「じゃ新幹線で駅弁買おーよ」となって気を取り直したのもつかの間。
 「お弁当にお茶コーヒーはいかがですか〜」とキャスターにつんで獲物が来ました♪
 
 しかぁ〜し!弁当の種類が2種類。しかもあと3〜4個。
 先輩がすかさず「これしかないの?」と聞いたら、在庫があるか調べてみますってことに。
 じゃあお願いしよう、なんてなったんですが、待つこと1時間。
 
 お腹をすかせた3匹の子羊は限界に近づいていました。
 「早く食わせろー!」
 「まだか〜!!」
 と怒号にも似た声が・・・
 そして、やっとのこと戻ってきた店員さん\(^o^)/ワーイ
 
 「申し訳ありませんが在庫はありませんでした。弁当も売れてしまって1個しかありません」 

 がーーーーーーん(ToT)


 やむを得ず、3人は一個の弁当を食うことになりました。

もう、いきなり連発です。
果たしてこの旅はどうなることやら・・・




ちなみ写真はそのとき食べた弁当です。
秋限定みだいで、鮭といくらのそぼろがご飯に乗っていました。
その他にきのこ、さばの塩焼き、栗などの季節モノもいっぱい!
待ったかいもあって結構おいしかったですよ♪


それにしてもホントひもじかった・・・
このリベンジは広島で!!


つづく

馬鹿な約束しよってからに 

February 07 [Thu], 2008, 12:57
運動会のかけっこで一等取ったらご褒美あげるなんて、

そんな約束するのはウチの旦那。

小2の娘に「どうやった?」ってさっき聞いていた。

何も知らぬは私だけ。

呆れたわい。

一等でなかったので、「せやったらアカンやん」って、

今こそ言う、











「普通の父親はそんなん言わんで」と。










それ言うたら旦那と同じレベルに降りてしまう事になるから言わなかったけどさ。

物で釣るなよ、しかも運動会って。

物がかからないと何も頑張らない人間になるやんか。

そこんとこどう考えてるのかなぁと

穏和に訊ねました。

返ってきた答えは、「そんな深い意味で言ったわけじゃない」

深い意味が無いのなら最初から約束するなよ。

結局、一等でないけれど何か買うようです。

そこんとこは旦那と子供の問題やから2人で処理してって言いました。

子供は「お母さん関係無いやん、首つっこまんといて」って怒ってた。

ごもっとも。

旦那のアホ。

『悲しみよこんにちは』 サガン 

January 29 [Tue], 2008, 10:44
 『悲しみよこんにちは』は、わりと最近読んだ本です。

 「ものうさと甘さとがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しい、りっぱ
な名をつけようか、私は迷う。」(本文より)
 この冒頭の文を読んだ瞬間、[「悲しみ」というものをこういう風に捉えているのか…]、と大きな
衝撃を受け、何度もこの部分を読み直しました。

 セシルの感情の揺れが伝わってきて、引きずり込まれそうな感覚に襲われました。読んでいる
間は、南仏の海岸の焼けるような太陽やゴッホの絵のイメージが辺りを包んでいるようでした。
何故か、ゴッホの黄色のイメージが現れました。

 後半の父親とアンヌの再婚を妨害する過程で、何度かセシルは思いとどまろうとします。でも、
そこで妨害を止めていたとしても、父親とアンヌとセシルの生活は破綻していたのだと思います。
そう考えると、どこまでも救いのない話のように思えてきます。
 
 南仏の海岸の倦怠感とセシルの抑えようのない激情。アンヌという聡明な女性。卓越した心理
描写。17歳で書いた処女作とは思えません。

 『悲しみよこんにちは』なんてタイトル17歳で考えつくなんて…

 あらすじは知っていましたが、読んでみなければこの衝撃は味わえません。サガンの才能をじ
っくりお楽しみ下さい。 


------------------------------------------------------------------------------------

タイトル:『悲しみよこんにちは』(新潮文庫)
著者:フランソワーズ サガン(Francoise Sagan)
訳者:朝吹 登水子
出版社: 新潮社 改版版
ISBN-10: 4102118012
ISBN-13: 978-4102118016
発売日: 1955/06

亀○兄弟について感じたこと 

January 15 [Tue], 2008, 5:30
私が、ふっと考えることがあります。

最近のあるスポーツのことです。

あるスポーツで反則をしたと処罰された方々がいます。

確かに今回の反則は大きすぎたので処罰は当然だと思います。

しかし、他のスポーツには

反則はつきものではないかなあと思うのです。

世界的なスポーツなんかみていると

みんなで、ユニフォームを引っ張り合ったり

わざと、こけてみたり etc・・・・

そして、スポーツにかぎらず

小さな反則は容認されているのが今の社会ではないでしょうか

車の運転中に携帯電話で話している人

ゴミの分別をしないといけないところで

ゴミの分別をしない人 etc・・・・・

私も、当然すべてを守っているわけではありません。

だから、どうしても彼らを素直に批判できないんですよね。

New york 

January 05 [Sat], 2008, 15:44
公園

こんなこともある。。 

December 22 [Sat], 2007, 20:55
ただボールの上を打ってるだけで、崩れたと思う事もある。

第1話 

December 15 [Sat], 2007, 15:37
第一   そんなかるいのぉ?

朝は、きらい・・・そんな、こつこつ「うっせー」窓の外を見ると

友達3人が、まっていたぁ

やばい!!  

がちゃ「ごめ〜んまった?」  「まったにきまってんじゃん!」橋本雪  こいつが、一番にがてぇ

「ダイジョウブ!」坂井 羽羅裸 (うらら)まぁこのコ言い子

「いそごお!」 蔵元 餡子(あんこ)まぁいい子

私たちは、いっせいに走った・・・・

「ぶじついた〜まぁ梨香のせいだけど・・」雪・・・しょー時期ムカつく

ぱん02雪とうちは言い合いになった、ところで、今の、ぱん02とか

フルッッ・・・・うららとあんこ・・古い

そして、雪がいった。「うちさ〜相馬にふられたんだぁ」

えっ!!!!うららと、あんこと、うちは、いっせいに、雪をみた・・・

「ちょっとーこわいんですけどっ」うらら「どうして?」

「告白したら、ふられちゃったぁ」あんこ「よし02」・・・・・

「おい02梨香もなんかいってよ〜」いや02黙ちゃうよ〜

「でもさぁ、うちふられてもいいもん!」自分「なんでっ?」

「だってー次は、太一でいいもん!」ひらきなおってる!!

うちも、太一のことすきなんだよ〜

うららが小声でいった・・・

雪にいった?

「いってない。。。。」

でも、今一番怒ってんのはぁ、振られたら、あきらめる・・次がいるっ?

今、うちばか初しそう・・・・・

前の好きな人、そんなふうに、おもってたの?

そうゆことになるよ・・・・

「ごめん!!雪・・いっぱつ殴らせて・・・」「はぁ?」

「雪は、ころ02かわるんだね!!そんなふに、第一希望、第二希望・・・・そんなふうに

好きな人、おもってるの?」「だからぁ?」殴りたい!あんこと、うららが、あたしをとめる!!

つずく

さいごのへん、マジ話・・・

こめよろしく

この秋は株価不安定?!大統領選4周期から、経済10年周期から。 

December 08 [Sat], 2007, 11:50
この記事を信じて投資をしてはいけない。

株価が荒い動きになっていますね。
先週末とと昨日の株価の大幅下落が、調整という意見と暴落という意見に分かれているようですね。

やはり恐慌第1ラウンドの途中ということでしょうね。

"大統領選挙1年前の秋は下がる"が生きていますね。
"10年周期の7年目10月から来年2月まで底"というのがまだ生きていますね。

やはり、株から手を引いて、恐慌へ向けての身の安全を考える信号ではないでしょうか?!!!

LOVE IS DEAD&MOTEL♪ 

December 03 [Mon], 2007, 10:52
「The 7th Blues」時代の曲、久しぶりに聴くと新鮮な感じがしますね!
この曲が発売された当時は、稲葉さんの髪も長かったなぁ…
♪LOVE IS DEAD




♪MOTEL
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rgndlo109
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 遺族の心 (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 遺族の心 (2008年10月17日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 遺族の心 (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» 遺族の心 (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» 遺族の心 (2008年10月06日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 遺族の心 (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» 遺族の心 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» 遺族の心 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» 遺族の心 (2008年09月24日)
アイコン画像えびふりゃー
» 遺族の心 (2008年09月14日)
Yapme!一覧
読者になる