大城のWilson

November 01 [Tue], 2016, 11:54
以前は若禿とも言われたAGAの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出る要因としては大聞く男性ホルモンが関わっていると言われています。男性なら誰もが持つテストステロンというホルモンが身体の皮脂腺で合成される酵素による代謝でDHTというホルモンに変換されることが抜け毛や薄毛の原因になることがわかっているからです。
その還元酵素の分泌量というのは遺伝的にちがいがあるというところまでは解っていますから、薄毛というのは遺伝的な影響を強く受けていると今でははっきり断言することができます。

同じお金をかけるなら手っ取り早く効果が出るほうが良いけれども、まだ植毛には頼りたくないといった人のためのAGA治療法というとメソセラピー以外にありえません。ミノキシジルやフィナステリドなど発毛に有効な物質を頭皮にダイレクトに注入し、内服薬や塗布よりも早く発毛効果を得るための治療法です。

頭皮を冷やしながら針を使って注入する方法と、レーザー方式のように針を使わないやりかたもあり、複数を使い分けることも可能ですし、外用薬や内服薬とあわせて治療していくこともあります。
現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法は大聞く分けて2つあります。塗り薬や内服薬といった一般的な方式と、頭皮に注射して毛根にダイレクトに有効成分を行き渡らせる医療技術者でなければできない施術があります。

単純にどちらかが効果的だと言えるものではありません。


体質的な問題もあれば症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の出方でベストな対策は異なり、他人に効くからといって自分に効く訳ではありません。従って最適な処置は何なのかを病院で教えて貰うことは非常に重要で、受診した上で次のステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)に移るほうが良い治療ができるのです。清潔さを保つための入浴も、上手く使えば薄毛や抜け毛の進行といったAGAの状態改善に頼もしい味方となってくれるでしょう。

発毛と成長維持のために血行改善は不可欠ですから、シャワーだけの入浴よりもバスタブでの入浴を増やすことでより良い効果が得られるようになります。
もっと良い効果が得たければお風呂で体を温めている状態で頸部や頭皮のマッサージ(施術者による腕の違いがあるのはどうしても仕方のないことでしょう)をおこなうのも良いものです。


薄毛の男性の9割がAGAと言われるほど日本では馴染み深いですが、逆に言えばそれ以外はAGAとは全くちがう原因で発症しています。円形脱毛症、いわゆる10円ハゲなどもそのひとつです。

だいだいが免疫疾患や強度のストレスが原因となっていることが多いです。ほかにストレス性と思われる薄毛には、毛髪も地肌も正常なのに半ば無意識に自分で頭髪を引き抜いてまだらに脱毛する抜毛症の存在が知られていて、最近では治療対象としてあつかわれています。

足繁くAGA専門の病院に通い、医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)のアドバイス通りに治療していっ立としても、普段の生活が乱れていると治療の効果は思うように出ないでしょう。

暴飲暴食を辞めたり、意識的にストレスをためない工夫も大事ですが、質の高い睡眠も不可欠です。



寝付きが悪かったり睡眠時間が少ないとストレス耐性も低くなりますし、全身の血流や代謝も悪くなるので頭皮の健康も損ないますし、育毛に結構良い環境とは言えません。もともとAGAの治療というのは公的医療保険の対象外ですので、AGA専門医でも一般の皮膚科でも費用は変わらず、支払いは全額を自己負担しなければならないでしょう。
昔からそうですが今でもAGAの治療は審美歯科や美容整形と同等にあつかわれていて、外見の向上が目的であるので、そこまでは公的な医療保険でカバーしていないのです。


そこを何とかコストダウンをはかりたいというのだったら、後発医薬品を活用したり、家族や自分のほかの医療費と合わせて確定申告の医療費控除として申告するという手があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハル
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rftyvoee0eusca/index1_0.rdf