笠松の祥(しょう)

May 24 [Tue], 2016, 11:35
購入してから数年しか乗っていない中古のバイクでも自分のバイクなら大切に乗るのでないでしょうか?それこそ、ピカピカに磨いて、高額なパーツなどが付いているのこともあり、査定額は自分が想像するより高くなるはずです。なぜなら大事に乗ってきたバイクにはその価値以上にあのツーリング楽しかったとか、このバイクに乗ってどこまで行ったなぁとかの思い出があるのだから。だから、大事に乗ってきたバイク。大事に乗ってきたバイクを手放すのだからこそ、やはり満足いく値段でないと売りたくないし売らないだろう。
そのような場合、これを利用した方が良いというのがある。業者に買取りを依頼した場合、査定額はパーツごとに算出します。例えば社外パーツなら社外パーツ単体で、パーツが高級なら、それ相当の値段が付くでしょう。あとは、そのバイクの人気度によって値段が決まるようです。人気のあるバイクだったら、買取業者もすぐに高額で転売できるので、査定額も高額になるという訳なんです。ですので、買取で大事に乗ってきたバイクを手放そうと思う場合は、比較的新しいバイクか、人気のバイクなら高額になりやすいという風に言われています。
一方下取に出す場合、査定額が買取りよりも低くなるように思われていますが、本当にそうでしょうか?「新しいバイクを買ってくれるなら不人気のバイクでも高く下取りしますよ」という意図がある為に、例え、買取り業者が買いたがらないバイクでも、高額で引き取ってくれる場合があります。まずは、どちらが大事に乗ってきたバイクを売却する場合にお得なのか判断するようにしてみましょう。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大智
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rg02aignabysll/index1_0.rdf