塚本が岸田

March 24 [Fri], 2017, 13:40
FX投資をスタートするときに覚えておくべきなのがどのようにFXチャートを読んだらよいかという事です。FXチャートというのは、上下する為替レートの動きをグラフとしてまとめたものです。数値を見るだけでは分かりにくいですが、グラフとして表すことで、動きが分かりやすくなります。FXチャートを使わないと利益を出すことはできないといえるので、どう読んだら良いのか理解しておいてください。
FX投資で一儲けしたい方には、経済指標の発表日程はとても大切ですから、きちんと確認することは勝利への一歩です。



経済指標の発表に連動するかのように、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、用心するようにしましょう。同じようなアプリでも実は様々です。



中には経済指標の発表前にアラートしてうっかりミス防止に役立つものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、いいでしょう。
FXで負けないために、暴落の危険をしっかりと考えることが重要なのです。

暴落など考えられない場合でも、一応、その危険性を視野に入れたトレードをしてください。
FXに確実ということはありませんので、万が一の場合も考えるようにします。

ドルの場合を例にとると、利益を出しにくいのですけれど、その分リスクも少なくてすむのです。FX投資を開始する際に覚えていたいのがFXチャートを見る方法です。
FXチャートは、為替相場の変動をグラフ化したものだ。数値だけでは見づらいが、グラフにすることでわかりやすくなります。
FXチャートを利用しないと利益を出すことは難しいから、見方をちゃんと理解しておいてください。
FX投資による利益というのは課税の対象となるため確定申告が必要ですが、1年利益を出せなかった場合はしなくても良いのです。
でも、FX投資を継続していくのであれば、利益を出せなかった場合にも確定申告をしておいた方が懸命です。
確定申告を行った場合、損失分の繰越控除が使えるので、最長で3年間、損益を通算することが可能です。



FX投資を試みる前に、所有する通貨数を決定しておくという点も大切です。所有する通貨量を先に決めておき、それより多いポジションは持ってはいけません。このようにすることで、勝ちが出ても利益は小額になりますが、損失も抑えられます。FXで得た収入には課税義務があるのでしょうか?FX投資による利益は法律上、「雑所得」とみなされます。一年間の雑所得の総額が20万円以下であれば、課税対象となりません。しかし、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告をすることになります。きちんと税金を払わないと脱税になってしまうので、忘れないでください。他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに取引が活発になり相場が動きやすいとされています。


相場が動く要因としては、特にアメリカの雇用統計や各国GDPなど経済指標の発表があると為替相場の変動が大きくなる場合も多く、相当の注意を払っておくべきです。重要な経済指標の発表日は頭に入れておくと良いでしょう。
株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。



投資というのはその性質上、ダメージを受けずに利益だけ得られる状態はあり得ず、必ず損はします。損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。
ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、絶対にそれを一貫して守るべきです。

FX投資で儲かった利益には税金がどのくらいかかるのでしょうか?FX投資によって得られた利益は税制上、「雑所得」扱いとなります。一年間の雑所得の合計が20万円以下である場合は、課税対象外になります。なお、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告の必要があります。税金を支払われない場合は脱税となりますので、用心してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる