ツユムシのごっつぁん

June 08 [Wed], 2016, 20:39
韓国のオンライン娯楽作製店頭「モビアート」は18日光までに、ライン(都内・渋谷)のスマホ用カジュアルパズルゲーム「ディズニーツムツム」が社内の娯楽を盗用したとして、法的手段も辞さないとの方針を明らかにした。
ディズニーツムツムは2014クラス1月末にサービスを開始し、世界で集計5500万件のインストールを記録した世論娯楽。ラインの親会社、NAVER(ネイバー)の子会社だったNHN PlayArtとディズニーが協力開発した。
モビアートは2013クラス、社内が開発した娯楽の日本での送信に対し、ライン存在とネゴシエーションを行ったが復元せず、同年後半から韓国で「シェイクポップコーン」との見出しで配信しておる。
 モビアートはパソコンを傾けたり振ったりすることでパズルのエリアを取り替える歌唱やり方はシェイクポップコーンが最初に採用したなどとして、独自に開発した娯楽をライン存在が盗用したと主張している。
 ライン存在はモビアート存在が送信を提案する前からディズニー存在とネゴシエーションを取り掛かり、主要リアクションの画策もあまり完成していたとして、盗用の疑問を拒否した。また、パソコンを傾けたり振ったりやる歌唱やり方については、「モバイル娯楽で活用できるリアクションの一つにすぎない」として、「モビアートの独創的な歌唱やり方とみることは厳しい」と説明した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koharu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rft1sdi9h8uolg/index1_0.rdf