現状ではインプラント治療のほと

March 16 [Thu], 2017, 19:59
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技を置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。急患でも診療を受けることが必要です。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rgam07sag8eurg/index1_0.rdf