アップル関連の情報を追っている米国のニュースサイト「9to5Mac」によると、アップル

August 15 [Mon], 2016, 21:58
アップル関連の情報を追っている米国のニュースサイト「9to5Mac」によると、アップルはモバイル基本ソフト(OS)の次のバージョンに、健康管理やフィットネスの機能を組み込む可能性が高いという。

健康管理アプリ「Healthbook」を次期OSに搭載
同社は現在、開発コード名で「ヘルスブック(Healthbook)」と呼ばれるアプリケーションを開発しており、これを次期OS(「iOS 8」と報じている)に搭載する計画だという。
ルイヴィトンiphone7ケース

このヘルスブックでは、歩数、距離、消費カロリー、体重などのフィットネスデータや、血圧、心拍数、血糖値などの健康管理データを記録、管理できる。また医薬品の情報なども記録でき、iOSに備わっている「リマインダー」アプリを通じて、薬の服用タイミングを教えてくれるという。
ルイヴィトンiphone7ケース

アップルの現行のスマートフォン「アイフォーン5s」や、タブレット端末の「アイパッドエア」と「アイパッドミニ(レティナモデル)」には、「M7」と名付けられた、メインプロセッサーを補助するコプロセッサー(副処理装置)が搭載されている。

これはモーショントラッキング専用のコプロセッサーで、端末に搭載されている加速度センサーや、ジャイロスコープ、電子コンパスから送られてくるデータをメインプロセッサーに代わって処理している。
iPhone6ケース シャネル風

だが、この仕組みだけでは、モバイル端末に歩数計の機能を付け加えることができても、バイタルサイン(血圧や心拍数)などの健康関連データは得られない。そこで、かねてアップルが開発していると噂されていたウエアラブル端末「アイウォッチ(iWatch)」が登場するのだという。
シャネルiphone7ケース

9to5Macによると、腕時計型のアイウォッチはアイフォーン単体では不可能な健康管理データの収集を行い、それらをアイフォーンやアイパッドに無線で送信する。

現在、iOSの新版はアイウォッチを念頭に置いて開発されており、アイウォッチもiOSと同じく年内に市場投入される可能性があると、9to5Macは伝えている。
iphone7ケース

アップルの幹部、食品医薬品局と会議
一方、米ニューヨーク・タイムズは、アップルの複数の幹部が昨年12月に米食品医薬品局(FDA)の管理官と会議を行ったと伝えている。

詳細については明らかになっていないが、FDAの公開スケジュール表によると、議題は「モバイル・メディカル・アプリケーション」。
iPhone6sケースグッチ

これによると、アップルからは業務担当シニアバイスプレジデントや、ソフトウエア技術担当バイスプレジデント、同社が昨年医療技術会社から引き抜いた人物などが出席、FDAからは医療用の機器とモバイルアプリの規制担当者が出席している。

こうした顔ぶれから判断すると、会議がありふれた内容でないことは明らかで、医療機器やアプリの規制方針に関する状況をアップルが確認したか、あるいはアップルにFDAの規制をクリアしたい未解決の問題があるかのどちらかだとニューヨーク・タイムズは伝えている。
超人気iphoneケース

また同紙は、昨年ティム・クックCEO直属の特別プロジェクトに異動したハードウエア開発のベテラン、ボブ・マンスフィールド氏がスマートウォッチのハードウエア開発に直接関わっていると伝えている。マンスフィールド氏はアイフォーンと連携し、健康関連データをやりとりする、機器やセンサー、関連技術の開発に携わっているという。
超人気iphone7ケース

なお現在はサードパーティー各社が、アップルのモバイル端末と連携する様々な健康関連製品を販売している。それらには、体重計、歩数計、心拍モニター、活動量計などがあり、アップルもその一部を自社のオンラインストアで販売している。
超人気iphone7ケースアップルが開発中のアプリ「ヘルスブック」はこれらの機器との連携を高め、既存製品の使い勝手をよくするものになるのかもしれないと9to5Macは報じている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rhedfse
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rftifes/index1_0.rdf