マメアイコだけど沢田

April 23 [Sat], 2016, 16:20
景気に関係なく求人が途切れることのない介護士は、転職が大変やりやすいといわれています。

希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接という流れになるのがふつうです。
この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深くテストされていると思ってください。
仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。
現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人介護士候補生の受け入れを行っています。
けれども、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、もしも、3年以内に介護士になれなければ自国に帰らなければならないのです。

就労と日本語の勉強と介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。
全国的に介護士が不足している現状は大きな問題です。
その原因として代表的なものは、仕事に追われる介護士の厳しい労働環境があります。近年、介護士の介護行為が解禁されたことで仕事量が増加し労働時間も長くなりますから、休みも簡単には取れません。


また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に介護士の職を離れる人も珍しくないのです。


よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、このところ次第に介護機関を利用する人口が増加しています。



そうなってくると、医師と介護士もどれだけいても足りないという程、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。
でも、人手が足りていないというのなら、それは、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、介護士にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。介護士の仕事をしていく中でもちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。
しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。



先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりといろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。
病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。

そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。
それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる職場配置となるはずです。

なので、夜勤を希望したいと言っておけば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。一般的に見ると介護士の職はハードワークだと言われますが労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。
例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。こういった長時間労働の現実も介護士という仕事が大変だと思われる一因だと思います。



どこの業界にもこういったものはあるようですが、介護士の世界で通用する業界用語のひとつにカタカナでエッセンと書く言葉があります。


食事のために休憩するということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち使用している現場は多いようです。ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな習慣が業界用語として残っているのです。

ともあれよく使われ、親しまれている用語です。
もし転職される場合には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。何だと思いますか?それは、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。

具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去の経験を生かせそうだからというような、「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。
近頃は、より一層、介護士の数が足りなくなってきていると言えます。

介護士の資格を持っている人の中には、介護士として働いていない人も多くいます。介護士不足が起こる原因は介護士という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。



それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。


職場の大半を女性が占めており、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。どういった介護機関で働いているかで多少違ってきますが、介護士は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった介護士の場合、通常より相当、高いものとなっているはずです。長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。
よく言われるものは不規則な休みでしょう。


カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みをよく聞きます。



あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。

規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤のみで働ける介護施設であればそれが可能ですので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、昨今はだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。

女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分より職業的な高みを目指していけるということです。

常日頃、介護士とて奮闘していて、大変な目にあったりもします。



そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。

他と比べるとまあまあゆったりしている病棟とされるところは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

しかしながら、介護機関の種類や、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須になります。



それが試験の受験資格でもあります。

しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。

ですから看護学校受験のための予備校も人気があるのです。

もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。


多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。
やはり、女性が多い職場ともなると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも良いと思います。


介護士も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと出世していきます。具体的には、婦長と聞けば比較的想像がつきやすい役職ですよね。
でも、また別に主任などの役職があるのです。

いまは、学生やパートの介護士が珍しくありませんので、資格を持った正介護士という地位も上の役職であることは理解できると思います。


もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。
一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、大体の場合、スムーズに審査を通ります。とは言え、介護士であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規職員として勤務している介護士の場合には当てはまることなのですが、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。



給料についてですが、介護士の場合は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的介護機関であれば、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、そうした規定に沿って支払われます。

一方、個人経営の介護施設になると、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。


公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。



介護士の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。



そうはいっても、介護士の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。



給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最高でしょう。



一般的に介護士は人気が高いと思うのですが、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。

調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると分かりました。

挙げられる理由としては日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、地位を上げるために結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。


小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、色々と事情があって就職し、会社勤めをしていました。
ですが、OLをしている間も介護士になりたいという思いが消える事がありませんでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、看護助手として勤務しながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。



介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。
実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。
たとえば正社員として働く介護士は月給制です。

でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのがパート介護士の時給としての相場です。

これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる介護士であり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、結局、大多数の介護士は介護施設で働いております。



しかしながら、介護施設における看護業務の他にも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は実際とても多いのです。
必ずしも介護施設でなくとも介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。自身の生活が変わっていくのに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。
介護士を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。
でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがいやでも思い知らされた出来事でした。



普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。

介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、介護士も同様でしょう。地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり貰える給与に違いがあるのです。

これらの事を考慮すると、平均的な介護士の年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。



入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、その他報告しておくべきいくつかの事項を直接、顔を合わせて報告説明する決まりです申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも当たり前のように期待されます。


あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使という呼称があるほど、世間的には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。しかしながら、介護士の現状はというと、収入としては決して少なくはありませんが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優菜
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rghepc5iteehos/index1_0.rdf