亀岡が橋田

June 11 [Sat], 2016, 15:45
ネット社会では、どんな問題でもインターネットで解決できると言っても過言ではありません。生涯の伴侶を探す場合、結婚サイトのWebサイトで探すことができます。誰にも知れずに異性を探すには、ネット上にたくさんある男女の交際サイトに登録すれば見つかります。また、プライベートや仕事でも、連絡方法としてeメールが使われているのは衆知の事でしょう。とはいえ便利になった分、それに付随して困った事も増加していると思います。手軽なメッセージ交換から浮気へと関係が悪化してしまったり、Web上で虚偽のプロフィールを掲載する事も簡単に出来てしまうのです。
Webの張り巡らされた現在、たやすく得られない情報は"今"の他人の行動です。ツイッターをやっている人の場合、行った場所や会った人についてネット上に晒している人も居りますが、他人に知られたくない事までは、わざわざ発信しないでしょう。外部に出したくない情報までプロの技術で調査するのが、探偵事務所や探偵社なのです。
探偵事務所/興信所への相談で増加しているのは、浮気の調査や不倫の調査とのことです。自己責任なら何でも良しという考え方によって浮気に対するハードルが下がってしまったのがその理由ですが、個人が持つIT機器の普及により自分と相手だけで第三者の取次ぎなく通話できるようになった点が挙げられます。以前は妻が夫の浮気調査を依頼する事がほとんどでしたが、ここ数年は夫から妻の調査依頼も増えています。これは出会い系サイトに女性も進んで参加する傾向が関係していると思います。女性には無料で入会できる特権があるのですから。
昨今、探偵や興信所へのニーズが増加していますが、実際には依頼するまでに至らない人も多いようです。おそらく探偵には悪い人間が多いなどと勝手に思っているのだと思います。何か問題が解決した後は、その件について人に話したりすると思います。でも探偵や興信所に頼んだなんていう事はわざわざ口外しないと思います。そのような大問題に遭遇しない人も多いかもしれません。それ故に、尾行や張り込みなど警察まがいの活動だけが注目され、人に付きまとって秘密を暴く悪い人などと思われたりするのです。
婚約する時期に相手を調べる事は悪いことではありません。その昔は世話好きのおばさんの紹介など、信頼できる筋からの縁談が多かったようです。ただし、これからの主流となるWeb上のプロフィールを見て結婚相手を選ぶ方法の場合、共通の友人や知り合いとの接点がありません。だから、嘘で固めた理想の人物になりきる事だってできるかもしれません。そのような虚偽がないかどうかを調査するのが興信所や探偵事務所です。退職した有名企業にまだ在籍しているように装ったり、さらには、妻や子供までいるのにそれを隠している輩もいます。こういった調査は初めに戸籍謄本などを照査する事から始めていきます。合わせて、尾行による対象者の行動調査を行なう事になります。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハル
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rgaekerdotrper/index1_0.rdf