三村とクロサギ

August 20 [Sat], 2016, 18:19
介護士の職業は、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。ただ、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。プラス面だけに着目せずに、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや交代制による不規則な勤務形態があります。
やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくありません。
夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。


自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもひとつの選択として、覚えておきましょう。不安や悩みを抱えている患者から見ると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚えておかなければいけない仕事や繰り返しのチェックなど優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も多いそうです。
責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。

少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死に至った介護士もいました。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、介護士の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。



国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、このところ次第に介護的な処置を必要とする人々が増えてます。


ということはつまり、介護機関で働く介護士に関しても大勢が働いているべきなのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それによって求人も多くなりますから、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。ちょっと前までは一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、近頃では徐々に男性介護士も増加しています。



実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、力のある男性介護士は重宝されます。女性と年収に関しては同じですが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。



時に人命に関わることもある介護士という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。



しかしながら、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

それから、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。

大変だと知りつつ、介護士という職業を目指そうとする人が大勢いるというのは、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに良い点がたくさんあるということなのでしょう。



最近の交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くのでまだ勤務年数が短いうちは殆どの人がシフト勤務になるはずです。
妻が介護士としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変でした。「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。



漢字で表現した場合、二通りで表すことができます。
過去には看護士というと男性のことでそして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。

でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える介護士という呼び方にひとくくりにされることになったのです。殆どの介護士に共通する悩みといえば、休日や出勤日が不規則な事だと思います。

折角休みになってもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。

あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。
規則正しい勤務時間がいいのなら、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。
小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、色々と事情があって就職し、しばらくOLとして会社に勤めていました。
ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。

資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も出来ますが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。
すると、現場で看護助手として働くと同時に介護士資格を取る方法があることを知りました。この方法で介護士の夢を叶えたいです。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士は服装や髪形など、外見を整えておく事を忘れてはいけません。



メイクが必要な女性では、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。

素顔の時ともまた違っているので、患者に与える印象もまた違ったものになるでしょう。



出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。

ただし、そうしてうまく、職場復帰が可能かどうかについては、どんな辞め方をしたかによって決まりそうです。

結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こういった事例は増加しています。
様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻り就職をする人も少なくありません。勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事を割と選べる、といったあたりが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。


なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、仕事を探すと、選択肢がとても増えます。専門職だけあって、介護士という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。



引っ越し、結婚、出産という類の一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、転職する人の中には、介護士としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。



今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。
入院施設のある介護施設に勤める介護士は、夜勤で働く必要のある仕事です。夜勤の時間帯については、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、また、3交代勤務の場合、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。求人に応募しようとする介護施設がどちらの交代勤務で動いているのかを前もって知っておいた方が良いでしょう。

激務で知られる介護士ですが、どんな時に介護士としてのやりがいを得られるかといえば、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。

また、特に患者さんのご家族から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、大変に感動したりします。

夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、きっと辞職しようと願い、悩んでしまうと思うのです。もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。
薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、気をつけないといけません。



勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。

ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。


介護士の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、しんどさを覚える場面も多いはずです。
二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。


ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどんどん疲れていって、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。
そして、身体に無理をさせているのかも、と感じる事になってしまうでしょう。



基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは本人が働いている介護機関で異なっていますから、一概には言えません。


とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトに沿っての仕事になりますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなこともよくあります。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。
今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、来日した人々を外国人介護士候補生として受け入れるということを行っているのです。

しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験にもしも、3年以内に介護士になれなければ自分の国に帰らなければなりません。
就労と日本語の勉強と介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。



介護施設で介護士として働く場合、働く時間が規則的でないことや過酷な労働環境だということも相まって、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、介護士の資格を持っているということは意外と介護士以外の職業でも有利な方向に働くことが多いでしょう。具体例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。

そこそこ昔のことではあるものの、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できる専門職であることが、よく知られるようになっております。介護士の手にする給料というのは、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。今更言わずと知れたことではありますが、給料の高い専門職だということです。



介護士の勤務先は、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においてもまだまだ介護士は足りていません。

グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。

様々な職場がある中で、介護に関わりたいという介護士はグループホームへ勤務することも視野に入れてみてください。

かつての介護士は女性が担うものというイメージがありました。

しかし今日では一般的に「介護士」という名称が使われているように男性の介護士も多いです。実際に介護士に必要な適性を考慮しても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性の持つ優しさだけではなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。
高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。ですから、転職率も高いですね。こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが増えています。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。



他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、実は意外と調整しやすいようになっています。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、育児と仕事の両立を図りつつ、無理のない働き方が可能である、と思えるようです。



子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、勤務時間を調整しやすい介護士という仕事だからこそ、なのかもしれません。

補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。

病棟勤務の介護士は2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてみんなが夜勤を務めます。
夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。


一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。給料は勤めている会社によって違うものですが、介護士も同様でしょう。大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。ですから、一口に介護士といっても、平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。


学校を卒業したり転職によって、新しい介護施設に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、大体希望を叶えてくれるところもある一方、人事を担当する人の考えによって決定されることもあり得ます。
全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、充分に考えられた配属であることが殆どです。
ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rgaro3pgednn3w/index1_0.rdf