柿沢未途 2chDVD買いました
2008.02.18 [Mon] 02:46

柿沢未途 飲酒運転
柿沢未途議員に だから 多くの麻美ゆまっていうのは整形手術も泥棒にはいられた。 でもそれで安倍首相がやめるとは思わなかった。 9月10日に再開福士誠治嵐JAL飯島愛2位涼宮ハルヒの憂鬱3位伊東美咲4位桜塚やっくん5位熊田 涼子 雨宮塔子 ジー . ...
http://sdgji27.sblo.jp/article/10808859.html
機転の利く男、柿沢未途・東京都議
[http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3778436.html:title=酒気帯びで事故の柿沢都議が辞職] その発想はなかったわ。
http://d.hatena.ne.jp/p_wiz/20080213/p7
v6 dvd
TV 柿沢未途 雪 シナコン 武道館. [V6] DVDキター! 我が家にもV6さんライブDVDが届きました〜。 今から見ようと思います#%E:167%# ガッツリ見れるのは、土曜日になりそう。 明日は「IZO」で、明後日は東京で研修なので。 久々の東京ですわー。 ...
http://uetpwszrajro.jugem.jp/?eid=207
東京都議、柿沢未途が飲酒運転をごまかすために雪を食う。
東京の都議で、元外務大臣、柿沢弘治さんの息子さん柿沢未途が2月9日夜、飲酒運転で物損事故を起こしたそうだ。 それも酒気帯びである。 焼き肉屋で秘書らとウーロンハイを3杯飲んだ後、自家用車を運転して友人宅に向かっていたところ、首都高5号池袋 ...
http://ameblo.jp/kooks-chelica/entry-10072219661.html
柿沢未途の記事
東京都議会議員【江東区】柿沢未途.更新履歴.柿沢未途からのメッセージ.※毎日の活動は、ブログ「柿沢未途の都議会日記」でせっせと書いています。...柿沢未途事務所.〒135-0016東京都江東区東陽4-6-1三共商会ビル4F....
http://www.xxx-cal.net/2008/02/post_3195.html

 

脳内メーカー 寿命DVD買いました
2008.02.16 [Sat] 22:00

脳内メーカーによる「千里一隅」解題
今や日本のネット内では有名な「脳内メーカー」。 むろんお遊びで行うネット上の「入力された名前による性格判断ゲーム」のようなもの。 ちなみに開発者ご自身が「脳内メーカーは占いでも診断でも無く、あくまでお遊びのジョークツールです。 ...
http://blog.so-net.ne.jp/MizunoYutaka/2008-02-15-1
『笑っていいとも』河村隆一ファンへ
ハートメーカーは、脳内メーカーとは違って男女の性別で、結果が別れるようになってます。 浅田真央 スケートカナダ マリオギャラクシー 予約 ナビスコカップ ニューヒーロー賞 ともさかりえ 自宅出産 笑っていいとも 岡田准一 ワールドカップ ...
http://dw9x3mno46sdeg6.blog89.fc2.com/blog-entry-376.html
BUZZの取扱説明書メーカー彡
脳内メーカーに引き続き、やってみました。BUZZメンバーでまずは※花形※ ごくまれに(かどうかは知らんが)音声が乱れるってのには一番受けたお次。 ※ジュンギ※ 海のそばで使っちゃいけないってのには一番受けた… しかも海軍行ってるのに… ...
http://blog.goo.ne.jp/buzzjunki_sunja/e/610bfb3d2bdc8bc690e93d49a960abe4
脳内メーカー!!
ちと昔に流行った脳内メーカー 今頃かよっ 私の脳はこんな感じらしい・・・・ (愛 がいっぱい) どう解釈すればいいのやら。。。 でも、「悪」や「嘘」や「偽」よりはいい感じしません? 皆さんのは脳内は? 是非、「脳内メーカー」検索(ご自分の名前を ...
http://blog.livedoor.jp/graz_auto/archives/50835695.html
脳内メーカー
流行の脳内メーカーを試してみた。 私の前世の脳内は戦うか食べ...
http://suigetu2innocent-w.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_e709.html

 

idea*idea buroguDVD買いました
2008.02.15 [Fri] 19:48

飛び込み営業がいやにならない考え方
どっかの本で読んだので思い出しつつ書いてみます。飛び込み営業ってつらいですよね(好きな人もいますが)。もう飛び込み営業の時代じゃない、という人も多いでしょうが、まぁ、現実としてなくなってはいないはず。 そこで「今日も契約取れなかっ ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_368.html
【東京ブック】 ユダヤ人が引っ越すときに気をつけていることとは?
■ 今日の一言『ユダヤ人は引っ越すときに良い学校があるかどうかを重視する』. いい学校に行けば成績は良くなるし、そうでなければそうならない、とユダヤ人は考えているようだ。 中学生の時、同じぐらいの成績だった人が、その後に行った学校の違いで ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_370.html
堅いボタン、やわらかいボタン。
つらつら考えていてもまとまらなかったので書くのを躊躇していたのですが・・・まぁ、いいや、ということでエントリー。 ある人と話していたときに「Wikiのボタンってブログのボタンより柔らかい気がするよね」と言っていました。 ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_369.html
韓国のCyworldのアバターはなぜ2頭身か?
なんか完全に旬を過ぎたような気がしないでもないですが、ふと思いついてエントリー。韓国の友人に「なぜCyworldのアバターは2頭身か知っている?」の理由を教えてもらったときのお話。 ↑ こんな感じですよね。Cyworld。 その答えは「アバターを小さく ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/cyworld2.html
favicon.ico(ファビコン)の作り方
百式ブログシリーズにFAVICONがついた、の巻 | IDEA*IDEA. Faviconをつくるときに参考にしたいデザイン&ツールいろいろ | POP*POP. 百式ブログシリーズにFAVICONがついた、の巻 | IDEA*IDEA. ブラウザ上で簡単にFaviconが作れる『favicon.cc』 ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/faviconico.html

 

本・・・中国行きのスロウ・ボート読みました
2008.02.13 [Wed] 11:38

なんていうか、色でいえば黄緑色・・・季節でいえば初夏のあまり暑くない午後2時ごろ・・という感じなのです。 芝生の話しがあるからかもしれませんが・・・ 短編ってあっという間におわってしまうので読んだ感じがしないのが多いなかこれは読みおわったときにとても気持ちがよくなる小説だと思います。 何度も何度も読んだのに、また読みたくなるなんて不思議です。 村上ワールドを知りたい人には、絶対読んでもらいたい1冊です。この心地よさを味わってほしいと思います。
 

本・・・ダンス・ダンス・ダンス〈上〉読みました
2008.02.13 [Wed] 11:36

初めて読んだ時は思いました。三部作で終わって欲しかったとも思いました。三部作に出てくる人物固有名詞は「ジェイ」や「鼠」、「直子」くらいなもので、先の二つはニックネームみたいなものです(「ジェイ」という名前からは中国人というイメージを受けない)。それが本作で解禁となり、何だか現実感が出てきて嫌でした。しかし、読み返してみると人物に名前を持たせることでより深みが増したように思います。内面描写に深みを加えたことが、時代の変遷を表しているのかもしれません。文句みたいに書きましたが、今では大好きな作品です。
 

本・・・辺境・近境読みました
2008.02.13 [Wed] 11:30

本書は作者が体験した旅行エッセイ7本から成り立っています。 僕がこれまで読んだことのある村上春樹の旅行エッセイは、どれもかなりのまとまった分量のあるものでした(『遠い太鼓』なんてある意味暴力的なquantityをもって迫ってくる)。 だからかもしれないけれど、本書のエッセイは「どれもこれも『分量的に』中途半端だなあ」というのが最初の感想だったと思います。 あるものは「おい!」と思うくらいに短いし、あるものは「う~ん」と思うくらいに長く感じます。 にも関わらず、僕はこの本の中の短編を数回読み返しています。 今回本書を通読したのは2回目なんですが、この本のすごい所は、あの頁・あの文章と、「パラパラと読み返してみようかな」と思って、本を手に取らせる力を持っていることだと思います(なんだか夏目漱石の『読書論』みたい)。 今ぱっと思いつくものは2つ(2つも!) メキシコ旅行の『「ここでは誰も言葉の響きというものを理解しないのだ」という認識。』の一下り。 ノモンハン編の「どんなに遠くまで行っても、いや遠くに行けば行くほど、僕らがそこで発見するものはただの僕ら自身でしかないんじゃないか」この2箇所。 当然前後に文があるからこの文が出てくるのだけれど、この文はそれぞれに僕をひきつける力を持っているような気がするし、(なぜか?)何度となく頁をめくって、この箇所に行き当たっているという不思議な『引力』のあるものです。 この本を読んだほかの人も同じような『引力』を感じているのだろうか?というのが、この本に対する僕の疑問でもあります。
 

本・・・本当の戦争の話をしよう読みました
2008.02.13 [Wed] 11:28

戦争体験は異常なリアルと向き合うことである。一にも二にも生き残ることが目的ではあるが、かつての死線を守った戦争と違ってこれはアメリカにとって「逃げ道のある戦争」であった。本の中に、徴兵されることへの恐怖とプライドのはざまで極限まで悩む著者の姿が書かれている。また勝利なき撤退をした後の兵士たちの深刻な後遺症。戦場で極限のリアルを体験した後にアメリカの良き日常社会に復帰することがどれだけ難しいか。本書の著者は作家として表現活動することで戦争後のアイデンティティを築けたが、そうできなかった者のたどった悲劇も書かれている。徴兵されるか逃れるか、その後戦争に行ったときに、みなの前でどれだけタフな男を演じられるか、戦争後に自分の体験したリアルと恐怖を否定されたときにどうアイデンティティを作り直していくのか。この本に書かれていることはベトナム戦争に従軍したアメリカ兵の悲劇でもあるし、今でも他国の紛争に介入するアメリカの抱える永遠の課題でもあると思う。村上氏の翻訳が大変上手で読みやすいのでぜひおすすめしたい一冊。
 

本・・・ダンス・ダンス・ダンス〈下〉読みました
2008.02.13 [Wed] 11:25

「僕」は「僕」のための不思議な部屋で6体の人骨を「キキ」によって見せられることになる。  この「ダンス・ダンス・ダンス」は展開も早く、二日で読んでしまった。僕は個人的に「ユキ」というキャラクターが好きで、特に「ユキ」と「僕」との歯切れのよいユーモアな会話が心地よかった。 話の終結に向かうにつれて、(もしかして、6体の人骨の残りの1体は「ユキ」なのだろうか・・・)と思いつつ、ドキドキ、はらはらしながら読ませてもらった。結局残りの1体が誰なのかはわからなかったが、また機会があったらじっくり読んで考えてみたいと思う。 これは「村上春樹」の処女作「風の歌を聴け」から続く四部作目(風の歌を聴け、1973年のピンボール、羊をめぐる冒険、ダンス・ダンス・ダンス)と聞く。 「ノルウェイの森」、「ねじまき鳥〜」、「世界の終わりと〜」なども読んだが、この「ダンス・ダンス・ダンス」はどの作品にも劣らないものだと思う。 是非続きを書いて欲しい作品だった。