宮腰で愛莉

September 22 [Thu], 2016, 17:23
最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験が浅いとシフト勤務は避けて通れないと思います。妻が子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、責任を持って交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。簡単な伝言で済むレベルのものもありますが、患者の生死に関わる重要な情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。止まらない少子高齢化の影響。病院などの医療の現場で働く人々がもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。それ故、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。それぞれ漢字表記にすると、二通りで表すことができます。少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる看護師の表記にまとめられることになったわけです。夜勤で体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて給料の額が減ってしまうことが少なくありません。今の収入を減らしてでも、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。どんなスキルが必要になるか、ということも病院や、診療科によっても違います。すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。看護師らの労働環境はあまり良くはなく、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った看護師もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。ここ数年はますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、看護師として働いていない人も多くいます。看護師の不足の要因はというと結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。それらを承知の上でなお、看護師になろうと選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。世間では、看護師は白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。ただ、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。プラス面だけに着目せずに、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。様々な病気を患い心細い患者にとっては笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も多いそうです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。収入の話になりますが、看護師という職業は、様々な他職業と比べても、とても高い額の給料となっております。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか仕事の虫で、残業も苦にならないといった看護師の場合、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。近年、相次ぐ病院の統廃合によって注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も必要で、多くの看護師がかなりの重労働をこなしているといわれています。徐々に男性看護師も増加していますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は理解できる話です。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。予定にない急な出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合はちゃんと土日休みになっているはずです。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。ところで、更なるスキル向上を狙って働く場所を変えようとするケースもあるようです。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などでさらに能力をアップさせたいと願う、チャレンジ精神からきた動機です。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、油断は禁物です。もう一つ、薬のことも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、気をつけないといけません。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。代表的な要因として厳しい労働環境にあると言えるでしょう。看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間が長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、退職する人もいます。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。他方で個人病院の状況を見てみますと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。一般的に、看護師の休みは、クリニックや病院の勤務形態によって各自違うようです。中でも3交代勤務の職場においては、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることが一般的です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。看護師には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境の良い職場で働くのもひとつの選択として、覚えておきましょう。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においては明らかに看護師の方が多いです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなくいつでも人手を求めている、という事情により、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが普通のようです。パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般の会社組織においては課長職に近いものです。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、約750万円と言われているようです。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復した患者さんが退院していき、その上、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。それから、患者さんの家族の人たちに感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、看護師を辞めることを考えるだろうと思います。近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。ですが、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。国外で医療的な支援を求めている人々に、看護師として役に立ちたいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。当たり前の事ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語を話せることが絶対条件になります。看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、こういったイベントに出る看護師は多く存在しています。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。しかし、もし、恋人同士になれたとしても、仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、上手くいくケースばかりではないのが現実です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rfnlut5edyvdoe/index1_0.rdf