柴ちゃんの曽我

May 30 [Mon], 2016, 14:19
堀削パイプを海底に落としてしまう不思議。

海底堀削に使う長さ約1400メートル、重さ約75tの鉄製ドリルパイプが、探査船から落下したと言う報告がありました。
パイプは、深さ3600メートルの海底に落下したと見られ、回収は難しいと言うことらしいのです。
まあ、海底1千メートルだとしても、回収は難しいでしょうね。
周辺機器も含めて約8千万円相当のモノを落としたと言うのですから、金額を聞くとさらにありえない事件になりますね。
管理体制に問題があったのではないのでしょうか。
落下した詳しい原因は分かっていませんが、パイプの落下は今回で3回目だと言います。
長さ1400メートルのパイプ自体が、見たこともないパイプですし、それからしてもスゴイことだと理解できます。
短いパイプをつなぎ合わせていると思っていましたが、まさか1本の棒状になっているというのでしょうか。
地震の解明や資源の調査には、探査は絶対に必要になって来ます。
聞いて呆れるような、落とすと言うありえないミスは、今後しないで欲しいなと思いますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rgae5aboap6prd/index1_0.rdf